FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

by BITTIMES   

米国の連邦準備制度理事会(FRB)は2019年8月5日、連邦準備銀行が米国でより素早く支払いを行えるようにするために「FedNow(フェドナウ)」と呼ばれる"24時間リアルタイム決済サービス"を開発すると発表しました。

仮想通貨業界からはこの発表に対して"ビットコイン(Bitcoin/BTC)"の存在を強調するコメントが寄せられています。

24時間365日リアルタイム決済技術「FedNow」

連邦準備制度理事会(FRB)が発表した「FedNow(フェッドナウ)」は、全国のあらゆるコミュニティ、あらゆる規模の銀行が顧客に"24時間365日年中無休"でリアルタイム決済を提供するための手段になると伝えられています。しかし、初めのうちは25,000ドル(約265万円)までという上限があるとも伝えられています。

FRBはこのシステムが立ち上がることによって「個人や企業に経済的利益をもたらすことができる」と説明しています。現在は決済システムをより効果的なものにするために「新しいサービスをどのように設計するか」についてのコメントを求めており、2023年〜2024年頃には立ち上げられる予定だと伝えられています。

FRBはアメリカの中央銀行制度である「連邦準備制度」の最高意思決定機関であり、"ドル紙幣発行"の実権を握っている重要な機関でもあるため、今回の発表は世界的に大きな注目を集めていますが、仮想通貨業界からは「ビットコイン(BTC)」のような通貨がすでに存在していると指摘する声も出ています。

仮想通貨関係者「ビットコインは既に利用できる」と指摘

暗号資産管理会社「Morgan Creek Digital Assets(モルガンクリークデジタルアセット)」の共同設立者であるAnthony Pompliano(アンソニー・ポンプリアーノ)氏は、このニュースに対して『ビットコインはすでに利用可能だ』という短いツイートを投稿し、短時間で1,500件以上の"いいね"を獲得しています。

また、米国の資産運用会社「VanEck(ヴァンエック)」の子会社である「MV Index Solutions」のデジタル資産戦略ディレクターであるGabor Gurbacs(ガバー・ガーバックス)氏は次のようなツイートを投稿し、ビットコインの利点を考慮すべきだと語っています。

FRBがデジタル資産と決済の革新に対して、前向きで賢明な姿勢をとっていることは素晴らしいことです。私は、機能的で信頼性があるビットコインの利点を考慮することをお勧めします。

仮想通貨業界では「FRBがドル発行の権利を握っている」ということに反対している人物も多いため、今回の発表に対して批判的な意見も多々見られています。

しかし、分散型台帳技術や仮想通貨XRP(エックスアールピー)を活用した国際送金サービスを提供しているRipple(リップル)社のような企業は、FRBのプロジェクトに貢献する立場をとっており、2015年6月に連邦準備制度の「Faster Payments Task Force運営委員会」に選出されたことを発表しています。

"支払いを高速化する"という点に関しては、全ての企業・銀行・政府機関で意見が一致していますが、通貨発行の仕組みやその管理方法に関しては大きく意見が分かれているため、今後は「どのような支払いシステムが人々に選ばれていくか」にも注目しておく必要があると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エルサルバドル:抗議デモ参加者が「ビットコインATM」を破壊

エルサルバドル:抗議デモ参加者が「ビットコインATM」を破壊

NTTドコモが「投資分野」に本格参入|STOなどの次世代金融商品も取り扱い

NTTドコモが「投資分野」に本格参入|STOなどの次世代金融商品も取り扱い

人気ゲームブックを「ブロックチェーン版」にリニューアル|Microsoftなどが共同開発

人気ゲームブックを「ブロックチェーン版」にリニューアル|Microsoftなどが共同開発

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

ブロックチェーンで「ファン参加型」チーム運営へ:West Ham United FC ー ロンドン

ブロックチェーンで「ファン参加型」チーム運営へ:West Ham United FC ー ロンドン

Coinbase「グローバル市場向けの暗号資産デリバティブ取引所」を発表

Coinbase「グローバル市場向けの暗号資産デリバティブ取引所」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す