Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

by BITTIMES   

"学習するほど資産が貯まる"ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtecは、ステーブルコイン「Dai(ダイ)の発行・管理を行う次世代の分散型金融プロジェクト「MakerDAO(メイカーダオ)」との協業開始を発表いたします。

こちらから読む:欧州宇宙機関がSpaceChainに助成金「ブロックチェーン」関連ニュース

MakerDAOについて

MakerDAOは、ステーブルコイン「Dai」の発行・管理を行うプロジェクトです。ステーブルコインとは価格の変動が少ない暗号資産を意味し、Facebookの主導のLibraなどに代表されます。MakerDAOは、ブロックチェーンを活用することでこのステーブルコインを自律分散的(DAO:Decentralized Autonomous Organizarion)に運営している点が特徴的です。

MakerDAOのような、ブロックチェーンを活用した金融プロジェクトのことを「分散型金融(DeFi)」と呼び、FinTechの次の潮流として全世界で注目を集めています。その中でもMakerDAOは、米国を代表するベンチャーキャピタル「Andreessen Horowitz」からも投資を受けている有数のプロジェクトです。

協業の背景

株式会社techtecの運営するPoLでは、様々な業界におけるブロックチェーンの活用事例をオンライン上で学習することができます。

これまでに、ブロックチェーンを活用したプロジェクトの運営母体と共同でカリキュラムを制作することにより、質の高いコンテンツを提供してきました。

今回、金融業界におけるブロックチェーン活用事例カリキュラムを制作にするにあたり、MakerDAOへアプローチしたところ、日本でプロジェクトの認知拡大を強めたいとの意向と合致したため、今回の協業が実現しました。

協業の内容

カリキュラムでは、ステーブルコインDaiやMakerDAOの推進する次世代組織DAOについて学習することができます。「なぜステーブルコインが必要なのか」「どのように価格を安定させているのか」といった内容だけでなく、近日中に行われるアップデートについても触れていきます。

本カリキュラムはMakerDAOとの共同制作であり、カリキュラム公開後も継続的な協業を模索していきます。
なお、カリキュラムの公開は9月末〜10月初旬を予定しております。

MakerDAO Japan Lead Kathleen Chu氏のコメント

新しいテクノロジーは急速に変化するため、新しい情報を常に把握する必要があります。ブロックチェーン技術についても同じことが言えます。 Makerプロトコルに関する情報を入手、理解しやすくすることは、日本での我々の優先事項の1つです。 PoLとのコラボレーションの機会に感謝し、楽しみにしています。誰もがアクセスできるコンテンツを提供することで、日本のDaiのユーザーにとって有益であると信じています。

株式会社techtecについて

株式会社techtecでは、"学習するほど資産が貯まる"全く新しいブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営しています。

また、ブロックチェーン業界特化の英語コーチングサービスも提供しており、グローバルな社会で活躍していくために必要な、「テクノロジー」と「英語」の知識・スキルを網羅的に修得するための学習機会を提供しています。

■会社概要
商号   : 株式会社techtec
代表者  : 代表取締役 田上 智裕
所在地  : 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-4-4 ZENITAKA ANNEX 2F
設立   : 2018年1月
事業内容 : 教育事業、メディア事業
資本金  : 17,994,600円(資本準備金含む)
URL  : https://techtec.co.jp/

>>「MakerDAOの公式サイト」はこちら
>>「PoLの公式サイト」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オランダ中央銀行:暗号資産取引所「BINANCE」に約332万ユーロの罰金

オランダ中央銀行:暗号資産取引所「BINANCE」に約332万ユーロの罰金

モンゴル大手銀行TDB「暗号資産関連サービス提供」に向け複数企業と提携

モンゴル大手銀行TDB「暗号資産関連サービス提供」に向け複数企業と提携

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

SBI VCトレード:鷲見玲奈さんデザインのQuoカードがもらえる「取引応援キャンペーン」開始

SBI VCトレード:鷲見玲奈さんデザインのQuoカードがもらえる「取引応援キャンペーン」開始

QUOINE「FTX Japan株式会社」に社名変更へ|サービス名は「Liquid by FTX」に

QUOINE「FTX Japan株式会社」に社名変更へ|サービス名は「Liquid by FTX」に

注目度の高い仮想通貨ニュース

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Jリーグ公認ブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」オープンβ版配信開始

Jリーグ公認ブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」オープンβ版配信開始

NTTドコモ:Web3の普及・社会実装の加速に向け「アクセンチュア」と連携

NTTドコモ:Web3の普及・社会実装の加速に向け「アクセンチュア」と連携

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

Chiliz「テスト用CHZのステーキング」などが可能に|テストネット第5フェーズに突入

Chiliz「テスト用CHZのステーキング」などが可能に|テストネット第5フェーズに突入

Gate.io:仮想通貨決済ソリューション「Gate Pay」を発表|130銘柄以上に対応予定

Gate.io:仮想通貨決済ソリューション「Gate Pay」を発表|130銘柄以上に対応予定

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

FUELHASH:最大年利10%「クリプトレンディング」提供へ|暗号資産5銘柄に対応

FUELHASH:最大年利10%「クリプトレンディング」提供へ|暗号資産5銘柄に対応

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す