Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

by BITTIMES

カナダオランダ政府はコンサルティング企業「Accenture(アクセンチュア)」と提携し、ブロックチェーンを利用して観光客を識別するサービスを開始します。これは観光客が事前に登録した旅程や好みを登録する事で、よりよいサービスを受けることができるようにするものとなっています。

こちらから読む:歯髄細胞の流通管理にも「ブロックチェーン」関連ニュース

カナダ・オランダ政府が「アクセンチュア」と提携

Accenture(アクセンチュア)のディレクターであるDavid Treat(デビッド・トリート)氏は、ロンドンで開催されたカンファレンス「シンクロナイズド・ヨーロッパ」で仮想通貨メディア「CoinTelegraph」の記者に対して、カナダおよびオランダ政府、エアフランスKLM、エア・カナダなどの航空会社や複数の空港と提携し、ブロックチェーン技術を活用した「Known Traveller Digital Identity(ノウン・トラベラー・デジタル・アイデンティティ)」という新しいサービスを通じて観光客によりよいサービスを提供すると語りました。

一昔前なら団体旅行が主流でしたが今は個人旅行の時代。旅行も個人でカスタマイズするのが当たり前になってきています。

カナダのMarc Garneau(マルク・ガルノー)運輸相は、この新しいテクノロジーを使ったサービスを導入することで、国際競争力や可動力、そして生産性を活気づけることができるだろうと語っています。また、セキュリティーや安全面からもこのサービスの導入は歓迎されています。

このサービスを利用することによって、旅行者は事前に税関にバイオメトリクス(生体認証)と旅程を登録することができるとされています。こうすることによって、旅行者はよりスムーズに入国できたり、いちいち検索しなくても目的地まで容易にたどり着けたりするサービスを受けることができます。また、それらの情報はブロックチェーンで管理されているため、個人情報も守られるとのことです。

観光・旅行業界で役立てられるブロックチェーン技術

世界各国の観光地では、ブロックチェーン技術を導入する事例が増えてきています。米国のラスベガスでは、ビットコインATMの台数が増加しており、街全体でも「スマートシティー」を目指した取り組みが進められています。

また、英国最大の旅行会社「Corporate Traveller」は、仮想通貨決済サービスを提供しているBitPay(ビットペイ)との提携を通じて、ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)などによる支払いを受け入れています。仮想通貨決済を採用すれば「送金手数料」や「クレジットカード手数料」を安く抑えることができます。

ブロックチェーン技術や仮想通貨を取り入れれば、ユーザー・旅行業者共にコストを抑えることができ、サービス自体も便利になるため、これらの技術は旅行観光業界とも相性が良いと言えるでしょう。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・デジタルID用いた「電子投票技術」構築へ:石川県加賀市 × LayerX × xID

ブロックチェーン・デジタルID用いた「電子投票技術」構築へ:石川県加賀市 × LayerX × xID

ビットコイン(BTC)でカリブ海諸国の市民権が購入できる|仮想通貨決済の重要性

ビットコイン(BTC)でカリブ海諸国の市民権が購入できる|仮想通貨決済の重要性

Coinbase:XRP保有者に対する「Sparkエアドロップ」対応方針を発表

Coinbase:XRP保有者に対する「Sparkエアドロップ」対応方針を発表

ブロックチェーンでアート作品を共同所有「STRAYM」正式にサービス開始

ブロックチェーンでアート作品を共同所有「STRAYM」正式にサービス開始

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

コインチェック×CyberZ「エンターテイメント分野でのNFT活用」に向けて協業開始

コインチェック×CyberZ「エンターテイメント分野でのNFT活用」に向けて協業開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

暗号資産取引所Bitgate(ビットゲート)「オンライン本人確認」に対応

暗号資産取引所Bitgate(ビットゲート)「オンライン本人確認」に対応

Huobi Japan「収益分析機能」を追加|騰落率との比較・成績シェアなども可能

Huobi Japan「収益分析機能」を追加|騰落率との比較・成績シェアなども可能

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す