仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

by BITTIMES

Facebook(フェイスブック)が、仮想通貨「Libra(リブラ)」の発行が延期または中止になる可能性があることを認めていることが米国証券取引委員会(SEC)に提出された書類で明らかになりました。「現在の規制状況」や「Libraに求められている要件」を踏まえて考えると、発行が延期になる可能性は極めて高いと予想されます。

こちらから読む:Facebookの仮想通貨「Libra」とは?基本情報と関連ニュース

「規制対応によるコスト上昇」や「評判悪化」のリスク

Facebook(フェイスブック)は、仮想通貨Libra(リブラ)を2020年前半に発行する予定であることを発表していましたが、その後は世界各国の政治家や規制当局などから、
・既存の経済システムを脅かす可能性があること
・資金洗浄などに悪用される可能性があること
・個人情報の流出などの可能性があること
といった、複数の懸念の声があがっていました。

Facebook側は「これらの懸念に対処し、各国の規制に準拠した上で仮想通貨を発行する」という意思を語っていましたが、一部の政治家からは"大手IT企業による通貨発行自体を禁止にすべきだ"といった意見も出ていました。

同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した文章には「Libraに対するこのような厳しい監視は今後も続くことが予想されるため、それらの規制に対応することによってコストが膨らむほか、批判を受けるたびに評判が悪くなるリスクもあり、場合によっては立ち上げること自体ができない可能性もある」といった内容が記されています。

このイニシアチブが発展するにつれて、当社は支払い、金融サービス、およびマネーロンダリング防止の管理を含む、米国および国際的な管轄区域におけるさまざまな法律および規制の対象となる可能性があります。

多くの管轄区域では、これらの法律や規制の適用・解釈、特にブロックチェーンやデジタル通貨に適用される法律や規制が明確ではありません。

これらの法律や規制、および関連する問い合わせや調査によって、仮想通貨Libraの発売やサービスの開発が遅れたり、運営コストが上昇したり、多大な管理時間と注意が必要になったりする場合があります。さらにそのような通貨に対する市場の受け入れは、深刻な不確実性の影響を受けます。

そのため、Libraや当社の関連製品およびサービスが予定通りに立ち上げられるという保証はどこにもありません。もしくは全く立ち上がることはないかもしれません。

Libra発行は「延期」の可能性大?

FacebookのCEOであるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏は先日、同社が「サービスの構築方法」や「会社の運営方法」に大きな変更を加えたということを説明しており、プライバシー保護に注力しつつ、すべての懸念に対処するために規制当局と協力するということを語っていました。

しかし、仮想通貨に対する規制内容にばらつきがある現在の状況下で、それら全ての規制に従おうとするならば、当初予定されていたサービスの内容にも大幅な変更を加えなければならない可能性もあるため、今後はうまくバランスをとりながらサービスを構築していく必要があると考えられます。

これまでに報告されている懸念点などを踏まえて考えると、Libraは「プライバシーを保護しつつ、マネーロンダリングなどの懸念に対処し、金融の安定性を損なわないようにしながら、世界中で利用できる価値の安定した仮想通貨」を目指して、各国の規制当局から特に厳しい監視を受けながらサービスを展開していく必要があることになると考えられます。

仮想通貨規制の国際的な基準については現在話し合いが行われている段階でもあるため、現実的に考えると現在求められている全ての要件を満たしてLibraを発行するまでには、当初の予定よりも長い時間がかかる可能性が高いと考えられます。

>>「FacebookがSECに提出した書類」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

John McAfee & Bitfi:セキュリティカンファレンスで「最も酷いで賞」を受賞

John McAfee & Bitfi:セキュリティカンファレンスで「最も酷いで賞」を受賞

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

BINANCE:中国ドメイン「.cn」のウェブサイト公開

BINANCE:中国ドメイン「.cn」のウェブサイト公開

Square:ビットコイン「1億7,000万ドル相当」を追加購入|合計投資額は2.2億ドルに

Square:ビットコイン「1億7,000万ドル相当」を追加購入|合計投資額は2.2億ドルに

注目度の高い仮想通貨ニュース

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

Huobi Japan:紹介者・友人両方にBTCプレゼント「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:紹介者・友人両方にBTCプレゼント「お友達紹介キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

PayPal:仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄に対応

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す