米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

by BITTIMES   

米商品先物取引委員会(CFTC)が、100倍のレバレッジをかけることができることで知られる大手仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)の調査を行なっていることがBloomberg(ブルームバーグ)の報道で明らかになりました。

こちらから読む:バフェットランチの新たな参加者が決定「仮想通貨」関連ニュース

アメリカ国民に「未登録」でサービス提供の可能性

BitMEX(ビットメックス)は、実際に保有している仮想通貨の数量よりも多い量の仮想通貨を取引することができる「レバレッジ取引」提供している仮想通貨取引所であり、"最大100倍"という世界的に見ても非常に高いレバレッジをかけて取引することができる取引所として知られています。

タックスヘイブン(租税回避地)としても知られるセーシェル共和国で登録を行い、香港やサンフランシスコに拠点を構えている同社は、メールアドレスだけで簡単に登録することができる取引所としても知られており、世界中に多くのユーザーを抱えています。

今回の報道によると、米商品先物取引委員会(CFTC)は「BitMEXが"CFTCに登録を行わずに"アメリカ国民に対して取引サービスを提供していた可能性」を調査しているとされており、それらの調査は数ヶ月間にわたって行われてきたと報じられています。BitMEXはCFTCに登録されていないため、米国民にサービスを提供していた場合は規則を違反していることになります。

ビットメックスのCEOであるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、今年1月に行われたインタビューの中で「同社は米国に住む人々向けのサービスを禁止しており、規則違反のユーザーを排除してはいるものの、一部のユーザーはVPN(バーチャルプライベートネットワーク)を使用することによって、居住国をごまかしてサービスを利用している可能性がある」ということを語っていました。

1日の取引量「7,000億円」仮想通貨市場にも影響か

BitMEXは、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
トロン(Tron/TRX)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
などといった主要な仮想通貨を取り扱っており、仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」のデータでは、同取引所における過去24時間の「XBT/USD」ペアの取引量は「約7,000億円」でランキング2位に位置付けられています。

今回のような調査は不正行為の疑惑につながらない可能性もあるとは言われているものの、ビットメックスでは膨大な量の仮想通貨が取引されているため、今回の調査で問題が発覚した場合には仮想通貨市場にも大きな影響が出る可能性もあると考えられます。現在も調査は続けられていると報じられていますが、この件に関する公式発表は行われておらず、CFTCとBitMEXはコメントを控えています。

仮想通貨の懐疑派として知られるNouriel Roubini(ヌリエル・ルビーニ)教授は、今月16日に「BitMEXは組織的な違法行為に公然と関与している」とも批判しているため、このような指摘がある中で米国側がビットメックスに対してどのような対応を取るかには注目が集まります。

2019年7月19日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、本日19日の昼頃に115万円近くまで回復したものの、その後はやや下落しており記事執筆時点では「1BTC=1,118,702円」で取引されています。

2019年7月12日〜2019年7月19日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月12日〜2019年7月19日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

ビットコインの希少価値、今後更に高まる「0.28BTC」を持てるのは世界でたった1%

ビットコインの希少価値、今後更に高まる「0.28BTC」を持てるのは世界でたった1%

イーサリアムブロックチェーン用いたスニーカー「Satoshi_one」発売:フランス・パリ

イーサリアムブロックチェーン用いたスニーカー「Satoshi_one」発売:フランス・パリ

リップル(XRP)世界184カ国で利用される金融アプリで「使用量No.1」を獲得:Uphold

リップル(XRP)世界184カ国で利用される金融アプリで「使用量No.1」を獲得:Uphold

仮想通貨取引所の安全性ランキング「Coinbase Pro」が1位に ー ICORating

仮想通貨取引所の安全性ランキング「Coinbase Pro」が1位に ー ICORating

国産有機ワイン×ブロックチェーンで「エシカル消費」の実証実験|トークン・DAppsも活用

国産有機ワイン×ブロックチェーンで「エシカル消費」の実証実験|トークン・DAppsも活用

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

BINANCE:南アフリカの法定通貨「ZAR」サポートへ

BINANCE:南アフリカの法定通貨「ZAR」サポートへ

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

コインチェックのNEM盗難事件で「初の逮捕者」日本在住の男性2人に不正交換の容疑

コインチェックのNEM盗難事件で「初の逮捕者」日本在住の男性2人に不正交換の容疑

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

BINANCE×Chiliz:FCバルセロナ提携記念「CHZプレゼントキャンペーン」開催

BINANCE×Chiliz:FCバルセロナ提携記念「CHZプレゼントキャンペーン」開催

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

NIKE:ブロックチェーン・RFID用いた「サプライチェーン管理」をテスト

NIKE:ブロックチェーン・RFID用いた「サプライチェーン管理」をテスト

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

人気のタグから探す