ビットフライヤー「証拠金取引サービス」の内容変更を延期|新システムに不具合

by BITTIMES

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は、2019年4月22日に予定していた「証拠金取引サービスの内容変更」を延期することを発表しました。延期の日程などの情報は決まり次第改めて発表されることになっています。

こちらから読む:Coincheck、コンビニ入金・クイック入金を再開「日本」国内ニュース

bitFlyer(ビットフライヤー)は、同社が提供する「証拠金取引サービス」における、
・新規発注の最大レバレッジ倍率を15倍から「4倍」に変更
・追証発生の基準を証拠金維持率80%から「100%」に変更
・追証発生時の証拠金預入期限を3銀行営業日から「2銀行営業日」に変更
などの内容を2019年4月22日のメンテナンス終了後に変更すると発表していました。

しかし今回の発表では「新しいシステムに不具合が見つかったため、延期を決定した」と説明されています。延期の日程などに関しては、決まり次第報告するとのことです。

すでに本日22日のメンテナンスは完了していますが、最大レバレッジ倍率などの変更は適用されていません。

bitFlyerの変更適用の日程は今のところ未定となっていますが、その他の仮想通貨取引所も最大レバレッジ倍率を変更することを発表しており、GMOコインLiquidは2019年5月15日に変更することを発表しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

独自ポイント「東京ユアコイン」実証実験スタート|Tポイントなどへの交換も

独自ポイント「東京ユアコイン」実証実験スタート|Tポイントなどへの交換も

美容業界大手「RVH」がブロックチェーン企業を買収|マイニング関連事業にも

美容業界大手「RVH」がブロックチェーン企業を買収|マイニング関連事業にも

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

Symbolテーマの漫画「じむコミ XYMcomic」連載開始:Atomos-Seed×東城みな

Symbolテーマの漫画「じむコミ XYMcomic」連載開始:Atomos-Seed×東城みな

暗号資産自動損益計算ツールのクリプタクト「BINANCE」とのAPI連携開始

暗号資産自動損益計算ツールのクリプタクト「BINANCE」とのAPI連携開始

西日本の豪雨災害に「約1億円」を寄付|BINANCEのCEO

西日本の豪雨災害に「約1億円」を寄付|BINANCEのCEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説