Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

by BITTIMES

Amazon(アマゾン)、Starbucks(スターバックス)、Uber(ウーバー)などで仮想通貨を使用することができるサービスを提供している米国企業「Fold(フォールド)」は、2019年7月10日に同社の仮想通貨決済アプリが「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」に対応したことを発表しました。

こちらから読む:仮想通貨が使える"旅行アプリ"公開「ビットコイン決済」関連ニュース

BTC決済アプリ「FOLD(フォールド)」

FOLD

Fold(フォールド)は、仮想通貨ビットコイン(BTC)を使用して世界的に有名な複数の店舗で支払いを行うことができるサービスを提供している企業です。ジョージア州アトランタに本社を構える同社は米国を中心にサービスを提供しており、支払う店舗によっては「オーストラリア、カナダ、アイルランド、メキシコ、イギリス」などでも利用することができます。

支払いを行うことができる店舗としては、
Amazon(アマゾン)
Starbucks(スターバックス)
・Uber(ウーバー)
・Whole Foods(ホールフーズ・マーケット)
・Dunkin’ Donuts(ダンキンドーナツ)
・Home Depot(ホーム・デポ)
・Southwest Airlines(サウスウエスト航空)
・Target(ターゲット)
・AMC
・REI
などが挙げられており、ライトニング決済が導入されたことによって"素早く手数料ほぼゼロ"でビットコインを用いた少額決済を行うことができると説明されています。

アプリ利用者はビットコインで支払いを行いますが、支払いは店舗側が指定している通貨に変換された上で行われます。これによって仮想通貨決済を導入する際に懸念されている「ボラティリティの問題」を解決することができます。

ビットコインを使って「匿名で気軽に支払いを」

Foldのアプリは、ライトニング・ネットワークを採用して支払いを効率化するだけでなく、より多くのユーザーが匿名で気軽に支払いを行うことができるサービスを提供するとも伝えられています。

このサービスでは、アカウント登録をする必要がなく、本人確認(KYC)プロセスも必要ないため、ビットコインを保有していれば気軽に支払いを行うことができます。同社はこのようなビットコイン決済サービスを提供している理由を次のように説明しています。

私たちは「ビットコインがプライバシーを保護でき、検閲にも抵抗できる、グローバルなより良い支払い手段になる」と信じています。当社はビットコインがより使いやすい、価値のある、クレジットカードのような存在として広く受けられるようにするための製品を開発しています。

さらに同社はライトニング決済以外にも以下のような機能を追加しているとも発表しています。
・利用できる小売店のリストを拡大
・パートナーウォレットやエコシステムとの統合
・Foldを使用することで報酬がもらえる機能
・Satoshiを稼ぐための新しい方法

同社のサービスは日本の店舗では利用することができないものの、海外の店舗でビットコインが気軽に利用できるようになっていけば、ビットコインは決済手段としても広く利用されていくことになると期待されます。

>>「Fold」の公式サイトはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ユーザー数15億人!メッセージアプリ「WhatsApp」で暗号資産が送金可能に

ユーザー数15億人!メッセージアプリ「WhatsApp」で暗号資産が送金可能に

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

バヌアツの証券取引所DSTOQ:ライセンスを受けた仮想通貨取引プラットフォームを公開

バヌアツの証券取引所DSTOQ:ライセンスを受けた仮想通貨取引プラットフォームを公開

日常の買い物でビットコインが貯まる「Cheeeseショッピング」公開:マネックスクリプトバンク

日常の買い物でビットコインが貯まる「Cheeeseショッピング」公開:マネックスクリプトバンク

マレーシアの規制に準拠した暗号資産取引所「Huobi Labuan」公開

マレーシアの規制に準拠した暗号資産取引所「Huobi Labuan」公開

国際問題解決に向けブロックチェーン企業6社に「10万ドル」を投資|UNICEF

国際問題解決に向けブロックチェーン企業6社に「10万ドル」を投資|UNICEF

注目度の高い仮想通貨ニュース

Eat to Earn採用グルメSNS「シンクロライフ」のSYCトークン、Polygon上で利用可能に

Eat to Earn採用グルメSNS「シンクロライフ」のSYCトークン、Polygon上で利用可能に

チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

Bitgate「Himalaya Japan株式会社」に社名変更|暗号資産4銘柄の新規取扱いも予定

Bitgate「Himalaya Japan株式会社」に社名変更|暗号資産4銘柄の新規取扱いも予定

支払い時に仮想通貨SHIBをバーン「SHIB Burn Visa Card」登場

支払い時に仮想通貨SHIBをバーン「SHIB Burn Visa Card」登場

NFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」1次販売の詳細を発表:HashLink

NFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」1次販売の詳細を発表:HashLink

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

Solana関連ウォレットの資産流出、原因は「Slope」の可能性

Solana関連ウォレットの資産流出、原因は「Slope」の可能性

The Sandbox「VoxEditで作成したアセットの公開」が可能に

The Sandbox「VoxEditで作成したアセットの公開」が可能に

Decentraland「Mac版デスクトップクライアント・ベータ版」リリース

Decentraland「Mac版デスクトップクライアント・ベータ版」リリース

株式会社ガイアの暗号資産自動両替機「BTM」とは?基本情報・特徴・設置場所など

株式会社ガイアの暗号資産自動両替機「BTM」とは?基本情報・特徴・設置場所など

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月17日〜23日

LINEで送れる「キャットNFT」先着60,000名に無償配布:GIFMAGAZINE

LINEで送れる「キャットNFT」先着60,000名に無償配布:GIFMAGAZINE

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す