ブロックチェーン・仮想通貨のオンライン学習で貰える「PoLトークン」提供開始:ポル

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーン技術について学ぶことができるオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営している「株式会社techtec(テックテク)」は、学歴社会を"学習歴社会"に変えていくための第一歩として、学べば学ぶほど獲得できる「PoLトークン」の提供を本日13日から開始することを発表しました。

こちらから読む:オンライン学習サービス「PoL(ポル)」とは?

PoLトークンとは?

PoL-Token

PoLトークンとは、仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービスである「PoL(ポル)」が発行する仮想通貨です。「PoL」は、70以上の豊富なカリキュラムを通して、仮想通貨やブロックチェーンについて無料で学習することができるサービスを提供しており、「PoLトークン」はPoLのカリキュラムを学習すればするほど獲得することができるようになっています。

独自のアルゴリズム「Proof of Learning」

PoLという名称は「Proof of Learning(学習量による知識の証明)」を意味しており、これまでに無い独自のアルゴリズムを採用しています。PoLトークンは学習すればするほど獲得できるため「PoLトークンの保有量が多い人ほど学習量が多い」と定義付けることができます。

このトークンは、「PoL」のサービスで学習できるすべてのカリキュラムを対象としたものとなっており、「カリキュラムの難易度」や「テストの点数」によって獲得できるトークンの量が変化する仕組みとなっています。

学習履歴に信憑性を

ブロックチェーンとトークンを活用することによって、特定の管理者の恣意性を排除した状態で、学習者の学習量を管理することができます。これにより、学習者の学習量(学習履歴)に信憑性を持たせることができると期待されています。

なぜブロックチェーンのスキルが必要なのか?

近年、教育・人材業界では「学位詐称」に関する問題が重要なテーマとして議論が進められています。これは日本だけでなく、国際的な問題となっており、アメリカの「uPort」や「Blockcerts」というプロジェクトや、キプロスのニコシア大学、イギリスのオープンユニバーシティなどがこの問題に取り組んでいます。

techtec

これらの取り組みに共通している点が「ブロックチェーン」であり、履修履歴や学位をコンソーシアム型のブロックチェーンで管理したり、トークン化した卒業証明書を発行したりといったような様々な解決策が続々と誕生しています。

PoLのサービスを通じてブロックチェーン技術について学ぶことによって、このような様々な問題解決に役立てることができるブロックチェーン技術に関する知識をオンラインで気軽に学ぶことができます。また、PoLが新たに開始する「PoLトークン」を活用すれば、世界中で進められているプロジェクトと同様に現在の学習・教育分野における問題を解決し、より良いオンライン学習サービスを実現することができると期待されます。

PoLトークンでできること

PoLトークンは、最初のステップとして使用範囲をPoL内に限定しています。ユーザー数も先着3,000名に限定されており、
・トークンの流動性
・獲得量の推移
・学習の継続率の変化
などを検証していくことになっています。

獲得した「PoLトークン」は、PoLの有料コンテンツで使用することができます。

PoLトークンの提供は「2019年6月13日」から開始される予定となっているため、「仮想通貨ブロックチェーン技術について学びたい」と考えている方は、この機会に利用されてみてはいかがでしょう?

>>「PoL(ポル)」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra」フィンテック企業と提携|1,000以上の銀行をサポート

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra」フィンテック企業と提携|1,000以上の銀行をサポート

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Twitter「アカウント乗っ取り事件」について公式発表|標的は130人、個人情報漏洩も

Twitter「アカウント乗っ取り事件」について公式発表|標的は130人、個人情報漏洩も

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

暗号資産自動売買サービス「QUOREA」運営企業、投資助言業の登録を完了

暗号資産自動売買サービス「QUOREA」運営企業、投資助言業の登録を完了

チェス元世界王者「ビットコインの人気上昇は避けられない」

チェス元世界王者「ビットコインの人気上昇は避けられない」

Ripple社:XRP Ledgerの「匿名化機能」に関する研究を支援

Ripple社:XRP Ledgerの「匿名化機能」に関する研究を支援

日本政府「中央銀行デジタル通貨」本格的に検討へ|経済財政政策の基本方針に盛り込み

日本政府「中央銀行デジタル通貨」本格的に検討へ|経済財政政策の基本方針に盛り込み

Theta Network:韓国のゲームプラットフォーム「Ludena Protocol」と提携

Theta Network:韓国のゲームプラットフォーム「Ludena Protocol」と提携

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

暗号資産運用大手:大口ファンドの「BTC・ETH比重」増加|XRPはマイナス調整

暗号資産運用大手:大口ファンドの「BTC・ETH比重」増加|XRPはマイナス調整

NFTオークションに特化したマーケットプレイス「Los Dorados」β版公開:Factory

NFTオークションに特化したマーケットプレイス「Los Dorados」β版公開:Factory

日本国内でも「BAT報酬」が獲得可能に|bitFlyer・Braveがウォレット共同開発

日本国内でも「BAT報酬」が獲得可能に|bitFlyer・Braveがウォレット共同開発

ロシア議会:デジタル金融資産法を可決|商品購入など「暗号資産の決済利用」は禁止に

ロシア議会:デジタル金融資産法を可決|商品購入など「暗号資産の決済利用」は禁止に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す