1万豪ドル以上「現金払い禁止」のオーストラリア、仮想通貨を除外した理由とは?

by BITTIMES   

オーストラリア政府は、新しい法律で「1万豪ドル(約75万円)を超える現金での支払い」を法律で禁止することを計画していますが、仮想通貨を含めた複数の"デジタル通貨"はこの法案が適用される通貨のリストから除外されています。この草案ではこれらの通貨を除外する理由として「イノベーションを妨げないようにするため」や「現時点でそれらの通貨が闇経済で使用されている証拠がないため」といったことが挙げられています。

こちらから読む:国内で"モノなしマルチ商法"が増加「仮想通貨」関連ニュース

成長段階にある「デジタル通貨の現状」を考慮

オーストラリアの財務省が先週発表した草案には「1万豪ドル(約75万円)を超える現金での支払いを法律で禁止する」ということが記されていますが、クレジットカードやデビットカード、仮想通貨などといった一部の"デジタル通貨"は制限されるリストから除外されています。

これらのデジタル通貨が除外されている理由としては「現在同国で発展途上の段階にあるデジタル通貨の成長を阻害しないようにするため」だと説明されています。

"デジタル通貨"はオーストラリア経済における新しい発展途上の分野です。それらの通貨は"物理的な通貨"とは違い、しっかりと確立された規制枠組みや業界構造を持っていません。

このような状況の中で、オーストラリアでのデジタル通貨の使用を妨げたり、業界のイノベーションを阻害したりしないように現金支払い限度額を設定することは困難です。

オーストラリアはキャッシュレス化が進んでいる国の一つであり、仮想通貨決済仮想通貨ATMの導入が進んでいるほか、ブロックチェーンや仮想通貨に関する授業を実施するなど、これらの技術を取り入れていく姿勢を見せていることで知られています。

闇経済での使用など「違法行為」は継続的に監視

またその他の理由としては「現時点でデジタル通貨が闇経済で使用されているという証拠はほとんどない」ということも挙げられています。今回の草案は「デジタル社会への移行を促進し、脱税などの違法行為を取り締まるためのもの」であるため、取引履歴などの情報がしっかりと記録されるデジタル通貨は脱税対策としても有効だと考えられます。

実際にこの草案では、デジタル通貨を現金支払い限度額から除外するだけでなく、それらの通貨を継続的にしっかりと監視していくということも強調されています。

「デジタル通貨がオーストラリアの闇経済で使用されている」という証拠は今のところほとんどありません。政府は、これを考慮した上で「現時点では現金支払い限度額からデジタル通貨を除外する」ということを決定しました。

「デジタル通貨での支払いを除外する」という決定が適切であることを証明するために、これらの通貨は継続的に監視下に置かれることになるでしょう。

オーストラリアでは仮想通貨を健全に普及させていくための取り組みが進められており、同国の証券監視機関である「オーストラリア証券投資委員会(ASIC)」は、今年5月にイニシャル・コイン・オファリング(ICO)と仮想通貨の分類の合法性を明確にするためのガイドラインを発表しています。

観光地としても有名なオーストラリアは世界中から旅行者が訪れる国でもあるため、世界中で使用できる仮想通貨を今後も積極的に受け入れていくのではないかと期待されます。

>>「オーストラリアの現金使用制限草案」はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

ビットコイン:取引量・ウォレット・関心が「過去最高値」に到達|1BTC=3,000万円予想も

ビットコイン:取引量・ウォレット・関心が「過去最高値」に到達|1BTC=3,000万円予想も

ビットフライヤー「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始【日本国内初】

ビットフライヤー「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始【日本国内初】

Ford:ブロックチェーンで「児童労働問題」に対処|コバルトのサプライチェーン追跡へ

Ford:ブロックチェーンで「児童労働問題」に対処|コバルトのサプライチェーン追跡へ

BITMAXで「銀行口座からの入出金」が可能に【LINEの仮想通貨取引サービス】

BITMAXで「銀行口座からの入出金」が可能に【LINEの仮想通貨取引サービス】

日本政府、仮想通貨による「国税納付」について閣議決定

日本政府、仮想通貨による「国税納付」について閣議決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

コインチェックNEM流出事件:不正交換容疑で「医師・会社役員など約30人」を摘発

コインチェックNEM流出事件:不正交換容疑で「医師・会社役員など約30人」を摘発

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

NEM「FIN/SUM 2021」参加へ|日本マーケティングで日経産業広告社と提携

NEM「FIN/SUM 2021」参加へ|日本マーケティングで日経産業広告社と提携

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す