AIやブロックチェーン用いた「農業用プラットフォーム」をブラジルに展開:Microsoft

by BITTIMES

Microsoft(マイクロソフト)が提供している「ブロックチェーン・人工知能(AI)・IoT(モノのインターネット)・ビッグデータ・ドローン」などを活用した農業用プラットフォーム「FarmBeats」がブラジルにも導入されることが明らかになりました。このプラットフォームはアメリカ、インド、ケニア、ニュージーランドなどですでに利用されており、水の使用量を30%削減することに成功しています。

こちらから読む:農業のコスト削減に役立てられる「ブロックチェーン技術」とは

農業用プラットフォーム「FarmBeats」とは?

「FarmBeats」とは、Microsoft(マイクロソフト)が提供している
ブロックチェーン
人工知能(AI)
IoT(モノのインターネット)
ビッグデータ
ドローン
などの技術を活用した農業用アプリケーションです。

このプラットフォームは、農業関連のプロセスを改善するために作成されたIoTベースのプラットフォームであり、様々なセンサーやカメラ、ドローンなどからシームレスにデータを収集できるように設計されています。

収集された膨大なデータは人工知能などによって解析が行われ、農家の人々は「最高の収穫量を実現してコストを削減するためには、何を、いつ、どこに植えるべきか」と言った情報を受け取ることができます。

農作物の生産効率を向上させ「食料問題」に対処

FarmBeatsはすでに米国インドケニアニュージーランドで利用されており、水の使用量を30%削減することに成功しているとも報告されています。

FarmBeatsを作成者であるRanveer Chandr氏は「ブラジルは農業について考える際に最初に思い浮かぶ国の一つであり、FarmBeatsはブラジルやその他の発展途上国で活用できるように開発したものである」と語っており、世界の食料需給率が満たされるためには、今後30年間で生産量を70%増やす必要があると説明しています。

同氏は、FarmBeatsを使用することによって農家の人々は資源をより効率的に使用することができるようになり、土壌の温度や湿度、栄養素などに関する重要な統計情報を得ることができるため、より正確に収穫量を高めることができると説明しており、ブラジル政府に対して技術を受け入れて農業機器や肥料と同様に助成金を支給するよう要求したと伝えられています。

IoT機器などを導入することによって農業を効率化しようとする動きは世界中で始まっていますが、ブロックチェーン技術はそれらのデータを効率よく管理するためなどに利用されています。最近ではQRコードをスキャンすることによって、農産物の生産情報を確認できるサービスなども増加してきていますが、今後は農業そのものを効率化するためにもこれらの技術が広く活用されていくことになる可能性があります。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オンライン通貨換算サービス「XE.com」近日中にXRP取扱いか?【追記あり】

オンライン通貨換算サービス「XE.com」近日中にXRP取扱いか?【追記あり】

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

カルダノ財団「ブラジルの国営エネルギー会社」と提携|ブロックチェーン教育を推進

カルダノ財団「ブラジルの国営エネルギー会社」と提携|ブロックチェーン教育を推進

注目度の高い仮想通貨ニュース

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す