仮想通貨・パスワード情報を狙うマルウェア「CookieMiner」Macユーザーは要注意

by BITTIMES

Apple(アップル)が提供しているパソコン「Mac(マック)」のユーザーが保存したパスワードを盗み出し「仮想通貨取引所の口座」や「ウォレット」などに不正アクセスを行う、新しいマルウェアが見つかったことがサイバーセキュリティ研究チーム「Palo Alto Networks’ Unit 42」の発表で明らかになりました。

こちらから読む:仮想通貨の不正マイニングに注意「マルウェア」関連ニュース

仮想通貨取引所やウォレットを狙う「CookieMiner」

CookieMiner(クッキーマイナー)と呼ばれるこのマルウェアは、有名な仮想通貨取引所や仮想通貨ウォレットに関連するCookie(*1)を盗むことができるようになっており、Google(グーグル)のブラウザ「Chrome(クローム)」に保存されたパスワードを盗むこともできるようになっていると伝えられています。
(*1)Cookie:サーバーからウェブブラウザに送信される情報ファイル。

攻撃の対象となっているのは、
Binance(バイナンス)
Poloniex(ポロニエックス)
Coinbase(コインベース)
Bittrex(ビットレックス)
などの大手仮想通貨取引所やMyEtherWalletなどのウォレットを使用したことがある仮想通貨ユーザー、「Blockchain」というドメインも持つWebサイトなどをターゲットにしていると伝えられています。

さらにこのマルウェアは、iTunesにバックアップされたiPhoneのテキストメッセージも盗み出そうとしているとも報告されており、
・ログイン認証情報
・Web Cookie
・SMSデータ
を組み合わせて使用することによって、2段階認証などの認証システムなども突破される可能性があるとも伝えられています。もし実際にこれらの情報を盗み出されて認証システムを通過されてしまった場合には、仮想通貨取引所やウォレットに保管された資産が不正に送金されてしまう可能性があります。

「クレジットカード・秘密鍵」盗難の可能性

CookieMinerの脅威はこれだけではありません。ユーザーの様々な情報を盗み出すことに成功した「CookieMiner」は、最終的に被害者のパソコンを使って仮想通貨のマイニングも行うとも伝えられています。Palo Alto Networks’ Unit 42は「CookieMiner」が行う動作の概要としては次のようなものが挙げられると説明しています。

・被害者のPCから「Chrome・Safari」のCookieを盗む
・Chromeに保存された「ユーザー名・パスワード」を盗む
・Chromeに保存された「クレジットカードの認証情報」を盗む
・Macにバックアップされた「iPhoneのテキストメッセージ」を盗む
・仮想通貨ウォレットの「データと秘密鍵」を盗む
・バックドアを使用して被害者のPCを「完全に制御し続ける」
・被害者のマシン上で仮想通貨のマイニングを行う

これらの情報が盗み出されてしまった場合には、仮想通貨取引所などで推奨されている多要素認証システムも回避されてしまう可能性があります。Palo Alto Networks’ Unit 42は、このような脅威への対策をとるための方法として、仮想通貨保有者は「セキュリティの設定」や「デジタル資産の管理方法」に最新の注意を払う必要があると呼びかけています。

「Palo Alto Networks’ Unit 42」が公開した「CookieMiner」の詳細情報は以下のリンクからどうぞ
>「CookieMiner」の詳しい情報はこちら

仮想通貨をより安全に保管するためのハードウェアウォレットLedger NanoXの購入は以下の公式代理店からどうぞ。

Ledger NanoXの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

仮想通貨Libra「ホワイトペーパー2.0」公開|単一通貨型ステーブルコインも発行へ

仮想通貨Libra「ホワイトペーパー2.0」公開|単一通貨型ステーブルコインも発行へ

ブロックチェーンゲーム「Gods Unchained」開発企業、1,500万ドルの資金調達

ブロックチェーンゲーム「Gods Unchained」開発企業、1,500万ドルの資金調達

暗号資産取引所Bybit:ドイツの名門サッカークラブ「Borussia Dortmund」と提携

暗号資産取引所Bybit:ドイツの名門サッカークラブ「Borussia Dortmund」と提携

【世界初】エルサルバドル「ビットコインを法定通貨とする法案」を可決

【世界初】エルサルバドル「ビットコインを法定通貨とする法案」を可決

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

BitDAO:Alamedaに「BITトークン保持の証拠」求める|アラメダCEOからの回答も

BitDAO:Alamedaに「BITトークン保持の証拠」求める|アラメダCEOからの回答も

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

Gate.io:仮想通貨決済ソリューション「Gate Pay」を発表|130銘柄以上に対応予定

Gate.io:仮想通貨決済ソリューション「Gate Pay」を発表|130銘柄以上に対応予定

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

DMMビットコイン「LINK・MKR」取扱いへ|現物&レバレッジ取引でサポート

DMMビットコイン「LINK・MKR」取扱いへ|現物&レバレッジ取引でサポート

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

長友佑都氏:ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』のアンバサダーに就任

長友佑都氏:ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』のアンバサダーに就任

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す