2022年「スタバでビットコイン決済」は常識に|ドルを使えば笑われる:Tim Draper

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)に対して特に強気な姿勢を維持している代表的人物の一人であるTim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、現在も変わらず"BTCのさらなる高値更新"を確信しています。今後数年間で仮想通貨の一般普及が進むと予想している同氏は「2022年にはスターバックスでも"ビットコイン決済"が当たり前になっているはずだ」と語っています。

こちらから読む:金融危機がBTC価格を押し上げる?「ビットコイン」関連ニュース

仮想通貨が米ドルを「時代遅れ」に

Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、「NBC BAY AREA」とのポッドキャストインタビューで「仮想通貨は米ドルを時代遅れのものにしようとしている」との考えを語りました。

ビットコインなどの仮想通貨が今後数年間で急速に世の中に普及すると考えている同氏は、2022年にはスターバックスでビットコイン決済を行うのは当たり前のことになっているとの考えを語っています。

あなたがコーヒーを買いにスターバックスに行った際にドルで支払いを行おうとするならば、おそらくそこにいる人々はビットコインや仮想通貨を使わないあなたのことを笑うでしょう。それはまるで、お婆さんがペニーで支払いを行うようなものです。

ドレイパー氏は以前から2022年を一つのポイントとして予想を語っており、以前は「ビットコイン価格は2022年までに25万ドル(約2,750万円)に達する」とも語っています。

ビットコインの過去最高値は約220万円であり、その後は約36万円近くまで下落しました。現在ビットコインは45万円前後の壁を突破しようと挑戦を続けていますが、多くのトレーダーや投資家たちはビットコインがこの壁を越えると予想しています。

「1BTC=2,750万円」は可能か?

現在のビットコインが40万円前後で取引されていることを踏まえて考えると「今後3〜4年で40万円から2,750万円になる」というのは馬鹿げているように感じられますが、ビットコインの過去の値動きを遡ってみると、このような予想が"非現実的"なものではないことがわかります。

2013年の価格高騰では1月時点で1,000円前後だった価格が年末には約12万円にまで上昇しており、2017年の価格高騰では1月時点で10万円前後だった価格が年末には約220万円にまで上昇しました。また、ビットコイン市場ではこの他にも複数回に渡る「中規模な価格の上昇・下落」が見られており、これら全てを含めてビットコイン価格は現在も上昇を続けています。

ビットコインが数千円で取引されていた頃からビットコインを保有していた人の多くは、2013年に12万円近くまで価格が上昇した時点で「異常である」と感じたことでしょう。しかし、その後もビットコインは大幅な価格変動を繰り返しながら上昇し続けており、今や「36万円が底値だ」とも言われています。

1,000円から100,000円に上昇し、10万円から220万円に上昇した過去の歴史から考えると、「40万円から2,750万円に上昇する」という予想はそれほど不思議なものでもないように感じられます。

ビットコインは「インターネット」よりも破壊的

ドレイパー氏は「ビットコインはインターネットよりもさらに破壊的な影響をもたらすテクノロジーになる」と確信しており、今後の発展が進むにつれて、少なくとも全世界の資金の3分の2がビットコインに送られることになると考えています。

過去の発言の中でも「仮想通貨ブロックチェーン技術は既存の金融システムだけでなく、政府業務を含めた様々な産業を激変させる」と語ってきたドレイパー氏は、「インターネット」は情報・通信・娯楽といった様々な分野で混乱を巻き起こしたものの、「ビットコイン」は最も重要な部分である"財政"を混乱させると説明しており、仮想通貨の誕生は世界の歴史の中で最大の変化になると語っています。

スターバックスは昨年の時点で「"ビットコインそのもの"を支払い手段として受け入れる予定はない」ということを正式に発表していますが、最近では「スターバックスはビットコインを"ドル"に変換して支払えるサービスの導入に向けた取り組みを行なっている」とも報じられています。

4年後にビットコインが2,750万円で取引されているところを想像するのは難しいですが、Lightning Network(ライトニングネットワーク)の普及などによってビットコインの利便性は高まってきており、これまでの動きと同様に再びビットコインが高値を更新するという見方も強まってきているため、ドレイパー氏が予想する未来が現実になる可能性もあると考えられます。

2019年3月10日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先月25日に415,000円近くまで下落しましたが、その後はやや回復しており、2019年3月10日時点では「1BTC=439,527円」で取引されています。

2019年2月8日〜2019年3月10日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月8日〜2019年3月10日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

BINANCE:クアンタム(QTUM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:クアンタム(QTUM)の「先物取引」提供へ

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

注目度の高い仮想通貨ニュース

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

リップル共同創業者、新型コロナウイルスからの「回復」を報告

リップル共同創業者、新型コロナウイルスからの「回復」を報告

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

ビットコインATM「ナイジェリア」に初導入|2020年末には30台設置へ

ビットコインATM「ナイジェリア」に初導入|2020年末には30台設置へ

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

コインチェック:取引所サービスに「プライスリミット」導入へ

コインチェック:取引所サービスに「プライスリミット」導入へ

Bybit(バイビット)がお得なUSDTエアドロップキャンペーンの詳細を発表

Bybit(バイビット)がお得なUSDTエアドロップキャンペーンの詳細を発表

bitFlyer×CrowdCredit:ビットコイン「最大10万円」相当がもらえるキャンペーン開催

bitFlyer×CrowdCredit:ビットコイン「最大10万円」相当がもらえるキャンペーン開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す