「XRP巨額流出事件」今後の対応は?GateHubが経緯や被害状況を公開

by BITTIMES

仮想通貨エックスアールピー(XRP)が大量に流出したことが判明した仮想通貨ウォレット「GateHub(ゲートハブ)」は、2019年6月7日に今回のハッキング事件に関する最新情報を公開しました。この発表では「盗難の手口」や「被害状況」に加え、「今後の対応」などが記載されています。

こちらから読む:約10億円相当のXRPが流出「GateHubハッキング」のニュース

「XRP盗難の手口」と「被害状況」

GateHub(ゲートハブ)の公式発表によると、XRPを盗み出した加害者はユーザーの「アクセストークン」を保管しているデータベースにアクセスしたと伝えらえています。アクセストークンとはユーザーのセキュリティ識別情報のことであり、大事なデータを保護するための重要なものになります。

今回のハッキング事件の際には「少数のIPアドレスから有効なアクセストークンを使用したAPIコールが増加したことを検出した」と報告されています。ハッキングだと考えられるこのアクセスを検知した「GateHub」は、即座に顧客のアクセストークンを無効にして疑わしいAPIコールを停止したと説明しています。

先日の報道では、被害を受けたウォレットの数は80〜90とされていましたが、今回の発表では「103のXRPレジャーウォレットが損失を被った」とされています。また、これに伴い「18,473アカウントがハッキングの影響を受けている可能性がある」とも報告されており、その中の「5,045アカウントがXRPを保有している」と説明されています。

GateHubは今回の事件発生後に被害を受けた可能性のあるすべてのユーザーに対して「メール」や「SMS」でそのことを報告しているため、「実際に自分が影響を受けているかどうか?」を知りたい場合にはメールを確認すると良いでしょう。

GateHubユーザーは「自分自身で」XRP移動を

GateHubは、同社のXRPレジャーウォレットが暗号化された状態に保たれた秘密鍵で保護されているため「GateHubはユーザーのウォレットにアクセスすることができず、パスワードを知ることもできない」と説明しています。

つまり、GateHubのXRPウォレットに保管されているXRPを移動することができるのはユーザー本人だけであるため、GateHubはメールで通知を受けたユーザーに対して「自分自身でXRPを安全なウォレットに移動するように」と忠告しています。

ハッキング被害を受けたユーザーや、影響を受けた可能性があると考えられる18,473アカウントは、未だにXRPを盗難される危険性があるため、対応をとっておく必要があります。

ハッキング再発防止のための「今後の対応」

以前に報告されていたように、盗難されたXRPは
・Freewallet.org
・Changelly
・Changenow
Kucoin
Huobi
・Exmo
・Hitbtc
Binance
・Alfacashier
などといった複数の仮想通貨取引所などに出金されており、資金洗浄が行われているとされています。GateHubはこれらの仮想通貨取引所に対して「ハッカーのものだと思われるアカウントを凍結するように」と依頼を出しているとのことです。

また「GateHub」は、ハッキングの再発を防止するために影響を受けた可能性のあるウォレットだけに限らず、すべてのウォレットを保護するための対策も講じており、今後数日以内には顧客の暗号化キーを再生成し、すべてのレジャーウォレットの既存の秘密鍵を無効にすると説明しています。

これによって新しい秘密鍵が作成されて暗号化されるため、加害者によるウォレットへのアクセスを防止することができます。このプロセスは完全に自動化されており、ユーザーにも定期的に報告すると説明されています。対策が取られた後は、それぞれのユーザーに「自分のアカウントにサインインする方法」と「セキュリティキーを自動的に再生成する方法」が電子メールで通知されます。

GateHubは被害を防止するために「ログインパスワードを定期的に変更すること」や「他のウェブサイトで使用されていない強力なパスワードを使用すること」「二段階認証(2FA)を有効にして、フィッシングメールや疑わしいウェブサイトに騙されないようにすること」を促しています。

>>「GateHub」の公式発表はこちら

2019年6月8日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格には今のところ大きな影響は見られておらず、2019年6月8日時点では「1XRP=45.45円」で取引されています。

2019年6月1日〜2019年6月8日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月1日〜2019年6月8日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア:暗号資産に関する初の法律「2021年1月」までには施行か=地元メディア報道

ロシア:暗号資産に関する初の法律「2021年1月」までには施行か=地元メディア報道

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

ブロックチェーンアイランド、マルタで仮想通貨関連の3法案が第2読会を通過

ブロックチェーンアイランド、マルタで仮想通貨関連の3法案が第2読会を通過

BNY Mellon:業界初の「暗号資産カストディ事業」2021年後半にも展開へ

BNY Mellon:業界初の「暗号資産カストディ事業」2021年後半にも展開へ

BINANCE:日本向けサービス「2023年8月」から提供開始予定|CZ氏がコメント

BINANCE:日本向けサービス「2023年8月」から提供開始予定|CZ氏がコメント

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

米国の国家予算を「ブロックチェーン」で公開する方針:米大統領候補ケネディJr氏

米国の国家予算を「ブロックチェーン」で公開する方針:米大統領候補ケネディJr氏

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す