仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」イスラエルのサッカークラブとスポンサー契約

by BITTIMES

サッカークラブと仮想通貨業界の結び付きはますます強くなってきています。暗号資産のリアルタイム価格や時価総額、仮想通貨取引所情報などを提供している人気のデータサイト「CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)」は、イスラエルのフットボールクラブ「Beitar Jerusalem FC(ベイタル・エルサレムFC)」とスポンサー契約を結びました。

こちらから読む:NIKE、独自の仮想通貨発行か?「スポーツ」関連ニュース

CoinMarketCap「ベイタル・エルサレムFC」と契約

仮想通貨市場の様々な情報を公開しているウェブサイト「CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)」は、イスラエルのサッカークラブである「Beitar Jerusalem FC(ベイタル・エルサレムFC)」のスポンサーになりました。

このスポンサー契約によって、ベイタル・エルサレムFCのユニフォームには「CoinMarketCap」のロゴマークがプリントされています。「CoinMarketCap」のCEOであるLuke Wagman氏は、2019年5月22日にベイタル・エルサレムFCのユニフォームの画像をTwitter上に投稿しています。

仮想通貨業界では、サッカーをはじめとする様々なスポーツクラブとの間でスポンサー契約が結ばれており、今回のようにユニフォームなどにロゴマークがプリントされることによって、これまで仮想通貨との関わりを持っていなかった人々の認知度を高めることができると期待されています。

ADA・ORBS・SRNなどのロゴマークも

今回公開された画像のユニフォームには、「CoinMarketCap」のロゴマークだけでなく、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
イオス(Eos/EOS)
オーブス(Orbs/ORBS)
のロゴマークもプリントされています。

また、この画像ではやや確認しづらいものの「BLOCKTV」が投稿した動画を見ると、
左肩にカルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
背中にシリンラボズトークン(Sirin Labs Token/SRN)
のロゴマークがプリントされていることがわかります。

イスラエルは、複数の仮想通貨プロジェクトが拠点を構えている国の一つであり、「Orbs」や「SIRIN LABS」もイスラエルに開発拠点を構えています。ベイタル・エルサレムFCのオーナーは、SIRIN LABSのCEOであるMoshe Hogeg(モシェ・ホゲグ)氏であるため、Luke Wagman氏が投稿したが画像にもホゲク氏が写っています。

「CoinMarketCap」はすでに仮想通貨業界では有名な情報サイトですが、ベイタル・エルサレムFCのスポンサーになることによって今後はより多くの人々に認知されていく可能性があります。サッカー業界は、特に仮想通貨との関わりが深い分野でもあり、現時点でも複数のサッカー選手が仮想通貨で契約金を受け取っていることなどが報告されています。

最近では、サッカークラブの独自通貨発行を支援している「Socios.com(ソシオスドットコム)」で知られる仮想通貨プロジェクトチリーズ(ChiliZ/CHZ)がBinance Chain(バイナンスチェーン)と提携を結んだことも話題となっています。

これまでに引き続き、今後もサッカー業界と仮想通貨の繋がりはさらに深くなっていくと予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DASHを使えばAmazonの全商品が20%OFFに!

DASHを使えばAmazonの全商品が20%OFFに!

ゴールドマンサックスCEOビットコインに対して「好意的発言」

ゴールドマンサックスCEOビットコインに対して「好意的発言」

チリの仮想通貨取引所Buda.comがアルゼンチンにも進出

チリの仮想通貨取引所Buda.comがアルゼンチンにも進出

世界ブロックチェーンフォーラム2018がドバイで開催

世界ブロックチェーンフォーラム2018がドバイで開催

仮想通貨市場への影響は?アメリカ政府機関の閉鎖「3週間」解除へ

仮想通貨市場への影響は?アメリカ政府機関の閉鎖「3週間」解除へ

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

注目度の高い仮想通貨ニュース

国産ブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント」一般向けテスト実施へ

国産ブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント」一般向けテスト実施へ

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

億万長者の「ビットコイン不要説」に猛反論:Andreas Antonopoulos

億万長者の「ビットコイン不要説」に猛反論:Andreas Antonopoulos

仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

ワクチン輸送を「ブロックチェーン・IoT」で安全に|偽造品問題などにも対処:StaTwig

ワクチン輸送を「ブロックチェーン・IoT」で安全に|偽造品問題などにも対処:StaTwig

【参議院選挙】仮想通貨の「税制改正」目指す藤巻氏、僅差で落選

【参議院選挙】仮想通貨の「税制改正」目指す藤巻氏、僅差で落選

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

不動産賃貸契約に独自ブロックチェーン「miyabi」活用へ|bitFlyerが住友商事と提携

不動産賃貸契約に独自ブロックチェーン「miyabi」活用へ|bitFlyerが住友商事と提携

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す