米国政府が「Orbs」と協力|中東・紛争地域の問題解決に向けブロックチェーン活用

by BITTIMES

イスラエルのブロックチェーン企業である「Orbs(オーブス)」は、米国のトランプ政権と協力して、長年にわたって続けられてきたイスラエルとパレスチナの政治的な問題を解決するためのブロックチェーンソリューションを開発していると伝えられています。

こちらから読む:ブロックチェーン基盤の構築で大手企業と協力「Orbs」関連ニュース

Orbsが「トランプ政権」や「国務省」と協力

米国政府がイスラエルとパレスチナの政治的問題を解決するための取り組みの一環として、イスラエルのブロックチェーン企業「Orbs(オーブス)」と協力してブロックチェーンソリューションを開発していることが仮想通貨メディア「Coindesk」の報道で明らかになりました。

中東地域、特に人権的・宗教的問題が複雑に絡みあっているパレスチナでは長年にわたって紛争が続いており、深刻な問題となっています。

Orbsは、イスラエルを代表するブロックチェーン企業であり、様々な分野で活用することができるブロックチェーンを基盤としたアプリケーションのインフラストラクチャ(下部構造)を構築しています。同社の共同設立者であるNetta Korin(ネッタ・コリン)氏は、Coindeskに対して彼女のチームが「現在、秘密裏に行われているいくつかのプロジェクトで米国政府や国務省と協力している」と語ったと伝えられています。

また同氏は、自分自身が「米国政府が直面している複数の問題を効率的かつ透明性の高い方法で解決するための手段として必要とされるブロックチェーン技術を示すためにバーレーンで開かれた国際会議に招待された」ということも明かしています。

コリン氏は「これらのアプローチはパレスチナ人への経済援助を扱う際のパラダイムシフトを象徴するものである」と述べており、「求められている解決策は革新的なものになるだろう」と語っています。

ブロックチェーン活用する計画は以前から

イスラエルとパレスチナの問題を解決するための方法としてブロックチェーン技術を活用することは、この1年間に渡って議論されてきたと報じられています。

Coindeskによると、昨年10月に米国財務省、テロ・金融犯罪担当のSigal Mandelker(シーガル・マンデルカー)財務次官と、イスラエル銀行およびイスラエル財務省の数人の代表がブロックチェーンソリューションの活用を検討したとされており、パレスチナ通貨庁もブロックチェーンの解決策を模索していると伝えられています。

今回報じられたプロジェクトの詳細は明らかにされていないものの、コリン氏は結論として『ブロックチェーンは、今後この地域で大きな役割を果たすだろう』と語ったと伝えられています。

Orbsはここ最近、多数のニュースで取り上げられており、先日は「通信事業者向けのグローバルブロックチェーン決済プラットフォーム」の構築で、IBM(アイビーエム)ConsenSys(コンセンシス)などの大手企業と協力していくことなども明らかにされています。

長期間にわたって問題となっていたパレスチナ問題で、Orbsのブロックチェーン技術がどのように役立てられていくかには注目が集まります。

2019年6月28日|オーブス(Orbs/ORBS)の価格

ORBS(オーブス)の価格は、本日28日の午前8時頃から回復し始めており、記事執筆時点では「1ORBS=3.45円」まで回復しています。

2019年6月21日〜2019年6月28日 ORBSのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月21日〜2019年6月28日 ORBSのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨×スポーツまとめ:ブロックチェーンで激変する業界とビジネス

仮想通貨×スポーツまとめ:ブロックチェーンで激変する業界とビジネス

ブロックチェーンを使った資産管理に向け「NASDAQ」らと提携:シンガポール金融管理局

ブロックチェーンを使った資産管理に向け「NASDAQ」らと提携:シンガポール金融管理局

再び「100万円下回る」可能性も?ビットコイン価格、わずか1日で「26%急落」

再び「100万円下回る」可能性も?ビットコイン価格、わずか1日で「26%急落」

ブラウザを選ぶなら「ブロックチェーン基盤のブレイブ」Wikipedia創設者がChromeを批判

ブラウザを選ぶなら「ブロックチェーン基盤のブレイブ」Wikipedia創設者がChromeを批判

仮想通貨女子が倍増?ミレニアル世代の女性投資家に注目

仮想通貨女子が倍増?ミレニアル世代の女性投資家に注目

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

注目度の高い仮想通貨ニュース

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月1日〜7日

ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

Cash App:ビットコイン売買機能に続き「株の無料取引」も提供か=Bloomberg報道

Cash App:ビットコイン売買機能に続き「株の無料取引」も提供か=Bloomberg報道

BINANCE「先物取引プラットフォーム」のテスト開始|報酬合計10,000BNBも準備

BINANCE「先物取引プラットフォーム」のテスト開始|報酬合計10,000BNBも準備

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

STOの自主規制団体「2020年4月の認定」目指す:SBI北尾社長

STOの自主規制団体「2020年4月の認定」目指す:SBI北尾社長

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す