リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

by BITTIMES

Ripple(リップル)社が2015年に提唱したインターレジャープロトコル(InterLeger Protocol/ILP)と呼ばれる技術や、仮想通貨XRPによる収益化を図ることができるサービスであるCoil(コイル)を統合した"プライバシー重視型のウェブブラウザ"である「Puma Browser(プーマ・ブラウザ)」がApp StoreでiOS端末向けにリリースされました。

こちらから読む:DMM Bitcoinがキャンペーン開催中「Ripple/XRP」関連ニュース

広告を排除したブラウザアプリ「Puma Browser」

Puma-Browser-app

Puma Browser(プーマ・ブラウザ)は、プライバシーを重視したWebブラウザであり、インターネットを閲覧している際に表示される広告などを排除することによって、よりスムーズなブラウジングを実現しています。

インターネット関連のサービスは「広告収入」がメインとなっている場合が多いため、これまでのブラウザはウェブサイト上にも複数の広告が表示され、ユーザーの好みにあった広告などを表示するために一定のユーザー情報を取得するのが一般的でした。

このブラウザは、そのような広告表示や追跡などを排除することによって、ユーザーが求めているコンテンツに集中できる環境を提供しています。

広告表示がなくなることによってウェブサイト運営者は収入源が減ってしまうことになりますが、「Puma Browser」は仮想通貨「エックスアールピー(XRP)」で収益化を測ることができるサービスである「Coil(コイル)」を標準搭載することによって、この問題に対処しています。

元Ripple社CTO、Stefan Thomas氏も祝福

2019年4月の発表以降、複数のアップデートを重ねてきたという「Puma Browser」は、先日17日に「App Store」で正式にアプリがリリースされたことを発表しました。

この発表にはRipple社でCTOを務めていた経歴を持ちながら、Coilの創設者でもあるStefan Thomas(ステファン・トーマス)氏も祝福のコメントを送っています。

iPhoneユーザーに朗報です。Coilにサポートされた初のフルブラウザが「App Store」に登場しました。
PumaBrowserに祝福を送ると共に、これを実現するための多大な努力に感謝します👏

プーマブラウザは日本の「App Store」でもダウンロードすることができますが、今のところは英語のみの対応となっているため、アプリの設定画面などは英語での表記となります。しかしながら「Puma Browser」の公式サイトは日本語にも対応しているため、今後開発が進むことによって日本語に対応していくことにも期待が持てます。

仮想通貨ブロックチェーンに対応したブラウザアプリは急速に増加してきているため競争も激化してきていますが、XRPに焦点を当てたWEBブラウザは「Puma Browser」が初であるため、今後はXRPを支持している多くの人々に愛用されていくことになると予想されます。

>>「Puma Browser」の公式サイトはこちら
>>「Puma Browser」のiOS版アプリはこちら

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase Custody「Cardano/ADA」のステーキング対応へ|年内上場の可能性も

Coinbase Custody「Cardano/ADA」のステーキング対応へ|年内上場の可能性も

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

前澤友作氏:暗号資産交換業大手の幹部らと「電子決済関連の新事業」立ち上げへ

前澤友作氏:暗号資産交換業大手の幹部らと「電子決済関連の新事業」立ち上げへ

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

暗号資産取引所FTX「トークン化された株式」の取引サービス提供へ

暗号資産取引所FTX「トークン化された株式」の取引サービス提供へ

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す