仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」イスラエルのサッカークラブとスポンサー契約

by BITTIMES   

サッカークラブと仮想通貨業界の結び付きはますます強くなってきています。暗号資産のリアルタイム価格や時価総額、仮想通貨取引所情報などを提供している人気のデータサイト「CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)」は、イスラエルのフットボールクラブ「Beitar Jerusalem FC(ベイタル・エルサレムFC)」とスポンサー契約を結びました。

こちらから読む:NIKE、独自の仮想通貨発行か?「スポーツ」関連ニュース

CoinMarketCap「ベイタル・エルサレムFC」と契約

仮想通貨市場の様々な情報を公開しているウェブサイト「CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)」は、イスラエルのサッカークラブである「Beitar Jerusalem FC(ベイタル・エルサレムFC)」のスポンサーになりました。

このスポンサー契約によって、ベイタル・エルサレムFCのユニフォームには「CoinMarketCap」のロゴマークがプリントされています。「CoinMarketCap」のCEOであるLuke Wagman氏は、2019年5月22日にベイタル・エルサレムFCのユニフォームの画像をTwitter上に投稿しています。

仮想通貨業界では、サッカーをはじめとする様々なスポーツクラブとの間でスポンサー契約が結ばれており、今回のようにユニフォームなどにロゴマークがプリントされることによって、これまで仮想通貨との関わりを持っていなかった人々の認知度を高めることができると期待されています。

ADA・ORBS・SRNなどのロゴマークも

今回公開された画像のユニフォームには、「CoinMarketCap」のロゴマークだけでなく、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
イオス(Eos/EOS)
オーブス(Orbs/ORBS)
のロゴマークもプリントされています。

また、この画像ではやや確認しづらいものの「BLOCKTV」が投稿した動画を見ると、
左肩にカルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
背中にシリンラボズトークン(Sirin Labs Token/SRN)
のロゴマークがプリントされていることがわかります。

イスラエルは、複数の仮想通貨プロジェクトが拠点を構えている国の一つであり、「Orbs」や「SIRIN LABS」もイスラエルに開発拠点を構えています。ベイタル・エルサレムFCのオーナーは、SIRIN LABSのCEOであるMoshe Hogeg(モシェ・ホゲグ)氏であるため、Luke Wagman氏が投稿したが画像にもホゲク氏が写っています。

「CoinMarketCap」はすでに仮想通貨業界では有名な情報サイトですが、ベイタル・エルサレムFCのスポンサーになることによって今後はより多くの人々に認知されていく可能性があります。サッカー業界は、特に仮想通貨との関わりが深い分野でもあり、現時点でも複数のサッカー選手が仮想通貨で契約金を受け取っていることなどが報告されています。

最近では、サッカークラブの独自通貨発行を支援している「Socios.com(ソシオスドットコム)」で知られる仮想通貨プロジェクトチリーズ(ChiliZ/CHZ)がBinance Chain(バイナンスチェーン)と提携を結んだことも話題となっています。

これまでに引き続き、今後もサッカー業界と仮想通貨の繋がりはさらに深くなっていくと予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の証拠金取引「最大レバレッジは2倍まで」金融庁、新たな規制導入へ

仮想通貨の証拠金取引「最大レバレッジは2倍まで」金融庁、新たな規制導入へ

Binance KR:取引手数料「無料」で公開へ|市場活性化なるか

Binance KR:取引手数料「無料」で公開へ|市場活性化なるか

ディーカレット「デジタル通貨の連携」など視野に勉強会開催へ|3メガバンクなども参加

ディーカレット「デジタル通貨の連携」など視野に勉強会開催へ|3メガバンクなども参加

Zaif:Symbol(XYM)取引で「1万円相当のCICC」が当たるキャンペーン開始

Zaif:Symbol(XYM)取引で「1万円相当のCICC」が当たるキャンペーン開始

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

ビットコイン価格「22万から強く反発」機関投資家は底値を待つ:元Goldman Sachs幹部

コロナウイルス、仮想通貨・ブロックチェーン業界にも影響「サービス無償提供」の発表も

コロナウイルス、仮想通貨・ブロックチェーン業界にも影響「サービス無償提供」の発表も

注目度の高い仮想通貨ニュース

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

ビットポイント「カルダノ(ADA)ステーキングサービス」提供へ|記念キャンペーンも

ビットポイント「カルダノ(ADA)ステーキングサービス」提供へ|記念キャンペーンも

メタバースジャパン「Metaverse Japan Summit 2022」7月14日に開催へ

メタバースジャパン「Metaverse Japan Summit 2022」7月14日に開催へ

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

カルダノ(Cardano/ADA)のVasilハードフォーク「2022年7月末」に延期

カルダノ(Cardano/ADA)のVasilハードフォーク「2022年7月末」に延期

BAYC・OthersideのDiscordグループで「フィッシング攻撃」145ETH以上が被害に

BAYC・OthersideのDiscordグループで「フィッシング攻撃」145ETH以上が被害に

OKCoinJapan:最大1万IOSTが当たる「アプリリリース記念キャンペーン」開始

OKCoinJapan:最大1万IOSTが当たる「アプリリリース記念キャンペーン」開始

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

Zaif:最大3,000円相当のカイカコインがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

Zaif:最大3,000円相当のカイカコインがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

Zaif(ザイフ)暗号資産上場希望アンケート「上位30位銘柄」を発表

Zaif(ザイフ)暗号資産上場希望アンケート「上位30位銘柄」を発表

SEBC「ビットコインの相談窓口 渋谷道玄坂店」2022年6月30日に閉店

SEBC「ビットコインの相談窓口 渋谷道玄坂店」2022年6月30日に閉店

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す