日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

by BITTIMES

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)を運営している「マネックスグループ」の松本 大(まつもと おおき)社長は、本日26日に開かれた「2019年4〜6月期決算説明会」の記者会見で、Facebook(フェイスブック)が発表した仮想通貨「Libra(リブラ)」の主体である「リブラ協会」に参加するために申請を行なっていることを明らかにしました。

こちらから読む:マネックスグループが参加を申請した「Libra」とは?

マネックスの申請結果「9月末」には判明する見通し

Libra協会には「VISA・MasterCard・Coinbase・PayPal」などといった大手企業30社近くが参加する予定であることが明らかにされていましたが、これらの企業の中に日本企業は含まれていないため、マネックスグループが参加することになれば"日本初"の事例となります。

松本社長はすでに「Libra協会」に参加するための申請を行なっていることを明らかにしていますが、協会に参加するためには
・市場規模10億ドル以上、または顧客によるキャッシュフローが5億ドル以上
・年間利用者が2,000万人以上
・FortuneやS&Pなどの第三者機関から「業界トップ100以内の企業」として認定されていること
といった条件の2つ以上を満たす必要がある他、最低1,000万ドル(約11億円)相当の「Libra Investment Token(リブラ・インベストメント・トークン)」を購入しなければならないなどの厳しい基準を満たす必要があるため、これらの基準について同氏は「しっかりと考える」と語っています。

実際にリブラ協会に参加できるかどうかは8月末までに終了する"一次審査"を終えた後に、9月末までには判明する見通しだと伝えられていますが、現在はLibraに関する様々な議論が行われている段階であるため、予定通りには進まない可能性もあると伝えられています。

仮想通貨「Libra」には大きな可能性:松本社長

LibraやFacebookに対しては批判的な意見も多く出ており、先日はFacebookが「ユーザーの個人情報流出」や「数年前に起きたデータ漏えい」に関する問題で50億ドル(約5,400億円)の罰金を支払うことに同意したことも報告されていますが、松本社長は今回の説明の中で『私はLibraは大きな可能性を持っていると思うので、前向きに考えたい』と語っています。

FacebookのCEOであるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏は先日、同社が「サービスの構築方法」や「会社の運営方法」に大きな変更を加えたということを説明しており、InstagramやFacebookなどで「Libra」を利用できるようにする計画があることも語っているため、協会に新しく参加する企業も含めて今後の「Libra」の動きにはさらに注目が集まります。

マネックスグループが運営している仮想通貨取引所Coincheckの登録はこちらからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨規制に関わる改正資金決済法、施行日は「5月1日」に=内閣官報

仮想通貨規制に関わる改正資金決済法、施行日は「5月1日」に=内閣官報

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「MoriX Wallet Card」発売へ|仮想通貨7銘柄に対応

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「MoriX Wallet Card」発売へ|仮想通貨7銘柄に対応

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

BMW Group:ブロックチェーンで「サプライチェーンの透明性」確保へ

BMW Group:ブロックチェーンで「サプライチェーンの透明性」確保へ

強気派Brian Kellyが語る「ビットコイン市場の懸念点」今後価格はどう動くのか?

強気派Brian Kellyが語る「ビットコイン市場の懸念点」今後価格はどう動くのか?

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

SBI×Securitize:デジタル証券発行・管理プラットフォームを「sbiwallet」に統合

SBI×Securitize:デジタル証券発行・管理プラットフォームを「sbiwallet」に統合

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す