米国政府が「Orbs」と協力|中東・紛争地域の問題解決に向けブロックチェーン活用

by BITTIMES

イスラエルのブロックチェーン企業である「Orbs(オーブス)」は、米国のトランプ政権と協力して、長年にわたって続けられてきたイスラエルとパレスチナの政治的な問題を解決するためのブロックチェーンソリューションを開発していると伝えられています。

こちらから読む:ブロックチェーン基盤の構築で大手企業と協力「Orbs」関連ニュース

Orbsが「トランプ政権」や「国務省」と協力

米国政府がイスラエルとパレスチナの政治的問題を解決するための取り組みの一環として、イスラエルのブロックチェーン企業「Orbs(オーブス)」と協力してブロックチェーンソリューションを開発していることが仮想通貨メディア「Coindesk」の報道で明らかになりました。

中東地域、特に人権的・宗教的問題が複雑に絡みあっているパレスチナでは長年にわたって紛争が続いており、深刻な問題となっています。

Orbsは、イスラエルを代表するブロックチェーン企業であり、様々な分野で活用することができるブロックチェーンを基盤としたアプリケーションのインフラストラクチャ(下部構造)を構築しています。同社の共同設立者であるNetta Korin(ネッタ・コリン)氏は、Coindeskに対して彼女のチームが「現在、秘密裏に行われているいくつかのプロジェクトで米国政府や国務省と協力している」と語ったと伝えられています。

また同氏は、自分自身が「米国政府が直面している複数の問題を効率的かつ透明性の高い方法で解決するための手段として必要とされるブロックチェーン技術を示すためにバーレーンで開かれた国際会議に招待された」ということも明かしています。

コリン氏は「これらのアプローチはパレスチナ人への経済援助を扱う際のパラダイムシフトを象徴するものである」と述べており、「求められている解決策は革新的なものになるだろう」と語っています。

ブロックチェーン活用する計画は以前から

イスラエルとパレスチナの問題を解決するための方法としてブロックチェーン技術を活用することは、この1年間に渡って議論されてきたと報じられています。

Coindeskによると、昨年10月に米国財務省、テロ・金融犯罪担当のSigal Mandelker(シーガル・マンデルカー)財務次官と、イスラエル銀行およびイスラエル財務省の数人の代表がブロックチェーンソリューションの活用を検討したとされており、パレスチナ通貨庁もブロックチェーンの解決策を模索していると伝えられています。

今回報じられたプロジェクトの詳細は明らかにされていないものの、コリン氏は結論として『ブロックチェーンは、今後この地域で大きな役割を果たすだろう』と語ったと伝えられています。

Orbsはここ最近、多数のニュースで取り上げられており、先日は「通信事業者向けのグローバルブロックチェーン決済プラットフォーム」の構築で、IBM(アイビーエム)ConsenSys(コンセンシス)などの大手企業と協力していくことなども明らかにされています。

長期間にわたって問題となっていたパレスチナ問題で、Orbsのブロックチェーン技術がどのように役立てられていくかには注目が集まります。

2019年6月28日|オーブス(Orbs/ORBS)の価格

ORBS(オーブス)の価格は、本日28日の午前8時頃から回復し始めており、記事執筆時点では「1ORBS=3.45円」まで回復しています。

2019年6月21日〜2019年6月28日 ORBSのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月21日〜2019年6月28日 ORBSのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア国営電力会社:ブロックチェーン基盤の「電気料金支払いシステム」をテスト

ロシア国営電力会社:ブロックチェーン基盤の「電気料金支払いシステム」をテスト

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

ブロックチェーンで走行距離などの「自動車データ改ざん」に対処|BMW×VeChain

ブロックチェーンで走行距離などの「自動車データ改ざん」に対処|BMW×VeChain

BINANCE:証拠金取引の利用禁止リストから「日本」を除外

BINANCE:証拠金取引の利用禁止リストから「日本」を除外

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

チリーズ(Chiliz/CHZ)米国向け取引所「Binance US」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)米国向け取引所「Binance US」に上場

注目度の高い仮想通貨ニュース

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

MicroStrategy「1,200億円相当のビットコイン」を追加購入|BTC保有量は競争状態に

MicroStrategy「1,200億円相当のビットコイン」を追加購入|BTC保有量は競争状態に

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す