悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のLightning Network(ライトニングネットワーク)に「深刻な脆弱性がある」と報告されていた件について、「Lightning Labs」のCTOであるOlaoluwa Osuntokun(オラオルワ・オスントークン)氏と技術開発を手がける「ACINQ」は、実際に脆弱性をついた被害が発生していることを報告しています。

こちらから読む:開発者が「Lightning Networkの脆弱性」を指摘

Lightning Network開発者「複数人が警告」

ビットコイン(BTC)Lightning Network(ライトニングネットワーク)に脆弱性があることは、2019年8月30日時点でライトニング・ネットワークの開発者であるRusty Russel(ラスティ・ラッセル)氏によって報告されていました。同氏は、この報告を行なった際に『早急にアップグレードを実施しなければ、資金を失う可能性もある』と警告していました。

「Lightning Labs」でCTOを務めているOlaoluwa Osuntokun(オラオルワ・オスントークン)氏と、Lightning Networkの技術開発を行なっている「ACINQ」は、2019年9月11日に『脆弱性が悪用されている事例が確認されている』と報告し、『資金損失のリスクを回避するために、すぐにアップグレードするように』と呼びかけています。

🚨脆弱性が悪用されている実例が確認されています。

資金損失のリスクを回避するために、すぐにアップグレードしてください。

このアップデートは以下のノードに対して求められており、これらのノードには脆弱性があることも報告されています。
・lnd 0.7.1 - バージョン 0.7以下
・c-lightning 0.7.1 - バージョン 0.7以下
・eclair 0.3.1 - バージョン 0.3以下

最初にこの脆弱性を報告したラッセル氏は、早急に対応を取るように求めており、脆弱性の詳細は2019年9月27日までに公開すると説明していました。

Lightning Networkはビットコインの拡張性や処理速度、手数料などの問題を解決する技術として期待が高まっており、ビットコインの投げ銭を行うアプリなど、様々なサービスで活用されています。この技術はビットコインの実用性を向上させるのに重要な役割を果たすと期待されているため、今回報告された問題の解決は仮想通貨業界で重要視されています。

>>「Olaoluwa Osuntokun氏の報告」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

bitwise:仮想通貨ETF登録に向けSECに申請|承認の可能性は?

bitwise:仮想通貨ETF登録に向けSECに申請|承認の可能性は?

bitFlyer「ウォレットアプリ」を大幅リニューアル|仮想通貨販売所がさらに便利に

bitFlyer「ウォレットアプリ」を大幅リニューアル|仮想通貨販売所がさらに便利に

インドの巨大市場で50%のシェア獲得見込み|リップル(Ripple/XPR)

インドの巨大市場で50%のシェア獲得見込み|リップル(Ripple/XPR)

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

振袖レンタル&購入の成人式専門店「#振袖gram」ビットコイン決済対応へ【呉服業界初】

振袖レンタル&購入の成人式専門店「#振袖gram」ビットコイン決済対応へ【呉服業界初】

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

カルダノ公式ウォレット「Daedalus 4.3.1」公開|アップグレードに向けたカウントダウン機能も

カルダノ公式ウォレット「Daedalus 4.3.1」公開|アップグレードに向けたカウントダウン機能も

米大手証券会社「Interactive Brokers」暗号資産4銘柄の取引サービス開始

米大手証券会社「Interactive Brokers」暗号資産4銘柄の取引サービス開始

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す