ブロックチェーンとAIで音楽制作をサポート「soundmain」ティザーサイト公開:ソニー(SME)

by BITTIMES   

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは、音楽制作に携わっているクリエイターの作業効率を高め、作曲活動などを支援するための音楽制作プラットフォームである「soundmain(サウンドメイン)」のティザーサイトを公開しました。このプラットフォームにはブロックチェーンや人工知能(AI)などの技術が活用されていると伝えられています。

こちらから読む:soundmainで活用されている「ブロックチェーン」の基本から学ぶ

soundmain(サウンドメイン)とは

soundmain

soundmain(サウンドメイン)は、SONY(ソニー)グループが培ってきたブロックチェーン人工知能(AI)などの技術とソニーミュージックグループが持つ音楽制作や権利情報処理のノウハウを活用して開発が進められている「音楽制作プラットフォーム」だと説明されています。

「音」に関連する様々な情報を配信

公開されているティザーサイトによると、「soundmain」は"音楽制作と権利処理に関する情報を配信する"と説明されています。具体的には「音に関連する分野の様々なニュース」や「海外の音楽系テックシーンの動向」などといった音楽制作に携わる人々に有益な情報を配信することを指します。

クリエイターのための「使える音」を提供

さらに「soundmain」では、音質的・音楽的に、権利的・機能的に、様々な意味での「使える音」を提供することによって、楽曲の制作に集中できる環境を提供し、ユーザーエクスペリエンスの向上を目指すと説明されています。

ブロックチェーン技術で「権利情報処理」を効率化

ブロックチェーン技術は「権利情報の処理に関する作業効率を高めるための新システム」に使用されているとのことです。この新システムは、ソニーグループが2018年10月に発表した「ブロックチェーン基盤を活用したデジタルコンテンツの権利情報処理システム」に、音楽著作権の登録機能を追加することによって開発されたと説明されています。

著作権が発生する「音楽」や「芸術品」などの分野ですでに幅広く活用されているブロックチェーン技術を取り入れることによって、著作物の管理を効率化し、クリエイターに対する報酬を適切化するなどといった様々な恩恵がもたらされるのではないかと期待されます。

「soundmain」のティザーサイトでは、今後も新しい情報が順次発表されると説明されているため、より詳しい情報や最新情報は以下の公式サイトをご覧ください。
>「soundmain」のティザーサイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインブック:Nippon Idol Token(NIDT)のIEOスケジュールを発表

コインブック:Nippon Idol Token(NIDT)のIEOスケジュールを発表

バンダイナムコ:ブロックチェーンゲーム開発企業「Gangbusters Ltd.」に出資

バンダイナムコ:ブロックチェーンゲーム開発企業「Gangbusters Ltd.」に出資

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨に対応するギャンブル・カジノサイトとの「取引制限」実施へ:ビットバンク

仮想通貨に対応するギャンブル・カジノサイトとの「取引制限」実施へ:ビットバンク

Chiliz&Socios:NBAチーム「Orlando Magic(オーランド・マジック)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Orlando Magic(オーランド・マジック)」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す