仮想通貨「担保型ローン」提供を計画:米シルバーゲート銀行

by BITTIMES

仮想通貨フレンドリーなことでも知られるアメリカ・カリフォルニア州の銀行「Silvergate Bank(シルバーゲート銀行)」の持株会社「Silvergate Capital Corporation」は、同社が仮想通貨を担保としたローンの提供を計画していることを発表しました。

こちらから読む:楽天ウォレット、現物取引サービスを開始「仮想通貨」関連ニュース

「Silvergate Capital Corporation」は、2019年8月15日に米国証券取引委員会(SEC)に提出された書類の中で「仮想通貨担保ローン」について次のように述べています。

私たちはデジタル通貨借入機能を提供することによって、質の高い顧客との関係を深め、利息収入をさらに高めることができると信じています。

同社はこの文章の中で、仮想通貨関連の借入れに対する大きな需要を発見したと述べています。このサービスを利用する顧客は、仮想通貨または米ドルを担保として提供することによって、借り入れを行うことができると説明されています。

その後、銀行は商品の改善を続けるために保守的な貸付額を設定し、リスクを最小限に抑えるためのリスクフレームワークを開発し、長期にわたる融資モデルをさらに開発するとのことです。

「Silvergate Capital Corporation」は、2019年後半頃から機関投資家向けに仮想通貨関連のクレジット商品を提供する予定だと説明しています。シルバーゲートは2018年第4四半期に「仮想通貨取引所マイナーカストディアン・グローバル投資家」などといった多数の顧客と契約を結んでおり、この客の中にはGemini(ジェミナイ)Kraken(クラーケン)bitFlyer(ビットフライヤー)などが含まれています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Ripple社CEO「Libraの今後」に悲観的|XRPが証券ではない理由も説明

Ripple社CEO「Libraの今後」に悲観的|XRPが証券ではない理由も説明

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

FiNANCiE:スポーツ産業のWeb3活用促進に向け「Web3パートナー制度」を新設

FiNANCiE:スポーツ産業のWeb3活用促進に向け「Web3パートナー制度」を新設

SBI証券:XRPまたはポイントをプレゼント「FX取引応援キャンペーン」開催へ

SBI証券:XRPまたはポイントをプレゼント「FX取引応援キャンペーン」開催へ

フェラーリ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETHなど複数の暗号資産を受け入れ

フェラーリ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETHなど複数の暗号資産を受け入れ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説