FRBの決済技術「FedNow」はリップル(XRP)の脅威になるのか?

by BITTIMES

連邦準備制度理事会(FRB)が2019年8月5日に発表したリアルタイム決済技術「FedNow(フェッドナウ)」は、仮想通貨業界でも大きな注目を集めました。一部ではこの技術が「リップル(Ripple/XRP)に悪影響を与える」と考える意見も出ていますが、その可能性は低いと反論する意見が多く報告されています。

こちらから読む:FRBが発表した決済システム「FedNow」とは?

FedNowが「Ripple/XRP」に与える悪影響に関心

連邦準備制度理事会(FRB)は先日5日、24時間365日リアルタイムで送金を行うことができる新しい決済サービス「FedNow(フェッドナウ)」を構築すると発表しました。

FRBのLael Brainard(ラエル・ブレイナード)氏は、「FedNowのイニシアチブを実施することによって、全国の銀行および国際送金会社の全体的なパフォーマンスを向上させることができる」と説明しています。FRBは米ドルの通貨発行権を握っている重要な機関でもあるため、このニュースは大きな話題となりました。

しかしその一方では、FedNowという新しい決済サービスが「Ripple(リップル)社が提供する国際送金サービス」や「仮想通貨エックスアールピー(XRP)のユーティリティ」に悪影響を与える可能性があると懸念する意見も見られており、Google検索でも「FedNow」と「Ripple」の組み合わせで検索を行なっているユーザーが複数存在することが報告されています。

Fed Nowに対するリップラーの反応は興味深い。

(少なくとも一部の)XRP保有者が興奮をしていることは明らかです。Google検索で確認してください。FUD(恐怖、不安、疑念)を広めようとしている訳ではありませんが、これがどのように機能するか楽しみです。

これに注意を向けてくれたFluidFluxationに感謝します。

Ripple(XRP)とFedNowに注意を向けている人々は、Ripple社の国際送金ソリューションや仮想通貨XRPは「銀行間・個人間で世界中にいつでも気軽に安い手数料で送金を行うことができる」ということを大きな特徴としているため、FedNowと競争する可能性があると考えているようです。

「リップルの脅威にはならない」業界からの反論

FedNowがRipple(XRP)を脅かすという意見に関しては、様々な反論が出ています。まず始めに、FedNowには初期の制限として25,000ドル(約265万円)という上限設定が設けられているため、送金額にも大きな差があると指摘されています。

また「FedNow」が実際に立ち上げられるのは2023年〜2024年頃だと発表されているため「それまでにはRipple社とXRPが市場で大きなシェアを獲得し、主流の決済手段として利用されるようになっているはずだ」といった意見も見られます。

さらにRipple社は連邦準備制度(FRS)の「Faster Payments Task Force運営委員会」のメンバーでもあり、同社の事業開発チームで研究責任者を勤めているRyan Zagone氏は2015年に運営委員会のメンバーとして選出されています。またRipple社は2017年7月に連邦準備制度のタスクフォースに同社が貢献していることも発表しています。

このようなことを踏まえて考えると、FedNowの立ち上げによってRipple(XRP)に悪影響が及ぶ可能性は極めて低いと考えられます。FedNowの発表は、FRBのような組織でさえも"既存の決済システムに満足していない"ということを示しているため、XRPなどの仮想通貨の重要性を裏付けるものであるとも言えます。

2019年8月8日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月17日に32円近くまで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年8月8日時点では「1XRP=33.08円」で取引されています。

2019年7月9日〜2019年8月8日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月9日〜2019年8月8日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産市場、次の「急成長ポイント」は?CARDANO創設者が注目する価格上昇の起爆剤

暗号資産市場、次の「急成長ポイント」は?CARDANO創設者が注目する価格上昇の起爆剤

ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

Bithumb:分散型取引所(DEX)のサービス開始「手数料無料・エアドロップ」イベントも

Bithumb:分散型取引所(DEX)のサービス開始「手数料無料・エアドロップ」イベントも

ブロックチェーンで「信用組合ネットワーク」構築へ|IBMとCULedgerが提携

ブロックチェーンで「信用組合ネットワーク」構築へ|IBMとCULedgerが提携

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

Braveブラウザ:仮想通貨BATの「出金機能」追加へ|開発者向けに提供開始

Braveブラウザ:仮想通貨BATの「出金機能」追加へ|開発者向けに提供開始

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

ノルウェー最大の格安航空会社「仮想通貨決済」導入を計画|今後数カ月以内には開始か

ノルウェー最大の格安航空会社「仮想通貨決済」導入を計画|今後数カ月以内には開始か

Galaxy S10などに仮想通貨の「市場分析・価格予想」アプリを追加:SAMSUNG

Galaxy S10などに仮想通貨の「市場分析・価格予想」アプリを追加:SAMSUNG

イーサリアムウォレット「MetaMask」スマホ向けアプリ・ベータ版を公開

イーサリアムウォレット「MetaMask」スマホ向けアプリ・ベータ版を公開

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

Bianace Jersey:公式Twitterハッキングされる→ハッカーに「報奨金」を授与

Bianace Jersey:公式Twitterハッキングされる→ハッカーに「報奨金」を授与

仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

BINANCE CEOが「米国ユーザー除外」を決断した理由とは|仮想通貨規制では日本を賞賛

BINANCE CEOが「米国ユーザー除外」を決断した理由とは|仮想通貨規制では日本を賞賛

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す