積水ハウス・日立・KDDI:ブロックチェーン活用した「企業間情報連携基盤」構築へ

by BITTIMES

積水ハウス・KDDI・日立の3社は、それぞれの企業が持つ独自情報をブロックチェーン技術を用いて安全に共有し、異なる業種のデータを掛け合わせることによって新しいサービスを創出するための「企業間情報連携基盤」を構築するための取り組みを2019年4月から開始することを発表しました。

こちらから読む:安全な情報共有を可能にする「ブロックチェーン」の仕組み

本人確認情報をブロックチェーンで連携

「積水ハウス株式会社/KDDI株式会社/株式会社日立製作所」の3社は、2019年3月19日に「本人確認情報をブロックチェーンで連携し、賃貸契約の利便性を向上させるための検証」を開始することを発表しました。

今回協創を発表した3社は、ブロックチェーン技術を用いて「それぞれの企業が持つ独自の情報を安全に共有できる環境」を構築し、各企業のデータを組み合わせた新しいサービスを構築するための「企業間情報連携プラットフォーム」を築き上げることを目指しています。

19日発表された内容では、取り組みの"第一段階"として「不動産賃貸物件の内覧から、入居までに生じる入居者の各種手続きを簡略化し、利便性を向上するための共同作業」を今年4月から開始すると説明されています。

「個人情報入力」などのプロセスを簡略化

具体的な内容としては、企業間情報連携基盤を創り上げることによって「積水ハウスグループの不動産賃貸に関する本人確認情報」と「KDDIの本人確認情報」を本人の合意の上で安全に連携すると共に、
・賃貸物件の「内覧申込み」や「契約手続き」
・固定通信や電気・ガスといった「住宅に関わる契約手続き」
をワンストップで提供するサービスの有効性も検証すると説明されています。

協創における各社の役割(画像:sekisuihouse.co.jp)協創における各社の役割(画像:sekisuihouse.co.jp)

今回の共同検証では、イーサリアム(Ethereum/ETH)をベースとした企業向けスマートコントラクトプラットフォームである「Quorum」や、日立が提供する「Lumada」と呼ばれるソリューションが使用されると説明されており、本人確認情報を相互に補完することによって賃貸物件の内覧申込みなどを行う際の「個人情報入力」を簡略化することができると説明されています。

「超スマート社会・Society 5.0」の実現に向けて

公式発表の中では、日本政府が提唱している「超スマート社会」や「Society 5.0」といった言葉が使用されており、これらを実現するためには「企業間での情報共有」や「異業種データの相互補完/サービスの連携」を実現するための基盤づくりが重要であることや、特定の企業が情報を一括管理するのではなく、参加する企業が公平・対等な立場で情報を扱うことができる分散化された環境が必要であることが強調されています。

「超スマート社会」とは、モノやサービスを提供する際の無駄をなくし、必要に応じて最も適切な方法でサービスを提供できる社会のことであり、「Society 5.0」とは、人工知能(AI)IoT、ロボットなどの最先端テクノロジーを使用して経済発展や社会問題の解決を図ること目指している日本政府が掲げる「新たな社会像」です。

ブロックチェーン技術は「分散型管理」という特性を備えているだけでなく、情報の改ざんにも強い耐性を備えており、様々な分野で活用できるという利点を備えています。このような特徴は、情報共有における無駄を排除し「AI/IoT/ロボット」などの情報を適切に連携する際にも効果的です。

このようなことを踏まえて考えると、今回発表されたブロックチェーン技術を活用した「企業間情報連携基盤」は長期的に発展していく大きな可能性を秘めたプラットフォームであると言えます。

将来的には「商用化・参加企業の拡大」を図る

コンソーシアム形成による企業間情報連携基盤のイメージ(画像:sekisuihouse.co.jp)コンソーシアム形成による企業間情報連携基盤のイメージ(画像:sekisuihouse.co.jp)

「積水ハウス」はこれまでにもブロックチェーン技術を活用した「不動産情報管理システム」の構築に取り組んできており、「KDDI」と「日立」はブロックチェーンとID認証を用いた「異業種間アライアンスの実証」を行なってきているため、ブロックチェーン技術に関する知識と経験を有していると期待されます。

今回の発表では、将来的にはこれらの仕組みを支える「企業間情報連携基盤」を商用化することを目指して活動を行い、プラットフォームに参加する企業・団体を増やし、様々な企業のデータを組み合わせた新しいサービスを創出していくとも説明されています。

すでに多くの研究に取り組んできた大手企業3社によって新たに立ち上げられる「企業間情報連携基盤」には今後も注目です。

積水ハウス、KDDI、日立が発表した「企業間情報連携基盤」に関する詳細情報は以下の公式発表をどうぞ
>積水ハウス、KDDI、日立からの公式発表はこちら(PDFファイル)

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムの大型アップデート「イスタンブール」実装予定日が決定

イーサリアムの大型アップデート「イスタンブール」実装予定日が決定

bitbank:仮想通貨の現物取扱高で「一位獲得」国内シェア48%を達成

bitbank:仮想通貨の現物取扱高で「一位獲得」国内シェア48%を達成

フィリピン科学技術省:BCB Blockchainと協力して「スマートシティ開発」を促進

フィリピン科学技術省:BCB Blockchainと協力して「スマートシティ開発」を促進

Blockchainベースの取引アプリを発表し「リバプールFC」と提携|TigerWit

Blockchainベースの取引アプリを発表し「リバプールFC」と提携|TigerWit

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月20日〜1月26日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月20日〜1月26日

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社:SBI Holdingsなどから「200億円以上」の資金調達|2020年もさらに事業拡大へ

Ripple社:SBI Holdingsなどから「200億円以上」の資金調達|2020年もさらに事業拡大へ

日本銀行:ブロックチェーンの「スケーラビリティ問題」に関する論文を公開

日本銀行:ブロックチェーンの「スケーラビリティ問題」に関する論文を公開

各種キャッシュレスポイントの「相互交換」を可能に|JCB×富士通、新サービス開発へ

各種キャッシュレスポイントの「相互交換」を可能に|JCB×富士通、新サービス開発へ

コーヒー豆追跡用のブロックチェーンアプリ「Thank My Farmer」公開へ:IBM×Farmer Connect

コーヒー豆追跡用のブロックチェーンアプリ「Thank My Farmer」公開へ:IBM×Farmer Connect

XRP用いた音楽配信プラットフォーム「XSongs」ベータ版公開

XRP用いた音楽配信プラットフォーム「XSongs」ベータ版公開

【重要】Zaif・フィスコ仮想通貨取引所の「サービス統合スケジュール」が決定

【重要】Zaif・フィスコ仮想通貨取引所の「サービス統合スケジュール」が決定

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

bitFlyer:ふるさと納税で「ビットコインがもらえる」キャンペーン開始【先着2万名】

bitFlyer:ふるさと納税で「ビットコインがもらえる」キャンペーン開始【先着2万名】

ビットコイン「トレンド転換」にはまだ早い?著名トレーダーが指摘

ビットコイン「トレンド転換」にはまだ早い?著名トレーダーが指摘

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す