イーサリアムクラシックのハードフォーク予定日迫る。カリストとは?

by BITTIMES

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)のハードフォークが、3月2日頃に実行される予定です。これにより新たな仮想通貨 カリスト(Callisto/CLO)が誕生します。

カリスト(Callisto/CLO)はイーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)保有者に、1ETC につき 1CLO の割合で付与される予定となっています。このハードフォークは5500000ブロックに到達した段階で行われます。

カリスト(Callisto/CLO)とは?

カリスト(Callisto/CLO)とは、イーサリアムプロトコルを基盤とした独自の独立したブロックチェーンです。

Callisto (カリスト)ネットワークは、スマートコントラクト機能をベースに、ガバナンス・システムを確立することを目指す実験プロトコルです。
サイドチェーンとしてイーサリアムクラシックと Callisto (カリスト)ネットワークの両方のスケーラビリティを向上させることが可能です。

cold staking protocolの導入により、CLO ホルダーには一定の金銭的インセンティブが与えられます。

カリストネットワークでクロスチェーンサービスのコアを確立し、イーサリアムクラシックのチェーンでCallisto (カリスト)のスマートコントラクト機能を使用したり、イーサリアムクラシックのチェーン帯域幅を簡素化することができます。

カリスト(Callisto/CLO)の目的

カリストの主な目的はセキュリティを強化した自立的なブロックチェーンシステムを構築することです。これは、カリストのホワイトペーパーでも強調されています。
Callistoの開発者は、トークンの助けを借りてスマートコントラクトのセキュリティを向上させることができると考えています。

Ethereum Classicは現在、スマートコントラクトのハッキングの危険にさらされています。
この問題を改善すためにCLO開発者は、より強固なセキュリティを提供する正式なスマートコントラクト監査部門を作成する予定です。

CLO開発者に関する情報はかなり限られています。Githubのページによると「Dexaran」はCLOの開発者が過去に働いていたプロジェクトの名前です。それとは別に、これらの開発者に関する多くの情報はありません。

ハードフォークの予定日

ハードフォークの予定日は、5500000blockに到達した時点とされています。予定では 3月2日頃とされています。

ただあくまでもハードフォークされるのは 5500000blockに到達した時点なので、この日付は参考程度としてください。

ビットコイン取引量高 No.1 の仮想通貨取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)の画像イーサリアムクラシックも購入できる仮想通貨取引所 bitFlyer はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

二酸化炭素・温室効果ガスの削減に「仮想通貨報酬」を付与|ドイツ自由民主党が提案

二酸化炭素・温室効果ガスの削減に「仮想通貨報酬」を付与|ドイツ自由民主党が提案

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月12日〜18日

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月12日〜18日

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

ウクライナで進む「仮想都市計画」サトシ・ナカモトの記念碑が完成

ウクライナで進む「仮想都市計画」サトシ・ナカモトの記念碑が完成

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す