仮想通貨の「証拠金取引・空売り」が禁止に?カナダ証券管理局が規制提案

by BITTIMES   

カナダの規制当局は、潜在的なリスクから投資家を保護するために、暗号資産の「空売り」と「証拠金取引」を禁止することを提案しました。この提案が実際に採用されれば、同国の仮想通貨市場にも大きな影響が出ると予想されます。

こちらから読む:カナダの規制当局が禁止を提案した「空売り」とは?

カナダ証券管理局(Canadian Securities Administrators/CSA)は、2019年3月14日に公開された文章の中で「潜在的なリスクから投資家を保護するために仮想通貨の空売りと証拠金取引を禁止すること」を提案しました。

潜在的な操作的または詐欺的な行為のリスクを減らすために、当面の間はプラットフォームが「ダークトレーディング(*1)」や「空売り」を許可しないようにするか、参加者に余裕を持たせるようにすることを提案します。

「暗号資産取引によって市場にもたらされるリスク」について、より良い理解が得られた場合には、このことを再検討するかもしれません。
(*1)ダークトレーディング:市場に大きな影響を与えない方法で株式などを売買するための取引方法を指す言葉。

カナダでは、昨年12月に仮想通貨取引所「QuadrigaCX(クアドリガCX)」でCEOが急死したことによって「顧客から預かっていた1億4,500万ドル(約160億円)相当の仮想通貨が保管されているウォレットにアクセスできなくなる」という深刻な問題が発生し、世界的に大きな話題となりました。

同取引所では顧客資産を保管しているウォレットにアクセスするためのパスワードを知っている人物が急死したCEOだけであったため、このような問題が発生しています。

カナダ証券管理局は今回公開された文章の中で、仮想通貨取引プラットフォームに関連するリスクについて詳しく説明を行ない、利用者に注意を呼びかけています。

多くのプラットフォームは利用者の暗号資産を管理しています。(例えば、利用者の暗号資産を"分散元帳単一のアカウント"にプラットフォームの秘密鍵で保管したり、プラットフォームの関係者が秘密鍵を保持していたりします。)

プラットフォームには、利用者の資産を自社の資産から分離していなかったり、それらの資産を保護するために必要なプロセスと管理力を有していない場合があります。これにはプラットフォームが保有しているウォレットの秘密鍵の維持と保護も含まれます。

空売りは、資産の価格が下落している場合に「売り」のポジションを持つことによって利益を得ることができる一般的な取引方法であり、トレーダーの人々は下落相場で利益を出すためや、購入している資産のリスクを減らすためなどにこの方法を利用しています。

現時点ではあくまでも提案されている段階であるため、実際に「空売り」や「証拠金取引」が禁止されることになるかどうかはわからないものの、正式に禁止されることになれば、カナダの市場にも大きな影響が出ると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

IOTA財団:トリニティウォレットの「シード移行ツール」公開

IOTA財団:トリニティウォレットの「シード移行ツール」公開

Skypeに「リップル(XRP)少額決済サービス」導入を|強い要望にスカイプチームが回答

Skypeに「リップル(XRP)少額決済サービス」導入を|強い要望にスカイプチームが回答

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

OKCoinJapan×IOST「日本市場での技術活用促進」に向け提携|メタバース展開を加速

OKCoinJapan×IOST「日本市場での技術活用促進」に向け提携|メタバース展開を加速

コインチェック:500円がもらえる「紹介キャンペーン」の紹介人数上限を拡大

コインチェック:500円がもらえる「紹介キャンペーン」の紹介人数上限を拡大

注目度の高い仮想通貨ニュース

米MicroStrategy「1,000万ドル相当のビットコイン」を追加購入

米MicroStrategy「1,000万ドル相当のビットコイン」を追加購入

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月26日〜7月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月26日〜7月2日

MEXC Global:dHealth Networkの仮想通貨「DHP」上場廃止か|ST警告ルールを適用

MEXC Global:dHealth Networkの仮想通貨「DHP」上場廃止か|ST警告ルールを適用

ビットバンク:ポリゴン(Polygon/MATIC)の上場日時を発表「記念キャンペーン」も開催

ビットバンク:ポリゴン(Polygon/MATIC)の上場日時を発表「記念キャンペーン」も開催

ビットバンク:国内初上場「ポリゴン(Polygon/MATIC)」取扱いへ

ビットバンク:国内初上場「ポリゴン(Polygon/MATIC)」取扱いへ

P2Eブロックチェーンゲーム「CryptoNinja Party!」第1回ゲームNFTセール開催へ

P2Eブロックチェーンゲーム「CryptoNinja Party!」第1回ゲームNFTセール開催へ

Chiliz&Socios:インドネシアの強豪「ペルシジャ・ジャカルタ」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシアの強豪「ペルシジャ・ジャカルタ」と提携|ファントークン発行へ

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

Bitget「友達を招待して報酬獲得キャンペーン」USDT報酬および19,999円分のAmazonギフト券を獲得しよう!

Bitget「友達を招待して報酬獲得キャンペーン」USDT報酬および19,999円分のAmazonギフト券を獲得しよう!

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す