Cardano・Atalaの技術活用で「ジョージア政府」とMoU締結:IOHK

by BITTIMES

カルダノプロジェクトで開発を進めていることでも知られるブロックチェーン企業「IOHK」は、2019年6月17日にジョージア(旧:グルジア)政府との間で覚書(MoU)を締結したことを発表しました。IOHKは「Cardano」や「Atala」を活用したブロックチェーンソリューションを開発し、ジョージア教育科学省と協力して複数の分野を支援していくと伝えられています。

こちらから読む:"Ethos Universal Wallet"がADAに対応「カルダノ」関連ニュース

ブロックチェーン活用で「ジョージア教育科学省」と協力

Cardano(カルダノ)の開発を担っていることで広く知られるブロックチェーン企業「IOHK」は、2019年6月17日のツイートで南コーカサスにある共和制国家ジョージア(旧:グルジア)政府との間で覚書(MoU)を締結し、ジョージア教育科学省と協力してプロックチェーンプロジェクトに取り組んでいくことを発表しました。

私たちは今朝、ジョージア政府との間で「ジョージア教育科学省と協力して、ブロックチェーンプロジェクトの範囲特定と実施を行うこと」を約束する覚書を締結しました。

IOHKはジョージア政府との協力を通じて「Cardano(カルダノ)」と「Atala(アタラ)」を活用したブロックチェーンソリューションを開発すると報告されており、具体的な取り組みとしては以下のようなことに取り組んでいくと説明されています。

  • ブロックチェーン技術とデジタル資産に基づいてフィンテックビジネスをサポート
  • 第3世代のブロックチェーン技術を用いて、省が扱う機密データのセキュリティ向上をサポート
  • スマートコントラクトをサービスに統合する際に省を支援
  • ジョージア国の大学で得る資格が「ヨーロッパ全土の高等教育資格と同等であること」を保障するために、行われている省の活動支援

文部科学大臣であるMikheil Batiashvili氏は、IOHKとの連携について次のように語っています。

ジョージアは、世界銀行の「ビジネスのしやすさ」指数において前回の112位から現在の6位まで、米国や英国を含む多くの国際ビジネスの中心地を前にしながらエキサイティングな旅をしてきました。

IOHKの世界をリードする専門知識、特に第3世代のブロックチェーン技術を活用することによって「安全でデジタル化に対応した国際ビジネスで世界をリードする国になる」という目標に向かってさらに前進することができると期待しています。

IOHKのCEOであるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、次のように述べています。

私たちはビジネス・教育・政府サービスに渡る様々なプロジェクトで、ジョージア政府と協力できることに非常にワクワクしています。国の力強い大学部門と政府側ができることを組み合わせることによって、ジョージア国が国際ビジネスの領域において「世界で最も魅力的な中心地の1つ」として急速に発展してきたことを目の当たりにしました。

ジョージアでブロックチェーンエコシステムを開発し、人々が直面している課題を解決できるよう支援していけることを楽しみにしています。

「ビジネス・政府・教育」分野での活用を検討

今後の具体的な取り組みとしては、「IOHKは一連のワークショップ・ミートアップ・フォーラム・その他イベントを開催し、今年の秋頃までには国内の重要な課題と既存のスキルを特定する」と説明されています。

このような取り組みは、同国の「ビジネス・政府・教育」の分野にIOHKが開発を進めているブロックチェーン技術を活用していくための分野を検討しながら、実現可能な分野を特定していくことに役立てられていくとのことです。

IOHKはこれまでにも、エチオピアやモンゴルなどでも「ブロックチェーン活用」に関する覚書を締結しています。様々な地域で積極的に活動を続けているIOHKの取り組みには今後も注目です。

2019年6月18日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、今年の3月頃から大きく回復し始めており、4月には10円台にまで回復しました。その後は下落と回復を繰り返しているものの、10円前後の価格を維持しており、2019年6月18日時点では「1ADA=10.09円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2018年12月21日〜2019年6月18日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月21日〜2019年6月18日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOTA×Jaguar Land Rover:EV車搭載予定の「スマートウォレット」を一部地域で公開

IOTA×Jaguar Land Rover:EV車搭載予定の「スマートウォレット」を一部地域で公開

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

CARDANO(ADA)ウォレット「DAEDALUS」Ver0.11.1リリース|ユーザーは再ダウンロードを

CARDANO(ADA)ウォレット「DAEDALUS」Ver0.11.1リリース|ユーザーは再ダウンロードを

仮想通貨取引所「CREX24」にネム(NEM/XEM)が上場!

仮想通貨取引所「CREX24」にネム(NEM/XEM)が上場!

ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

Binance(バイナンス)の登録方法を画像付きで解説

Binance(バイナンス)の登録方法を画像付きで解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

分析サイト「DApp.com」カカオのブロックチェーンKlaytnと提携|掲載アプリ拡大へ

分析サイト「DApp.com」カカオのブロックチェーンKlaytnと提携|掲載アプリ拡大へ

社会貢献活動に「東京都独自のデジタル通貨」を|小池都知事が所信表明

社会貢献活動に「東京都独自のデジタル通貨」を|小池都知事が所信表明

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

ビットコイン急落で一時「100万円割れ」専門家・アナリストの見解は?

ビットコイン急落で一時「100万円割れ」専門家・アナリストの見解は?

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

Bakkt:ビットコイン先物公開に先立ち「カストディサービス」開始へ|9月6日から

Bakkt:ビットコイン先物公開に先立ち「カストディサービス」開始へ|9月6日から

バイナンス:ブロックチェーン開発者支援プラットフォーム「Binance X」を公開

バイナンス:ブロックチェーン開発者支援プラットフォーム「Binance X」を公開

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

アトレティコ・マドリード「公式ファントークン」発行へ|Socios.comに参加

アトレティコ・マドリード「公式ファントークン」発行へ|Socios.comに参加

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す