ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は「今週中に160万円に達する可能性がある」とも言われていましたが、先日6日以降は下落傾向が続いているため今後の動きには注目が集まっています。ビットコインがこれからどちらに進むかは定かではないものの、仮想通貨業界で有名なアナリストたちは「決着の時は近づいている」と語っています。

こちらから読む:著名アナリストたちは"上昇"を予想「ビットコイン」関連ニュース

三角保ち合いのパターン形成「決着の時」は近い

ビットコイン価格は、今月6日に130万円付近から大幅に反発した後は下落傾向が続いており、その後もこの価格帯を突破することができない状態が続いています。本日早朝には約122万円から127万円近くまで回復したものの、今のところ抵抗線は超えきれておらず、記事執筆時点では「1BTC=約126万円」で取引されています。

仮想通貨業界で人気のアナリスト達は、現在のビットコインは"今後の方向性を決定する重要ポイント"に近づいてきていると語っており、今後数時間の動きに注目しています。

Twitterで1万6,000人のフォロワーを持つ仮想通貨トレーダーのJonny Moe氏は先日8日の23時頃に、ビットコインが三角保ち合いの状態にあることを示す画像を投稿し、『決着の時は近い』とシンプルなツイートを投稿しています。

Jonny Moe氏が掲載している画像では、9日〜10日頃にトレンドラインが交差しており、その時の価格は12,000ドル(約127万円)ほどとなっています。現在の価格はこの金額をやや下回っているため、依然として下落の可能性は残されていると考えられます。

同じくTwitterで人気の仮想通貨トレーダーであるThe Cryptomist氏も、本日9日の午前0時頃に同様のツイートを投稿しており「ビットコインの4時間足の保ち合いは8時間以内に決着する」と語っていました。

同氏は価格上昇を続けるためには、ビットコイン価格がその時までに11,510ドル(約122万円)以上を維持しておかなければならないと語っていました。

昨日は日足の抵抗線を下回りませんでしたが、下落傾向は続いています。

この4時間足の三角保ち合いは8時間以内に決着します。
強気派は11,510ドル(約122万円)以上を保つ必要があります。
弱気派はその価格を下回る必要があります。

結果的に本日朝8時時点のBTC価格は125〜127万円となっていたため、現在も上昇傾向が続いていますが、未だに下落傾向は見られているため今後の動きには注意が必要です。

「ビットコインが最終的にどちらの方向に進むか」については今のところはっきりとしていませんが、多くのアナリスト達は今後1〜2日ほどの間にはその方向性が明確になる可能性が高いと考えています。

2019年8月8日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、本日9日の午前9時頃に127万円付近から一時的に下落したものの、今のところそれほど大きな下落は見られておらず、記事執筆時点では「1BTC=1,260,181円」で取引されています。

2019年7月12日〜2019年8月9日 BTC/JPYの4時間足チャート(画像:bitbank)2019年7月12日〜2019年8月9日 BTC/JPYの4時間足チャート(画像:bitbank)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「2020年東京オリンピック」におけるブロックチェーン活用方法を模索:国際検査機関(ITA)

「2020年東京オリンピック」におけるブロックチェーン活用方法を模索:国際検査機関(ITA)

Starbucks:ブロックチェーン用いた「コーヒー豆のトレーサビリティツール」導入

Starbucks:ブロックチェーン用いた「コーヒー豆のトレーサビリティツール」導入

【NEM高騰】ワールドカップのホテル建設に新ブロックチェーン「Symbol」活用へ

【NEM高騰】ワールドカップのホテル建設に新ブロックチェーン「Symbol」活用へ

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

日本暗号資産取引業協会:取引所の統計情報「2018年9月〜2020年2月版」を公開

日本暗号資産取引業協会:取引所の統計情報「2018年9月〜2020年2月版」を公開

中国デジタル人民元「マクドナルド・スタバ」などでもテスト実施か=現地メディア報道

中国デジタル人民元「マクドナルド・スタバ」などでもテスト実施か=現地メディア報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

Pontaポイントでステーブルコイン「xcoin」がチャージ可能に:エクスチェンジャーズ

Pontaポイントでステーブルコイン「xcoin」がチャージ可能に:エクスチェンジャーズ

元ディーカレットCTO白石陽介氏「前澤友作氏の新事業参画」を正式に報告

元ディーカレットCTO白石陽介氏「前澤友作氏の新事業参画」を正式に報告

大手暗号資産取引所KuCoin「Non-Fungible Token(NFT)取引サービス」提供へ

大手暗号資産取引所KuCoin「Non-Fungible Token(NFT)取引サービス」提供へ

日本セキュリティトークン協会「Security Token Market(STM)」とパートナー契約

日本セキュリティトークン協会「Security Token Market(STM)」とパートナー契約

KuCoin「全ての暗号資産の入出金サービス」を再開|ハッキングから約2ヶ月

KuCoin「全ての暗号資産の入出金サービス」を再開|ハッキングから約2ヶ月

仮想通貨「Akoin」ケニアの大規模先進医療地域で試験導入へ

仮想通貨「Akoin」ケニアの大規模先進医療地域で試験導入へ

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

ビットコインキャッシュ「ハードフォーク」を完了|今後はBCHNが主流に?

ビットコインキャッシュ「ハードフォーク」を完了|今後はBCHNが主流に?

ロシア連邦中央銀行「ルーブル連動型ステーブルコインの発行」禁止する可能性

ロシア連邦中央銀行「ルーブル連動型ステーブルコインの発行」禁止する可能性

KuCoin:ハッキングで影響を受けた暗号資産の「84%」を回収

KuCoin:ハッキングで影響を受けた暗号資産の「84%」を回収

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す