株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

by BITTIMES

仮想通貨を積極的に受けれていることでも知られるスコットランドのクラフトビール醸造所「BrewDog(ブリュードッグ)」は、同社の株式をビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨で販売しています。暗号資産は新しい投資先として多くの人々から注目を集めていますが、最近では仮想通貨を用いて株式に投資する事例も増えてきています。

こちらから読む:日本政府が"新たな暗号技術"を模索「仮想通貨」関連ニュース

BrewDog(ブリュードッグ)とは

BrewDog-logo

「BrewDog(ブリュードッグ)」は、スコットランド北東部に位置するフレイザーバラで2007年4月にオープンにしたクラフトブルワリーです。「パンクIPA」などといった様々なビールを製造している同社は、世界中の人々から高い支持を得ています。

スコットランド産のモルトを使用して品質にのみ重点を置いた少量生産の地ビールを生産している同社は、クラフト・ビール業界で最も急速に成長した企業の一つとして知られています。

独特なマーケティングを行なっていることでも知られる「BrewDog」は、仮想通貨も積極的に受け入れており、2014年には東京・六本木にもアジア初のオフィシャルバーをオープンさせ、昨年はロンドンで仮想通貨決済に対応したバーもオープンしています。

仮想通貨10銘柄で「株式購入」が可能に

「仮想通貨フレンドリーなビール醸造所」としても注目を集めていた同社は現在、仮想通貨で同社の株式を購入する投資家を募集しており、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
ビットコインSV(Bitcoin SV/BSV)
オーガー(Augur/REP)
クオンタム(Qtum/QTUM)
・オミセゴー(OmiseGO/OMG)
・ゼロエックス(0x/ZRX)
の10銘柄を受け入れています。

各株式は25ポンド(約3,400円)となっているため、記事執筆時点の価格で換算すると「1BTCで352株」を購入できるということになります。また「BrewDog」のウェブサイトによると、同社は今回の機会を祝して「Cryptonite」と呼ばれる新しいビールを製造しているとも説明されています。

同社の株主には、
・すべてのBrewDogバーで最大10%の生涯割引
・同社オンラインショップで最大20%の生涯割引
・毎年、無料のバースデービールをプレゼント
・10名以上のテーブルを予約する際に10%割引
・毎年恒例の#PunkAGMへの招待状
などを含めた様々な特典も用意されています。

株式投資が「暗号資産」でできる時代に

仮想通貨は現在「新しい投資先」として世界中で注目を集めていますが、最近では仮想通貨を用いて株式投資を行うケースも増えてきています。

「BrewDog」は投資家からの直接的な投資を受け入れていますが、仮想通貨ウォレットアプリを提供している「Abra(アブラ)」は、サービスの一貫として仮想通貨で世界の有名な大手企業の株式に少額投資することができるサービスを提供しています。

伝統的な株式市場との繋がりが構築されることによって、両者の市場がより活発になると期待されているため、今後もこのようなケースは増えてくることになると予想されます。

世界に先立って仮想通貨での投資を受け入れた「BrewDog」が今後どのようなサービスを提供していくかにも注目です。
>>「BrewDog」の公式サイトはこちら

Download Abra仮想通貨ウォレット「Abra」のダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Coinbaseの「仮想通貨ETF」計画|世界最大の資産運用会社BlackRockと協力か

Coinbaseの「仮想通貨ETF」計画|世界最大の資産運用会社BlackRockと協力か

ビットコインキャッシュ(BCH)が賞金!フィナンシャル・ゲーム・ショーとは

ビットコインキャッシュ(BCH)が賞金!フィナンシャル・ゲーム・ショーとは

新仮想通貨【Jコイン】みずほ銀行他70銀行で運用開始か?

新仮想通貨【Jコイン】みずほ銀行他70銀行で運用開始か?

ブロックチェーンと「5G/クラウド/IoT」融合へ|電気通信大手がイニシアチブを開始

ブロックチェーンと「5G/クラウド/IoT」融合へ|電気通信大手がイニシアチブを開始

BINANCE:シンガポールで「法定通貨対応」の仮想通貨取引所を設立

BINANCE:シンガポールで「法定通貨対応」の仮想通貨取引所を設立

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

BINANCE:ナイジェリアの法定通貨「ナイラ(NGN)」をサポート

BINANCE:ナイジェリアの法定通貨「ナイラ(NGN)」をサポート

FRB反対派のRon Paul元議員「初めてのビットコイン」を入手

FRB反対派のRon Paul元議員「初めてのビットコイン」を入手

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

ブロックチェーン用いた「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」実証実験開始へ

ブロックチェーン用いた「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」実証実験開始へ

XRP TipBot「手数料請求・本人確認の導入」を検討|コミュニティに意見求める

XRP TipBot「手数料請求・本人確認の導入」を検討|コミュニティに意見求める

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

BitGo:Tron初の「マルチシグウォレット・保管ソリューション」提供開始

BitGo:Tron初の「マルチシグウォレット・保管ソリューション」提供開始

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す