米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

by BITTIMES   

米商品先物取引委員会(CFTC)が、100倍のレバレッジをかけることができることで知られる大手仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)の調査を行なっていることがBloomberg(ブルームバーグ)の報道で明らかになりました。

こちらから読む:バフェットランチの新たな参加者が決定「仮想通貨」関連ニュース

アメリカ国民に「未登録」でサービス提供の可能性

BitMEX(ビットメックス)は、実際に保有している仮想通貨の数量よりも多い量の仮想通貨を取引することができる「レバレッジ取引」提供している仮想通貨取引所であり、"最大100倍"という世界的に見ても非常に高いレバレッジをかけて取引することができる取引所として知られています。

タックスヘイブン(租税回避地)としても知られるセーシェル共和国で登録を行い、香港やサンフランシスコに拠点を構えている同社は、メールアドレスだけで簡単に登録することができる取引所としても知られており、世界中に多くのユーザーを抱えています。

今回の報道によると、米商品先物取引委員会(CFTC)は「BitMEXが"CFTCに登録を行わずに"アメリカ国民に対して取引サービスを提供していた可能性」を調査しているとされており、それらの調査は数ヶ月間にわたって行われてきたと報じられています。BitMEXはCFTCに登録されていないため、米国民にサービスを提供していた場合は規則を違反していることになります。

ビットメックスのCEOであるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、今年1月に行われたインタビューの中で「同社は米国に住む人々向けのサービスを禁止しており、規則違反のユーザーを排除してはいるものの、一部のユーザーはVPN(バーチャルプライベートネットワーク)を使用することによって、居住国をごまかしてサービスを利用している可能性がある」ということを語っていました。

1日の取引量「7,000億円」仮想通貨市場にも影響か

BitMEXは、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
トロン(Tron/TRX)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
などといった主要な仮想通貨を取り扱っており、仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」のデータでは、同取引所における過去24時間の「XBT/USD」ペアの取引量は「約7,000億円」でランキング2位に位置付けられています。

今回のような調査は不正行為の疑惑につながらない可能性もあるとは言われているものの、ビットメックスでは膨大な量の仮想通貨が取引されているため、今回の調査で問題が発覚した場合には仮想通貨市場にも大きな影響が出る可能性もあると考えられます。現在も調査は続けられていると報じられていますが、この件に関する公式発表は行われておらず、CFTCとBitMEXはコメントを控えています。

仮想通貨の懐疑派として知られるNouriel Roubini(ヌリエル・ルビーニ)教授は、今月16日に「BitMEXは組織的な違法行為に公然と関与している」とも批判しているため、このような指摘がある中で米国側がビットメックスに対してどのような対応を取るかには注目が集まります。

2019年7月19日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、本日19日の昼頃に115万円近くまで回復したものの、その後はやや下落しており記事執筆時点では「1BTC=1,118,702円」で取引されています。

2019年7月12日〜2019年7月19日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月12日〜2019年7月19日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本市場進出を図る「Coinbase」東京オフィスで9職種の人材募集

日本市場進出を図る「Coinbase」東京オフィスで9職種の人材募集

GMOコイン「XRP保有者に対するFlareトークン付与方針」について発表

GMOコイン「XRP保有者に対するFlareトークン付与方針」について発表

コインチェック「NASDAQへのDe-SPAC上場計画」を発表|2022年中を目処に上場予定

コインチェック「NASDAQへのDe-SPAC上場計画」を発表|2022年中を目処に上場予定

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

2023年、ビットコインが世界市場シェア「5%」を獲得と予想:米著名投資家

2023年、ビットコインが世界市場シェア「5%」を獲得と予想:米著名投資家

ビットコイン現物ETFが切り開く「30兆ドルの投資顧問市場」Grayscale CEO

ビットコイン現物ETFが切り開く「30兆ドルの投資顧問市場」Grayscale CEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

エコフレンドリーな仮想通貨eTukTukがプレセールで50万ドルを調達、EV分野に特化したサステイナブルなエコシステムとは?

エコフレンドリーな仮想通貨eTukTukがプレセールで50万ドルを調達、EV分野に特化したサステイナブルなエコシステムとは?

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す