米国向け仮想通貨取引サービス「停止」を発表:分散型取引所Bancor

by BITTIMES

人気の分散型取引所(DEX)の一つである「Bancor(バンコール)」は、2019年7月8日から米国ユーザー向けの仮想通貨取引サービスを中止することを発表しました。先日は大手取引所である「Binance.com」も米国向けサービスを終了することを発表しているため、今後はこのような対応をとる企業が増えていく可能性が考えられます。

こちらから読む:Facebookの独自通貨情報が明らかに「仮想通貨」関連ニュース

分散型取引所「Bancor」米国向けサービス停止へ

仮想通貨の分散型取引プラットフォームである「Bancor(バンコール)」は、2019年6月18日に投稿したツイートで「2019年7月8日から米国ユーザー向けの仮想通貨取引サービスを中止する」ことを発表しました。

トークンへの「アクセス・保管・出金」はできるものの、取引はできないことになっているため、実質的に米国ユーザーは「Bancor」から撤退していくことになります。

2019年7月8日(米国東部標準時間午前9時00分)以降は、米国市民、居住者、または米国IPのユーザーは、BancorのWebアプリケーション(http://bancor.network)でトークンを交換できなくなります。

トークンへのアクセス、保管、送信は引き続き利用できます。

続く「米国ユーザーブロック」の対応に要警戒

今回の決定の理由としては「規制の不確実性」が挙げられています。米国仮想通貨規制が明確化されていないことは仮想通貨業界で度々指摘されており、このような理由から米国向けのサービスを中止する企業は増えてきています。

最近では、大手仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)が米国の規制に基づいてサービスを提供するために、本家となる「Binance.com」での米国向けサービスを終了し、新しく米国向けの仮想通貨取引所「Binance US」を設立することを発表しています。

BINANCEに続いて「Bancor」が米国向けのサービスを中止することによって、今後はその他の取引所も同様の対応を取る可能性も考えられますが、米国は「仮想通貨トレーダーが特に多い地域(*1)」でもあるため、米国ユーザーがブロックされた場合には「その取引所でしか取引できないアルトコインが大量に売られる可能性がある」と懸念されています。
(*1)DataLight社が2019年4月29日に公開した調査報告では、仮想通貨取引所ランキング上位100位に位置付けられる取引所の利用者数で、米国が月間約2,260万人とダントツの1位を獲得。2位は日本の約610万人。

現在の各取引所の動きから考えると、今後は米国ユーザーに対する対応や各アルトコインの価格変動にも注意を払う必要があると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国ソウル:ブロックチェーンなどに大規模投資を計画|2022年までに「約1,200億円」

韓国ソウル:ブロックチェーンなどに大規模投資を計画|2022年までに「約1,200億円」

BMW:ブロックチェーン企業「Bloom」と提携|顧客への融資を合理化

BMW:ブロックチェーン企業「Bloom」と提携|顧客への融資を合理化

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Peter Thiel:ブロックチェーン投資に移行「シリコンバレーの時代は終わりに近い」

Peter Thiel:ブロックチェーン投資に移行「シリコンバレーの時代は終わりに近い」

フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

システム障害で「約50の自治体データ」に大規模被害|ブロックチェーンなら防げたのか?

システム障害で「約50の自治体データ」に大規模被害|ブロックチェーンなら防げたのか?

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

ビットコイン宝くじの「Crypto Millions Lotto」プレミアリーグのサッカークラブと提携

ビットコイン宝くじの「Crypto Millions Lotto」プレミアリーグのサッカークラブと提携

Bybit Games:トレーディングコンペ開催にあたり「Save the Children」と提携

Bybit Games:トレーディングコンペ開催にあたり「Save the Children」と提携

Cardano:Shelley報酬付きテストネット「開始予定日」が決定

Cardano:Shelley報酬付きテストネット「開始予定日」が決定

Bakkt:シンガポールで「現金決済のビットコイン先物」承認求める

Bakkt:シンガポールで「現金決済のビットコイン先物」承認求める

カルダノ創設者:仮想通貨革命は止められない|BTC価格は「1,000万円」へ

カルダノ創設者:仮想通貨革命は止められない|BTC価格は「1,000万円」へ

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

イーサリアム:大型アップデートとなるハードフォーク「Istanbul」を無事完了

イーサリアム:大型アップデートとなるハードフォーク「Istanbul」を無事完了

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

Nike:ビットコイン報酬アプリ「Lolli」と提携|商品購入者にBTC還元

Nike:ビットコイン報酬アプリ「Lolli」と提携|商品購入者にBTC還元

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す