医薬品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン活用|Walmart・Merckなど大手4社が連携

by BITTIMES   

IBM・KPMG・Merck・Walmartの4社は、アメリカ食品医薬品局(FDA)と協力して医薬品のサプライチェーンに関与する組織やFDAが市場に出回っている処方薬を管理・追跡できるようにするためのブロックチェーンネットワークの開発に取り組んでいます。

こちらから読む:大手企業4社が活用している「ブロックチェーン技術」とは

アメリカ合衆国保健福祉省(HHS)配下の政府機関である「アメリカ食品医薬品局(FDA)」は、ブロックチェーン技術を活用して市場に流通している医薬品や処方薬を適切に管理・追跡できるようにするためのブロックチェーンネットワーク開発に取り組んでいます。

この試験的プログラムは、医薬品の偽造・盗難・汚染および、その他の有害な薬物に対する規制上の監視を強化するための法律である「米国医薬品サプライチェーンセキュリティー法(DSCSA)」に関連したものであり、医薬品の流通・供給に関するデータを改ざんできない状態で適切に記録・管理することによって製品をリアルタイムで追跡できるようにし、在庫を追跡するための時間短縮、企業間で共有されるデータの精度向上、流通する製品の健全性管理などに役立てることを目的としています。

このブロックチェーンネットワーク構築には、
・大手IT企業「IBM
・コンサルティング会社「KPMG」
・世界的な製薬会社「Merck(メルク)」
・大手小売チェーン「Walmart(ウォルマート)」
が関わっており、現在は概念実証に取り組んでいるとされています。

IBMのヘルスケア&ライフサイエンス分野ブロックチェーン部門でグローバルソリューションリーダーを務めているMark Treshock氏は、次のように語っています。

ブロックチェーンは、バイオ医薬品のサプライチェーンの信頼性をさらに向上させる上で、新しい重要なアプローチをもたらすでしょう。ブロックチェーン技術が理想的なのは、サプライチェーン内の医薬品を追跡できる監査証跡を提供するだけでなく、データを共有した当事者を、データ内容を公開することなく追跡できるからです。

ブロックチェーンは、医薬品のライフサイクルを通じてデータを制御・管理・共有し、対応する方法を変革できる可能性を秘めています。

このプロジェクトに参加している企業はこれまでにもブロックチェーン関連のプロジェクトに取り組んできた経歴を持っており、WalmartとIBMは食料品の情報を管理するプロジェクト、MaerskとIBMは国際貿易プラットフォームを発表しています。

医療業界では、これまでにも様々な分野でブロックチェーン技術が活用されていますが「医薬品のサプライチェーン管理」への活用は、特に大きなメリットをもたらすことができると期待が高まっています。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

グローバル・ステーブルコイン規制に向けた「10の要点」を発表:金融安定理事会

グローバル・ステーブルコイン規制に向けた「10の要点」を発表:金融安定理事会

ウルトラ(Ultra/UOS)動画配信プラットフォーム「Theta Network」と提携

ウルトラ(Ultra/UOS)動画配信プラットフォーム「Theta Network」と提携

ブロックチェーン基盤の電子署名システム「電子実印」無料提供を開始

ブロックチェーン基盤の電子署名システム「電子実印」無料提供を開始

ブロックチェーン企業「Power Ledger」リチャード・ブランソン卿のコンテストで優勝

ブロックチェーン企業「Power Ledger」リチャード・ブランソン卿のコンテストで優勝

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

Google:イーサリアムウォレット「MetaMask」をアプリストアから削除

Google:イーサリアムウォレット「MetaMask」をアプリストアから削除

注目度の高い仮想通貨ニュース

クオン「映画・映像業界のNFT活用を支援」Filmarks運営のつみき社と提携

クオン「映画・映像業界のNFT活用を支援」Filmarks運営のつみき社と提携

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

360°VRのNFTギャラリー「PROJECT EMOTION」開催へ|参加クリエイターも募集

360°VRのNFTギャラリー「PROJECT EMOTION」開催へ|参加クリエイターも募集

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す