ブロックチェーン・仮想通貨のオンライン学習で貰える「PoLトークン」提供開始:ポル

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーン技術について学ぶことができるオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営している「株式会社techtec(テックテク)」は、学歴社会を"学習歴社会"に変えていくための第一歩として、学べば学ぶほど獲得できる「PoLトークン」の提供を本日13日から開始することを発表しました。

こちらから読む:オンライン学習サービス「PoL(ポル)」とは?

PoLトークンとは?

PoL-Token

PoLトークンとは、仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービスである「PoL(ポル)」が発行する仮想通貨です。「PoL」は、70以上の豊富なカリキュラムを通して、仮想通貨やブロックチェーンについて無料で学習することができるサービスを提供しており、「PoLトークン」はPoLのカリキュラムを学習すればするほど獲得することができるようになっています。

独自のアルゴリズム「Proof of Learning」

PoLという名称は「Proof of Learning(学習量による知識の証明)」を意味しており、これまでに無い独自のアルゴリズムを採用しています。PoLトークンは学習すればするほど獲得できるため「PoLトークンの保有量が多い人ほど学習量が多い」と定義付けることができます。

このトークンは、「PoL」のサービスで学習できるすべてのカリキュラムを対象としたものとなっており、「カリキュラムの難易度」や「テストの点数」によって獲得できるトークンの量が変化する仕組みとなっています。

学習履歴に信憑性を

ブロックチェーンとトークンを活用することによって、特定の管理者の恣意性を排除した状態で、学習者の学習量を管理することができます。これにより、学習者の学習量(学習履歴)に信憑性を持たせることができると期待されています。

なぜブロックチェーンのスキルが必要なのか?

近年、教育・人材業界では「学位詐称」に関する問題が重要なテーマとして議論が進められています。これは日本だけでなく、国際的な問題となっており、アメリカの「uPort」や「Blockcerts」というプロジェクトや、キプロスのニコシア大学、イギリスのオープンユニバーシティなどがこの問題に取り組んでいます。

techtec

これらの取り組みに共通している点が「ブロックチェーン」であり、履修履歴や学位をコンソーシアム型のブロックチェーンで管理したり、トークン化した卒業証明書を発行したりといったような様々な解決策が続々と誕生しています。

PoLのサービスを通じてブロックチェーン技術について学ぶことによって、このような様々な問題解決に役立てることができるブロックチェーン技術に関する知識をオンラインで気軽に学ぶことができます。また、PoLが新たに開始する「PoLトークン」を活用すれば、世界中で進められているプロジェクトと同様に現在の学習・教育分野における問題を解決し、より良いオンライン学習サービスを実現することができると期待されます。

PoLトークンでできること

PoLトークンは、最初のステップとして使用範囲をPoL内に限定しています。ユーザー数も先着3,000名に限定されており、
・トークンの流動性
・獲得量の推移
・学習の継続率の変化
などを検証していくことになっています。

獲得した「PoLトークン」は、PoLの有料コンテンツで使用することができます。

PoLトークンの提供は「2019年6月13日」から開始される予定となっているため、「仮想通貨ブロックチェーン技術について学びたい」と考えている方は、この機会に利用されてみてはいかがでしょう?

>>「PoL(ポル)」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

日本で初めての「ブロックチェーン不動産取引」を完了|安全・確実な契約を実現:Propy

日本で初めての「ブロックチェーン不動産取引」を完了|安全・確実な契約を実現:Propy

AKONが仮想通貨

AKONが仮想通貨"未来都市"を建設「エイコイン」がアフリカの救世主に

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

ブロックチェーンは「製造業」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「製造業」をどのように変えるのか?

「Monero(モネロ)100万円突破への道」今後の価格予測2018年〜2021年版

「Monero(モネロ)100万円突破への道」今後の価格予測2018年〜2021年版

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

Tron CEO落札の「バフェットランチ」にライトコイン創業者「Charlie Lee」が参加

Tron CEO落札の「バフェットランチ」にライトコイン創業者「Charlie Lee」が参加

仮想通貨取引所コインチェック:セキュリティ強化に向け「Sumo Logic」を採用

仮想通貨取引所コインチェック:セキュリティ強化に向け「Sumo Logic」を採用

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

楽天ウォレット:セキュリティ企業「CipherTrace」と提携|取引所の安全性を確保

楽天ウォレット:セキュリティ企業「CipherTrace」と提携|取引所の安全性を確保

ビットコイン、今が買いのチャンス?価格急落にもトレーダーは歓迎ムード

ビットコイン、今が買いのチャンス?価格急落にもトレーダーは歓迎ムード

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

福岡の泡専門バー、ビットコイン「Lightning Network決済」試験導入:awabar

福岡の泡専門バー、ビットコイン「Lightning Network決済」試験導入:awabar

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す