伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

by BITTIMES

伊藤忠商事を含む世界の大手コーヒー関連企業らは、サプライチェーンの効率化を目指し、トレーサビリティプラットフォーム「FARMER CONNECT(ファーマー・コネクト)」の展開に参画することを発表しました。このプロジェクトに参加する複数の企業は、IBMのブロックチェーン食品追跡システム「Food Trust(フード・トラスト)」をベースとしたサプライチェーン追跡アプリを2020年に一般公開することを目指しています。

こちらから読む:トルコ政府、行政分野に技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

ブロックチェーンでコーヒーサプライチェーンを効率化

FARMER CONNECT(ファーマー・コネクト)は、スイスの「Farmer Connect SA社」が提供するトレーサビリティプラットフォームであり、ブロックチェーン技術を活用した小規模農園の商品のエコシステムを構築し、農家と消費者間のサプライチェーンの透明性向上を目指した取り組みを進めています。

FARMER CONNECT SA社は2019年9月18日、世界のコーヒーサプライチェーンを担う
・コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)
・JMスマッカー
・RGCコーヒー
・JACOBS DOUWE EGBERTS(JDE)
・Beyers Koffie
・Sucafina
・伊藤忠商事
らと連携して、サプライチェーンをさらに効率化することができるブロックチェーンプラットフォームを構築すると発表しました。

「チップも送れる専用アプリ」2020年公開目指す

(画像:伊藤忠商事)(画像:伊藤忠商事)

ファーマー・コネクトは、IBMのブロックチェーン食品追跡システム「Food Trust(フード・トラスト)」を基盤とした専用アプリケーション「Thank My Farmer」を構築するとしています。

消費者はこのアプリをダウンロードしてコーヒー製品に記載されたQRコードを読み込むことによって「生産地・使用した豆・ブレンドの詳細」などといった、より詳細な情報を知ることが可能です。

また、購入したコーヒー製品が気に入れば生産者に対してチップを送ることもできるようになるとされています。農家の人々は、サプライチェーンが効率化すれば余計な中間手数料を取られる心配もなくなるため、この仕組みはより恩恵を受けれるものになると言えるでしょう。

「Thank My Farmer」は2020年の一般公開を目指しており、公開前には特定のメーカーに対してテストを実施する予定だとされています。このアプリの成功した場合には、お茶やココアなどといったあらゆる小規模農園へ規模を拡大する予定だと説明されているため、今後の報告にも注目です。

>>「FARMER CONNECT」の公式発表はこちら
>>「伊藤忠」の公式発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

Twitterなどの主要SNSに「仮想通貨広告のルール厳格化」求める:欧州消費者団体

Twitterなどの主要SNSに「仮想通貨広告のルール厳格化」求める:欧州消費者団体

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

DApps市場レポート:TRON(トロン)ユーザー数、年初から「50%アップ」急速に増加中

DApps市場レポート:TRON(トロン)ユーザー数、年初から「50%アップ」急速に増加中

VISA:ブロックチェーン用いた「デジタル法定通貨」の特許申請

VISA:ブロックチェーン用いた「デジタル法定通貨」の特許申請

Chiliz Exchange:強豪サッカークラブ「ACミラン」の$ACMファントークン取扱いへ

Chiliz Exchange:強豪サッカークラブ「ACミラン」の$ACMファントークン取扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す