Operaブラウザ:トロン(Tron/TRX)など「複数のブロックチェーン」対応へ

by BITTIMES

世界中で3億人を超える人々に利用されているWebブラウザ「Opera(オペラ)」は、ブラウザに内蔵されている仮想通貨ウォレットでトロン(Tron/TRX)とTRC標準(TRC-standard)トークンをサポートする予定であることを明らかにしました。また今後12ヶ月以内には、その他複数のブロックチェーンにも対応していく予定だと伝えられています。

こちらから読む:5月中には"時価総額ランキングTOP10"に「Tron/TRX」関連ニュース

Opera(オペラ)とは?

Opera(オペラ)とは、中国の「Opera Software」によって開発され、
・Windows
・macOS
・Linux
・Android
・iOS
向けに提供されているWebブラウザです。

世界中で3億人を超える人々に利用されている「Opera」は、昨年8月にデスクトップ向けのブラウザに「仮想通貨ウォレット」と「Web3.0」の機能を導入し、イーサリアム(ETH)分散型アプリケーション(DApps)をより気軽に利用できるように改良を加えました。また、12月にはAndroid向けブラウザにもそれらの機能を実装しており、その後はHTCのブロックチェーンスマートフォン「Exodus 1」向けにカスタマイズされたバージョンなどもリリースされています。

これまでの「Operaブラウザ」は、イーサリアムのブロックチェーンとERC20トークンのみのサポートとなっていましたが、今回の発表では新しくトロン(Tron/TRX)とTRC20トークンをサポートする予定であることが明らかにされました。

Tron関連の「ゲーム・DApps」に直接アクセス

報道によると、新しくTronのブロックチェーンを採用されることによって、Operaブラウザの利用者はサードパーティ製の拡張機能やアプリケーションを使用することなく、統合されたユーザーインターフェース内でTron関連のゲームやDAppsにアクセスすることができるようになると説明されています。

TronのCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、今回の発表について次のように述べています。

私たちは、何億人ものユーザー数を誇る主流のブラウザ「Opera」が、TRXや他のTRONトークンをシームレスにサポートするようになることに興奮しています。

Operaユーザーは、まもなくTRONブロックチェーンでDAppを使用できるようになります。

仮想通貨メディア「HARD FORK」から"Tronを統合する理由"について質問を受けたOperaの担当者は「Tronが非常に多くのDAppsを持つ、ブロックチェーンの中で最も急速に成長しているプロジェクトであるから」だと答えています。

Tronのブロックチェーン上では、昨年から急速にDAppsの開発が進められており、ユーザーからは特に高い評価を受けていることが報告されています。

「Operaブラウザ」に正式にTronが統合される時期に関しては、現時点では明らかにすることはできないとされていますが、今後1年以内にはその他複数のブロックチェーンをサポートする予定であることも報告されています。ブラウザ上で多くの仮想通貨がスムーズに利用できるようになれば、ブロックチェーンや仮想通貨はさらに身近なものになり、より多くの人々に浸透していくことになると予想されます。

2019年5月16日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は今月13日頃から急速に上昇し始めており、記事執筆時点では「1TRX=3.55円」で取引されています。

ジャスティン・サン氏は先月時点で『Tronは5月に"時価総額ランキングTOP10"にランクインする』と宣言していましたが、実際に「coingecko.com」のデータではすでに10位に位置付けられており、「CoinMarketCap」のデータでは10位に位置付けられているカルダノエイダコイン(Cardano/ADA)との差は約300億円の差となっています。

2019年5月2日〜2019年5月16日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月2日〜2019年5月16日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|2018年12月30日〜2019年1月5日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2018年12月30日〜2019年1月5日

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

フィンテック関連の規制推進に向けスイスと協力|イスラエルは次のクリプトバレーへ

フィンテック関連の規制推進に向けスイスと協力|イスラエルは次のクリプトバレーへ

ブロックチェーンを活用した「スマートポート計画」を発表 ー スペイン・バレンシア港

ブロックチェーンを活用した「スマートポート計画」を発表 ー スペイン・バレンシア港

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

合法化進む「大麻」へのブロックチェーン活用|急成長する2大産業の現状と今後の可能性

合法化進む「大麻」へのブロックチェーン活用|急成長する2大産業の現状と今後の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

コインチェック:国内初「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取り扱いへ

コインチェック:国内初「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取り扱いへ

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す