DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

by BITTIMES

米国の大手金融機関である「Wells Fargo & Company(ウェルズ・ファーゴ)」は、2019年9月17日に公開したプレスリリースで分散型台帳技術(DLT)を活用したプラットフォームで実行される社内決済サービス「Wells Fargo Digital Cash」を試験運用する計画を発表しました。

こちらから読む:ルワンダ中央銀行が独自通貨を計画「分散型台帳」関連ニュース

「Wells Fargo Digital Cash」2020年から試験運用

Wells Fargo & Company(ウェルズ・ファーゴ)は、米国のビジネス雑誌「Fortune」の"2019年アメリカ最大の企業ランキング"で29位にランクインしている大手金融機関であり、32カ国で7,600の拠点を構え、13,000を超えるATMを展開し、1.9兆ドル(約205兆円)の資産を有しています。

米国を代表する金融機関の一つである同社は、2020年に分散型台帳技術(DLT)を活用した社内決済サービス「Wells Fargo Digital Cash」の試験運用を開始する予定であることを発表しました。

「Wells Fargo Digital Cash」は、米ドルに価値が固定されたデジタル通貨を使用することによって、国際送金を行う際の運用効率を向上させるためのものとなっており、ほぼリアルタイムの資金移動を行うことができだけでなく、最終的な決済を第3者を介さずに実行することによって送金時間とコストを削減することができると説明されています。

現時点では来年から試験運用が開始される予定となっているため、実際にこのサービスが実用化されるまでにはもう少し時間がかかると予想されますが、将来的にこのプラットフォームは複数のアプリケーションの基盤として使用されることになるとされています。

Wells Fargoのイノベーショングループ責任者であるLisa Frazier氏は、公式プレスリリースの中で次のように述べています。

世界中の銀行サービスでデジタル化が進んだ結果、従来の国境を超えた送金でさらに摩擦を軽減したいという要求が高まっており、今日の技術はそのための強力な地位を築いています。

私たちは「分散型台帳技術は様々なユースケースの可能性を秘めている」と考えており、このテクノロジーを銀行業務に適用するための重要な一歩に力を注いでいます。

Wells Fargo Digital Cashは、Wells Fargoが世界中の複数の市場にある複数のアカウントにわたるリアルタイムの金融相互作用の障壁を取り除くことを可能にする可能性を秘めています。

「Wells Fargo Digital Cash」には分散型台帳技術が使用されていますが、Wells Fargoは「この通貨は仮想通貨ではない」と説明しています。同社のDLTは、R3が有料で企業向けに提供している技術「Corda Enterprise(コルダ・エンタープライズ)」上で構築されていると伝えられています。

ブロックチェーン技術や仮想通貨に対する金融機関からの関心は高まってきており、同じく大手金融機関であるJPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)も独自のブロックチェーン技術である「Quorum(クォーラム)」を活用した送金ネットワークや、独自通貨である「JPM Coin」などを発表しています。

>>「Wells Fargo」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

Telegram:デスクトップPC向け「Gram Wallet」のテスト版を公開

Telegram:デスクトップPC向け「Gram Wallet」のテスト版を公開

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

旅行予約サイト「Travala.com」シバイヌ(SHIB)決済に対応|300万以上の旅行予約が可能に

旅行予約サイト「Travala.com」シバイヌ(SHIB)決済に対応|300万以上の旅行予約が可能に

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

注目度の高い仮想通貨ニュース

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

オンラインクレーンゲームで「NFT景品」を配布|Gaudiyが国内大手トレバと連携

オンラインクレーンゲームで「NFT景品」を配布|Gaudiyが国内大手トレバと連携

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月5日〜11日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月5日〜11日

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

FTX Japan:自動取引ツール「クオンツゾーン」提供開始|ルール設定で簡単に自動売買

FTX Japan:自動取引ツール「クオンツゾーン」提供開始|ルール設定で簡単に自動売買

DMMなど3社「アイドルグループ創造に向けたIEO」実施へ|Nippon Idle Token(NIDT)発行へ

DMMなど3社「アイドルグループ創造に向けたIEO」実施へ|Nippon Idle Token(NIDT)発行へ

ビットポイント「カルダノ(ADA)ステーキングサービス」提供へ|記念キャンペーンも

ビットポイント「カルダノ(ADA)ステーキングサービス」提供へ|記念キャンペーンも

MicroStrategy・エルサルバドル「ビットコイン価格暴落」についてコメント

MicroStrategy・エルサルバドル「ビットコイン価格暴落」についてコメント

SEBC「ビットコインの相談窓口 渋谷道玄坂店」2022年6月30日に閉店

SEBC「ビットコインの相談窓口 渋谷道玄坂店」2022年6月30日に閉店

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

メタバース建築事業「METANAVI建築」のサービスを正式リリース:株式会社tenshabi

メタバース建築事業「METANAVI建築」のサービスを正式リリース:株式会社tenshabi

Chiliz&Socios:インドネシアの強豪「ペルシジャ・ジャカルタ」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシアの強豪「ペルシジャ・ジャカルタ」と提携|ファントークン発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す