プレイステーション(PS5)に「ブロックチェーン搭載」なるか?SONYの特許技術「DRM」に注目

by BITTIMES

SONY(ソニー)が開発を進めている次世代ゲーム機「プレイステーション5(PlayStation 5/PS5:仮称)」には、現在世界中から注目が集まっています。すでに様々なメディアなどでその驚きのスペックが報じられており正式な発売に期待が高まっていますが、ソニーがこのゲーム機にさらなる可能性をもたらすことができる「ブロックチェーンベースのデジタル著作権管理(DRM)」に関する特許を取得しているという点も忘れてはなりません。

こちらから読む:冷蔵庫などの家電にも搭載「ブロックチェーン」関連ニュース

ゲーム業界で期待高まる「PlayStation 5」

PlayStationシリーズで世界中から高い評価を受けているSONY(ソニー)は、現在市販されている「PlayStation 4」の後継機にあたる「PlayStation 5(PS5/仮称)」のスペックなどで再び注目を集めています。

「PS4」や「PS Vita」のリードアーキテクトとして知られるゲームプロデューサーのMark Cerny(マーク・サーニー)氏は、先日テック系メディアである「Wired」とのインタビューで「PS5のスペック」などについて語り、以下のような驚きのスペックを備えていることを明かしました。
・「8K解像度」に対応
・「物理メディア」に対応
・「レイトレーシング」に対応
・「3Dオーディオ」をサポート
・「カスタムSSD」内蔵で読み込みが超高速
・「PlayStation 4」との後方互換性
・現行の「PlayStation VR」にも対応
・CPUは「AMDの第3世代Ryzenをベースとした8コアCPU」
・GPUは「AMD Radeon Navi GPU」

プレイステーション5は2019年内にリリースされることはないため、正式な発売は来年以降になると言われていますが、このような非常に魅力的な機能を備えた「PS5」には、現時点でも大きな期待が寄せられています。

しかし「プレイステーション5」に関する特に注目すべき点は、ソニーが2018年に特許を取得した「デジタル著作権管理(DRM)」です。この技術にはブロックチェーン技術が活用されているため、ゲームの所有権などを証明することができます。

SONYの特許技術「デジタル著作権管理(DRM)」

ソニーは以前から「海賊版製品」や「違法コピー」などの問題に取り組んでいますが、2005年にソニーが2,200万枚のCDにコピー防止システムを導入した際には「これらのCDがPCに深刻な脆弱性をもたらす」として大きな問題となった経歴を持っています。

日本と米国で登録されている「ブロックチェーン技術を用いたDRMシステム」は、これまで長い間に渡って問題とされてきた著作権などの問題を解決できる可能性を秘めています。

このシステムを用いた場合、ユーザーがオンライン上で購入したゲームをプレイするためには「ゲームの所有権」が必要となります。ブロックチェーン上のデジタル著作権管理システムではユーザーIDが「秘密鍵」役割を果たし、所有権を証明するためにPlayStationネットワーク内でゲーム購入の取引記録を認証します。

またこの特許には、スマートコントラクトを活用することによって、複数のデバイスや家族・友人間で一時的に権利を共有したり貸し出したりできることも記載されています。

ブロックチェーン活用に取り組む「SONY関連会社」

SONYは近年、ブロックチェーン技術を積極的に取り入れていく姿勢を示しており、昨年10月にはソニー系列の研究所であるソニーコンピュータサイエンス研究所(SONY CSL)がビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などのような仮想通貨を安全に保管・管理することができる「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発したことを発表しています。

また今月初めには「ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)」が、ブロックチェーンや人工知能(AI)を活用した音楽制作プラットフォームである「soundmain(サウンドメイン)」のティザーサイトを公開しています。

このようなことを踏まえて考えると、著作権の問題に対処することができる「デジタル著作権管理(DRM)」が将来的にプレイステーション5に搭載される可能性もあると予想されます。「PS5」に関する情報は、これから徐々に明かされていくことになると予想されるため、今後の新しい発表にも注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月19日〜25日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月19日〜25日

ステラ開発財団「2021年ロードマップ」公開|目標達成に向け3つの成長戦略

ステラ開発財団「2021年ロードマップ」公開|目標達成に向け3つの成長戦略

ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

砂漠の仮想通貨都市実現に向けネバダ州に「独自行政組織」の設立申請:Blockchains社

砂漠の仮想通貨都市実現に向けネバダ州に「独自行政組織」の設立申請:Blockchains社

BitGo:日本市場で「カストディサービス」本格展開か|営業担当者の求人募集を掲載

BitGo:日本市場で「カストディサービス」本格展開か|営業担当者の求人募集を掲載

ゲーム大手Ubisoft:テゾス(Tezos/XTZ)ネットワークに「企業ベーカー」として参加

ゲーム大手Ubisoft:テゾス(Tezos/XTZ)ネットワークに「企業ベーカー」として参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットポイント「ADAが当たるキャンペーン」開始|ADA決済で高級外車が購入可能に?

ビットポイント「ADAが当たるキャンペーン」開始|ADA決済で高級外車が購入可能に?

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

ポルカドット(DOT)「パラチェーンオークションの日程」を提案|投票受付開始

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「ドージコイン(DOGE)受け入れ」も検討

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「ドージコイン(DOGE)受け入れ」も検討

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

エルサルバドル大統領「火山エネルギー用いたビットコインマイニング施設」の動画公開

エルサルバドル大統領「火山エネルギー用いたビットコインマイニング施設」の動画公開

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す