仮想通貨マイニングを行うNBAバスケットチーム|Sacramento Kings

by BITTIMES   

イーサリアム(ETH)マイナー(採掘者)でもあるNBAのバスケットチーム「Sacramento Kings(サクラメント・キングス)」は、マイニング(採掘)によって得られた利益で慈善活動に取り組んでいます。最先端技術を積極的に導入している彼らの取り組みの一部を紹介します。

こちらから読む:マイニング(採掘)とは?仕組みを初めから丁寧に

Sacramento Kings(サクラメント・キングス)とは

sacramento-kings

Sacramento Kings(サクラメント・キングス)は、アメリカのカリフォルニア州サクラメントを拠点とする全米プロバスケットボール協会(NBA)のチームです。ウェスタン・カンファレンス、パシフィック・ディビジョンに所属しています。

彼らがサクラメントに所有するアリーナ「Golden 1 Center(ゴールデン1センター)」では、独自の利点を生かした画期的な方法で仮想通貨のマイニングが行われており、それによって得られた利益はテクノロジーの発展や社会問題の改善に取り組むための慈善活動資金として運用されています。

イーサリアム(ETH)で取り組む慈善活動

サクラメント・キングスは「MiningForGood」と呼ばれる慈善事業を立ち上げており、ゴールデン1センター内で、MiningStoreの『Imperium(インペリウム)』と呼ばれるマシンを使用してイーサリアム(ETH)のマイニングを行なっています。

このマイニングによって得られた利益は「MiningForGood」の慈善活動に利用されており、技術教育プログラムの奨学金制度の一部として使用される他、警察の手によって未武装の黒人が殺害された事件を受けて設立された「Build.Black」運動の人材確保などに利用されています。

Sacramento Kingsのオーナー兼会長であるVivekRanadivé(ヴィヴェク・ラナディブ)氏は、MiningForGoodを通して人材育成や、世界各地で起こる"新たな時代"への変化に向けた取り組みを支援していくという強い意志を語っています。

私たちは"MiningForGood"を通じて、人材の育成や訓練を支援するための資金を調達するだけでなく、次世代の変革者や思想家に地域社会や世界各地での変化を起こすよう促すことを目指しています。

太陽光発電を導入する世界有数のアリーナ

golden-1

サクラメント・キングスは、明るい未来を創造するためにテクノロジーがどれほど役立つかを探求し続けています。サクラメント・キングズが所有する「ゴールデン1センター」は、世界で最も技術的に優れたアリーナの一つであり、その設備は100%太陽光エネルギーによって運営されています。

この太陽光発電によって得られた電力を用いて行われるイーサリアム(ETH)マイニングなどの画期的なプロジェクトについて、サクラメント・キングズの最高技術責任者(CTO)であるRyan Montoya(ライアン・モントーヤ)氏は次のように述べています。

ゴールデン1センターに高度なデータセンターとインフラストラクチャを導入することで、ファンが私たちのチームや会場とどのように交流しているかを再定義し、一人一人のために最適化された理想的なコミュニケーションが可能なサービスを創造しました。

私たちは、自らの技術の可能性を広げることによって、私たちのコミュニティに大きな変化をもたらすより良いパートナーをサポートすることができます。

ブロックチェーン技術を推す最先端チーム

サクラメント・キングスは、彼らのチームが仮想通貨のマイニングを行う初めてのスポーツチームであると説明しています。常に最先端テクノロジーに目を向けている彼らは、仮想通貨の技術だけでなく、Twitter(ツイッター)やGoogle Glassを使ったライブストリーミング配信やドローン技術なども早い時期から取り入れています。

そんなサクラメント・キングスのアリーナには、太陽光発電以外にも魅力的な施設やサービスが数多く導入されており、来場者たちはバスケットの試合を楽しむだけでなく、魅力的なテクノロジーを数々を実際に体感することができます。

モントーヤ氏は「ブロックチェーンが世界に革命を起こすことはわかりきっている」と述べており、これらの技術を取り入れていく活動が、他のチームでも行われるべきだと主張しています。

サクラメント・キングスの仮想通貨に関する取り組みはイーサリアムのマイニングから始まった訳ではありません。彼らのチームは、2014年にビットコイン(BTC)を導入した最初のスポーツチームでもあります。またこの他にも、2016年にはテクノロジースタートアップのためのコンテストなどの支援も行っています。

バスケット業界では、仮想通貨やブロックチェーンの技術を取り入れているチームは限られていますが、サクラメント・キングスが展開する様々な活動やサービスを見ていると、今後はバスケット業界でもブロックチェーンなどの技術を活用するケースが増えてくる可能性は十分あると言えるでしょう。

仮想通貨やブロックチェーンの技術は、その他のスポーツ業界でも幅広く導入され始めています。サッカー野球などの業界における活用事例も複数紹介しているので、こちらの記事も合わせて読んでみてください。

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

中国初の「ブロックチェーンETF」を申請:大手資産管理会社Penghua Fund

中国初の「ブロックチェーンETF」を申請:大手資産管理会社Penghua Fund

マイニングマシン「100万台」が再稼働?ビットコイン半減期に向け準備:中国

マイニングマシン「100万台」が再稼働?ビットコイン半減期に向け準備:中国

人気のDAppsゲーム「EtherGoo」がトロン(TRON/TRX)ブロックチェーン上に移行

人気のDAppsゲーム「EtherGoo」がトロン(TRON/TRX)ブロックチェーン上に移行

Steve Wozniak:仮想通貨とブロックチェーンの未来を語る|米暗号サミット登壇決定

Steve Wozniak:仮想通貨とブロックチェーンの未来を語る|米暗号サミット登壇決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン認証された「ジャージ・ユニフォーム」を導入:ACFフィオレンティーナ

ブロックチェーン認証された「ジャージ・ユニフォーム」を導入:ACFフィオレンティーナ

仮想通貨・ブロックチェーン業界団体「2020年の年頭所感」公開

仮想通貨・ブロックチェーン業界団体「2020年の年頭所感」公開

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

Gemini:仮想通貨の保険会社「Nakamoto」を新設|世界最大の補償額を提供

Gemini:仮想通貨の保険会社「Nakamoto」を新設|世界最大の補償額を提供

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

脱税・サイバー犯罪特定に向け「仮想通貨取引の分析ツール」導入へ:英国歳入関税庁

脱税・サイバー犯罪特定に向け「仮想通貨取引の分析ツール」導入へ:英国歳入関税庁

Craig Wright氏の弁護士:ビットコインの秘密鍵「まだ入手していない」と説明

Craig Wright氏の弁護士:ビットコインの秘密鍵「まだ入手していない」と説明

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

Tron財団:2020年元旦「330億TRX」ロック解除へ

Tron財団:2020年元旦「330億TRX」ロック解除へ

BINANCE:抽選で「約1万円相当のBNBがもらえる」キャンペーン開催

BINANCE:抽選で「約1万円相当のBNBがもらえる」キャンペーン開催

アメリカがん協会「ビットコインによる寄付」を受け入れ

アメリカがん協会「ビットコインによる寄付」を受け入れ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す