仮想通貨の「証拠金取引・空売り」が禁止に?カナダ証券管理局が規制提案

by BITTIMES

カナダの規制当局は、潜在的なリスクから投資家を保護するために、暗号資産の「空売り」と「証拠金取引」を禁止することを提案しました。この提案が実際に採用されれば、同国の仮想通貨市場にも大きな影響が出ると予想されます。

こちらから読む:カナダの規制当局が禁止を提案した「空売り」とは?

カナダ証券管理局(Canadian Securities Administrators/CSA)は、2019年3月14日に公開された文章の中で「潜在的なリスクから投資家を保護するために仮想通貨の空売りと証拠金取引を禁止すること」を提案しました。

潜在的な操作的または詐欺的な行為のリスクを減らすために、当面の間はプラットフォームが「ダークトレーディング(*1)」や「空売り」を許可しないようにするか、参加者に余裕を持たせるようにすることを提案します。

「暗号資産取引によって市場にもたらされるリスク」について、より良い理解が得られた場合には、このことを再検討するかもしれません。
(*1)ダークトレーディング:市場に大きな影響を与えない方法で株式などを売買するための取引方法を指す言葉。

カナダでは、昨年12月に仮想通貨取引所「QuadrigaCX(クアドリガCX)」でCEOが急死したことによって「顧客から預かっていた1億4,500万ドル(約160億円)相当の仮想通貨が保管されているウォレットにアクセスできなくなる」という深刻な問題が発生し、世界的に大きな話題となりました。

同取引所では顧客資産を保管しているウォレットにアクセスするためのパスワードを知っている人物が急死したCEOだけであったため、このような問題が発生しています。

カナダ証券管理局は今回公開された文章の中で、仮想通貨取引プラットフォームに関連するリスクについて詳しく説明を行ない、利用者に注意を呼びかけています。

多くのプラットフォームは利用者の暗号資産を管理しています。(例えば、利用者の暗号資産を"分散元帳単一のアカウント"にプラットフォームの秘密鍵で保管したり、プラットフォームの関係者が秘密鍵を保持していたりします。)

プラットフォームには、利用者の資産を自社の資産から分離していなかったり、それらの資産を保護するために必要なプロセスと管理力を有していない場合があります。これにはプラットフォームが保有しているウォレットの秘密鍵の維持と保護も含まれます。

空売りは、資産の価格が下落している場合に「売り」のポジションを持つことによって利益を得ることができる一般的な取引方法であり、トレーダーの人々は下落相場で利益を出すためや、購入している資産のリスクを減らすためなどにこの方法を利用しています。

現時点ではあくまでも提案されている段階であるため、実際に「空売り」や「証拠金取引」が禁止されることになるかどうかはわからないものの、正式に禁止されることになれば、カナダの市場にも大きな影響が出ると予想されます。

ビットコイン(BTC)の購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

ケンタッキーフライドチキン(KFC)「デジタル広告」にブロックチェーン技術活用へ

ケンタッキーフライドチキン(KFC)「デジタル広告」にブロックチェーン技術活用へ

CoinBest(コインベスト)「法人向けマイニングサービス」提供開始

CoinBest(コインベスト)「法人向けマイニングサービス」提供開始

トルコのサッカークラブ「Galatasaray SK」公式仮想通貨発行へ|Socios.comに参加

トルコのサッカークラブ「Galatasaray SK」公式仮想通貨発行へ|Socios.comに参加

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

ビットコイン価格下落で「弱気派」増加|アナリストが注目する次の重要ポイント

ビットコイン価格下落で「弱気派」増加|アナリストが注目する次の重要ポイント

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

canow「日本モノバンドル」と業務提携|NFT実装〜トークンマーケティングまで一貫支援

canow「日本モノバンドル」と業務提携|NFT実装〜トークンマーケティングまで一貫支援

Chiliz&Socios:ブラジルのスポーツクラブ「CR Vasco da Gama」と提携

Chiliz&Socios:ブラジルのスポーツクラブ「CR Vasco da Gama」と提携

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

所有する全てのNFTで遊べるゲームを目指す「TCGVerse構想」を発表:CryptoGames

所有する全てのNFTで遊べるゲームを目指す「TCGVerse構想」を発表:CryptoGames

Instagram(インスタグラム)「NFTの活用」について積極的に調査

Instagram(インスタグラム)「NFTの活用」について積極的に調査

Eminem(エミネム)人気のNFTコレクション「BAYC」を約5,300万円で購入

Eminem(エミネム)人気のNFTコレクション「BAYC」を約5,300万円で購入

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月26日〜2022年1月1日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月26日〜2022年1月1日

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す