米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

by BITTIMES

米国証券取引委員会(SEC)は2019年8月13日、仮想通貨業界で「機関投資家の参入を促進する」と期待が高まっている3つのビットコインETFの承認判断を延期することを発表しました。

こちらから読む:仮想通貨による給与払いが合法に「ビットコイン」関連ニュース

VanEck・Bitwiseは「3度目の延期」に

米国証券取引委員会(SEC)が2019年8月13日に公開した文章には、
・VanEck/SolidX(2019年1月申請)
・Bitwise Asset Management(2019年1月申請)
・Wilshire Phoenix(2019年6月申請)
の3社が申請していた「ビットコインETF」の承認判断を延期することが記されています。

「VanEck/SolidX」と「Bitwise Asset Management」の申請は今回で3回目の延期となっているため、これ以上延期することはできないこととなっています。

最終的な判断は、
「VanEck/SolidX」が2019年10月18日
「Bitwise Asset Management」が2019年10月13日
ということになりますが、「Wilshire Phoenix」に関しては2019年9月29日の期限の後、さらに150日間の延期判断をとることもできるようになっています。

「Wilshire Phoenix」のビットコインETFは、ビットコインと米国の短期債権を含んだ「the Trust(ザ・トラスト)」と呼ばれるものになっており、ビットコインで問題視されている"ボラティリティ(価格変動幅)"を抑えることができるように設計されています。

SECはこれまでに申請されたビットコインETFをまだ承認していませんが、仮想通貨業界ではビットコインETFが承認されて実際に提供され始めれば機関投資家の参入につながると期待されており、市場の回復にも大きく影響すると考えられています。

現在承認が延期され続けている理由としては、仮想通貨市場がまだ"健全である"と言えるようなものではなく、仮想通貨取引所における詐欺的行為や価格操作の懸念もあり、健全なカストディ環境が整っていないことから投資家保護の観点でも不十分だと考えられることなどが挙げられています。

ビットコインETFの延期は続いているものの、今年10月には2社のETFに対して最終判断が下されるため、10月は重要な節目になると考えられます。

2019年8月13日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月10日の大幅な下落以降は120万円前後での推移を続けており、2019年8月13日時点では「1BTC=1,200,029円」で取引されています。

2019年7月30日〜2019年8月13日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月30日〜2019年8月13日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

BINANCE:スワイプ(Swipe/SXP)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:スワイプ(Swipe/SXP)の「永久先物取引」提供へ

Mt.Gox「弁済方法選択・弁済先情報登録」の機能リリース

Mt.Gox「弁済方法選択・弁済先情報登録」の機能リリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

Flare Network:分散化を実現し「ベータモード」に|FLR配布イベントの続報も

Flare Network:分散化を実現し「ベータモード」に|FLR配布イベントの続報も

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

NFTレンタルサービス「RentaFi」OasysのL2チェーンTCGVerseと提携

NFTレンタルサービス「RentaFi」OasysのL2チェーンTCGVerseと提携

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

MetaTokyo「Village Vanguard・ケシオン」と提携|Web3エンタテインメント事業展開へ

MetaTokyo「Village Vanguard・ケシオン」と提携|Web3エンタテインメント事業展開へ

コインチェック:BTCがもらえる「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開始

コインチェック:BTCがもらえる「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開始

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

GMOコイン「JTB旅行券10万円分が当たる」ステーキングキャンペーン開始

GMOコイン「JTB旅行券10万円分が当たる」ステーキングキャンペーン開始

ビットバンク:イーサリアム保有者に対する「ETHF」の付与方針を発表

ビットバンク:イーサリアム保有者に対する「ETHF」の付与方針を発表

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

ディープコイン(DEP)活用のぬりえ×レースゲーム「Graffiti Racer」ローンチ

ディープコイン(DEP)活用のぬりえ×レースゲーム「Graffiti Racer」ローンチ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す