ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は2019年7月30日に、同社の「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)」に東京大学と京都大学が参加したことを発表しました。両大学では、すでにブロックチェーン仮想通貨(暗号資産)に関する研究が行われていると報告されています。

こちらから読む:DMM Bitcoinでも"XRP"が取引可能に「Ripple/XRP」関連ニュース

リップル社が「東京大学・京都大学」の研究を支援

Ripple社の「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)」は、世界でもトップクラスの大学と提携して、研究・カリキュラム開発・会議やイベント・奨学金などの面をサポートしており、提携している大学はそれぞれ独自のテーマに焦点を当てて研究を行なっています。

これらの研究に対して財源を提供するとともに、必要に応じて専門知識や技術的資源を提供することによって大学を支援しているリップル社は、東京大学と京都大学でもすでに「ワークショップの開催」や「研究プロジェクトへの資金提供」などを開始しており、ブロックチェーン関連の研究に取り組んでいる学生も複数存在すると報告されています。

京都大学では「移民労働者への送金・難民のデジタルID管理・京都伝統産業のサプライチェーン管理」などにブロックチェーン技術を活用するための研究が行われていると説明されています。

また、東京大学経済学部では「ブロックチェーンや決済に関する一般市民向けの公開セミナー」が開催されており、学部内の教授たちは「金融システムの発展・規制に関する枠組み・金融業界における技術活用の監督」などといった関連トピックに関する研究にも取り組んでいるとされています。東京大学はこの他にも、次世代のイノベーターを育成する取り組みの一環として研究に参加した学生に奨学金を提供することも計画しているとのことです。

日本の大学「仮想通貨・ブロックチェーン」に高い関心

Ripple社のグローバル事業を担当している吉川 絵美(よしかわ えみ)氏は、日本の大学は仮想通貨やブロックチェーンに対して高い関心を持っていると語っています。

日本は暗号資産とブロックチェーンの分野で急速に牽引役となりつつあります。私たちはブロックチェーンと仮想通貨に関する話題に学術界から高い関心を寄せています。

Rippleは、ブロックチェーン・分散型コンピューティング・バンキング・フィンテックなどの分野で、将来を切り開いていく原動力となれるように学生たちを支援しています。

東京大学と京都大学が参加したことによって、Ripple社の「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)」に参加する大学は世界14カ国に点在する合計33校となりました。

Ripple社はUBRIのパートナーを順調に増やしており、今年2月には中国の習近平(シュウ・キンペイ)国家主席の母校でもある「清華大学」を含む11校と提携したことも報告されています。

>>「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ」の詳細はこちら

2019年7月31日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月17日に32円台まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年7月31日時点では「1XRP=34.54円」で取引されています。

2019年7月1日〜2019年7月31日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月1日〜2019年7月31日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano:データ保護重視のサイドチェーン「Midnight」開発ネットでまもなくローンチ

Cardano:データ保護重視のサイドチェーン「Midnight」開発ネットでまもなくローンチ

顔認証レンタカーサービスに「ブロックチェーン技術」活用:中国Alipay

顔認証レンタカーサービスに「ブロックチェーン技術」活用:中国Alipay

ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱開始|取引手数料無料キャンペーンも

ブロックチェーンで飛行データ管理「商業用ドローンビジネス」の実現を目指す:Red Cat

ブロックチェーンで飛行データ管理「商業用ドローンビジネス」の実現を目指す:Red Cat

暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

アバランチ財団「支援するコミュニティコインの選定基準」を発表

アバランチ財団「支援するコミュニティコインの選定基準」を発表

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

危険なWeb3取引を事前通知「KEKKAIのモバイルアプリ」が登場|ポイント機能も搭載

危険なWeb3取引を事前通知「KEKKAIのモバイルアプリ」が登場|ポイント機能も搭載

Bitwise:現物ビットコインETF「BITB」のウォレットアドレス公開【米国初】

Bitwise:現物ビットコインETF「BITB」のウォレットアドレス公開【米国初】

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す