仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

by BITTIMES

仮想通貨ウォレット「Infinito Wallet」を提供している「インフィニト」は2019年9月9日、ブロックチェーン企業および開発者向けに「仮想通貨即時交換モジュールAPI」を提供すると発表しました。このAPIは、同社が提供する開発プラットフォーム内で"無料の開発ツール"として利用できるとされています。

こちらから読む:BINANCE、先物取引所を公開「仮想通貨」関連ニュース

仮想通貨「150種類以上」の両替を可能に

豊富な仮想通貨に対応している仮想通貨ウォレット「Infinito Wallet(インフィニト・ウォレット)」を提供している企業「Infinito(インフィニト)」は2019年9月9日、ブロックチェーン開発ツールである「インフィニト・ブロックチェーン・プラットフォーム(IBP)」で「インフィニト両替モジュールAPI」を提供することを発表しました。

「インフィニト両替モジュールAPI」を使用すれば、150種類以上のコインとトークンをアプリ内で両替できるようにすることができるため、アプリケーションの強化につながるとされています。

両替を行う際には、
・Kyber Network(カイバーネットワーク)
・Changelly(チェンジリー)
・Totle(トータル)
といった有名な仮想通貨交換所の中から最良の交換レートを利用することができるとのことです。また「インフィニト両替モジュールAPI」は、IBPの無料の開発ツールとして利用できるとも説明されています。

ブロックチェーン開発を簡素化する「IBP」

2019年1月にリリースされた「IBP」は、信頼性の高い様々な開発ツールとAPIを組み合わせた「フルスタック開発プラットフォーム」となっており、インフィニトが構築してきたモジュールやソリューションだけでなく、世界中の提携企業のテクノロジーが集約されているとされています。

現在このプラットフォームには、
・マルチブロックチェーン接続
・コンプライアンス
・ホワイトラベル
・支払い
・両替
などといった、需要の高いユーティリティをカバーする「20個のブロックチェーンモジュール」が搭載されていますが、今後は「スマートコントラクトのサンプル」や「DAppのテンプレート」などといったより多くの開発ツールと組み込み、ブロックチェーン開発を簡素化していく予定だとされています。

仮想通貨業界では「通貨の実用性」や「実社会での活用」などの問題点が度々指摘されていますが、今回新たにIBPで「仮想通貨即時交換モジュールAPI」の提供が開始されたことによって、仮想通貨関連のサービス開発が促進されることになると期待されます。

インフィニトは、2019年8月30日に公式トークンである「INFT」をリリースしています。このトークンの保有者は「大幅なディスカウント」や「IBPモジュールへの無料アクセス」などと行った様々な恩恵を受けることができるとのことです。

INFTは現在、大手グローバル取引所である「BitMax」で、ビットコイン(BTC)またはテザー(Tether/USDT)と交換することができます。

>>「インフィニト」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「日本米の出荷プロセス」効率化へ:SBI×百笑市場×CTIA

ブロックチェーンで「日本米の出荷プロセス」効率化へ:SBI×百笑市場×CTIA

【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

クレジット・デビットカードで仮想通貨「5銘柄」が購入可能に|BINANCEがKoinalと提携

クレジット・デビットカードで仮想通貨「5銘柄」が購入可能に|BINANCEがKoinalと提携

日本がビットコイン取引量で世界一になった理由

日本がビットコイン取引量で世界一になった理由

国産ブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント」一般向けテスト実施へ

国産ブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント」一般向けテスト実施へ

国内に、低コスト採掘事業「OZマイニング株式会社」設立

国内に、低コスト採掘事業「OZマイニング株式会社」設立

注目度の高い仮想通貨ニュース

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

CoinMarketCap「トークンスワップ機能」提供開始|暗号資産の交換がより簡単に

CoinMarketCap「トークンスワップ機能」提供開始|暗号資産の交換がより簡単に

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

ビットポイント:口座開設や暗号資産購入でTRXがもらえる「2つのキャンペーン」開始

ビットポイント:口座開設や暗号資産購入でTRXがもらえる「2つのキャンペーン」開始

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

GMOコイン「暗号資産の預入れで最大10万円が当たるキャンペーン」開始|13銘柄に対応

GMOコイン「暗号資産の預入れで最大10万円が当たるキャンペーン」開始|13銘柄に対応

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す