ブロックチェーンで「製品開発のデータ共有」三菱電機など国内メーカー100社が連携

by BITTIMES   

三菱電機・安川電機などをはじめとする日本国内の主要メーカー100社が連携し、ブロックチェーン(分散型台帳)を活用して設備の稼働状況や品質検査などといった「製造データ」をお互いに取引できる仕組みを構築していくことが日本経済新聞の報道で明らかになりました。

こちらから読む:学んで貰える学習サービス始まる「日本」国内ニュース

「開発期間の短縮」や「ものづくりの効率化」図る

ブロックチェーン技術を活用したデータ共有プロジェクトには、三菱電機・安川電機・DMG森精機などといった世界で競争力の高い工作機械メーカーなどが多数参加する予定であり、運営の母体となるのは"日本でIoT(モノのインターネット)の活用を推進するために2015年に発足した製造業の業界団体「インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)」だと報じられています。

製造業におけるデータを工場内で共有する取り組みはそれぞれの企業内で行われることが一般的でしたが、今回のプロジェクトによってこのような「製造業のデータ共有」が多数の企業間で行われていくことになります。

生産・加工などに関する情報を取引先と共有できる仕組みを構築することによって「開発期間の短縮」や「ものづくりの効率化」を図る狙いがあるとされています。製造データは"品質や生産性の鍵"を握るものでもあるため、それらの情報は外部に出さないというのが一般的でしたが、ブロックチェーン技術を応用して安全性の高い環境で他社とデータを共有し、競争力の向上に繋げると説明されています。

「設計・稼働状況・品質検査」などのデータを共有

具体的な取り組みの内容としては、
・製品の設計データ
・生産設備の稼働状況
・品質検査のデータ
などを共有できるようにするとされています。

「製品の設計データ」を部品メーカーと共有した場合にはより早く量産体制に入ることができるようになり、「生産設備の稼働状況」を共有すれば部品の摩耗状況を把握でき、設備を安全に効率良く保てると期待されています。なお「共有・開示するデータの内容」や「データにアクセスできる企業」などは参加企業が自由に決定できるようになるとのことです。

報道によると、ブロックチェーン技術を活用することによって特定のサーバーで情報を管理するのと比べると「情報漏えいのリスクを抑えることができる」他、「運営コストも低減できる」見込みだとされています。また、データ共有の価格は個別に設定することができ、無料で共有することもできるとのことです。

来年春には稼働、2023年には「500社参加」目指す

製造データの取引システムは「2020年春頃には稼働する予定」とのことで、生産用ロボットなど高度な製造技術を持つ企業だけでなく、デジタル技術関連への投資が難しい中小企業の参加も促すことによって、製造業界全体の底上げを狙うと説明されています。

2023年までには参加する企業数を500社にまで増加させ、ドイツ政府が2011年に打ち出した"IoTを使って製造業の革新を目指す取り組み"である「インダストリー4.0」を主導する団体との連携も検討するとのことです。

日本国内の大手企業がデータをスムーズに共有できるようになれば、国内の製造業界が飛躍的に成長する可能性もあると予想されます。プロジェクトに参加する企業の詳細は明らかにされていませんが、これらの企業の今後の発展にはさらに期待が高まります。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンは「牛肉産業」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「牛肉産業」をどのように変えるのか?

幻冬舎が仮想通貨やブロックチェーンのウェブメディア「あたらしい経済」を創刊|独自トークンも発行予定

幻冬舎が仮想通貨やブロックチェーンのウェブメディア「あたらしい経済」を創刊|独自トークンも発行予定

日本国内の仮想通貨取引所3社「証券業界」への参入目指す|2019年内にもサービス開始か

日本国内の仮想通貨取引所3社「証券業界」への参入目指す|2019年内にもサービス開始か

アート作品をブロックチェーンで共同所有「STRAYM」のティザーサイト公開:SMADONA

アート作品をブロックチェーンで共同所有「STRAYM」のティザーサイト公開:SMADONA

炭火焼肉たむら「ADAPay」導入へ|カルダノエイダで美味しいお肉が食べたい方のために

炭火焼肉たむら「ADAPay」導入へ|カルダノエイダで美味しいお肉が食べたい方のために

ビットコイン(BTC)でビジネススクールの授業料支払いが可能に:フランス

ビットコイン(BTC)でビジネススクールの授業料支払いが可能に:フランス

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

ビットコイン底値買い「最後のチャンスは今後3ヶ月」中国BTC億万長者:Zhao Dong

ビットコイン底値買い「最後のチャンスは今後3ヶ月」中国BTC億万長者:Zhao Dong

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す