ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

by BITTIMES

仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」で幹部を務めていた経歴を持ち、現在は「Bakkt(バックト)」でCOOを務めているAdam White(アダム・ホワイト)氏は、CCNに対して「Bakktが現在機関投資家向けに提供しているビットコインの現物決済先物取引が将来的には個人投資家向けにも提供される予定であること」を明らかにしました。

こちらから読む:Binance US、"5銘柄の入金受付"を開始「仮想通貨」関連ニュース

長期的な「利用者拡大」に向けた計画

Bakkt(バックト)が先日サービスを開始したビットコイン先物取引は機関投資家向けに提供されていますが、同社のCOOであるAdam White(アダム・ホワイト)氏は『Bakktのサービスは機関投資家に特化したものではあるものの、個人投資家が小売ブローカーを通じて取引できるようにすることも私たちの事業方針の中にある』と語っています。

ビットコイン投資は特に若い世代から高い支持を受けているため、新規顧客獲得の手段として小売ブローカーも視野に入れているとのことです。

アダム氏は、最大で2019年9月22日〜2020年9月20日までの1年間に渡って先物ポジションを持つことができるBakktの月間契約は2020年5月頃に予定されているビットコインの半減期などのリスクヘッジとして利用することができるため、「Bakktの先物は投機筋だけでなくマイニング業者などと行ったビットコイン価格に依存しているビジネスを行っている企業にも重要な存在になる」と説明しており、将来的に先物の利用者が増加するとの考えを示しています。

さらに同氏は、半減期が訪れた際にビットコインの需要が変わっていなかった場合には、ビットコイン価格は上昇することになるため「Bakktが提供する先物データ」はビットコインの価格を予測する上での重要な材料になるとも語っています。

長い間待ち望まれていたBakktのビットコイン先物取引は先日ついに開始されましたが、月間契約初日の出来高は71BTC(約7,400万円相当)、日間契約初日の出来高は2BTC(約209万円相当)となっており、期待されていたほどの結果には至りませんでした。

また、ビットコイン価格もサービス開始後は下落傾向が続いているため、これらの結果に対しては様々な意見が語られていますが、一部の専門家は「Bakktの先物は"現物受け渡し"であるため、機関投資家の参入は段階的なものになる可能性が高い」と語っています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

サービス・商品購入でビットコインがもらえる「BTC還元プログラム」提供へ:Bitrefill

サービス・商品購入でビットコインがもらえる「BTC還元プログラム」提供へ:Bitrefill

【Cardano/ADA】Ouroborosの論文「2015年〜2019年で最も引用された論文の1つ」に選出

【Cardano/ADA】Ouroborosの論文「2015年〜2019年で最も引用された論文の1つ」に選出

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「ビットコイン恩返しキャンペーン」開催へ

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「ビットコイン恩返しキャンペーン」開催へ

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨取引所Bithumb:モネロ(XMR)の「取扱い終了」を発表|犯罪利用などを懸念

仮想通貨取引所Bithumb:モネロ(XMR)の「取扱い終了」を発表|犯罪利用などを懸念

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

AXE:ドージコイン(DOGE)の数量限定ボディスプレー「DogeCan」を無料配布

AXE:ドージコイン(DOGE)の数量限定ボディスプレー「DogeCan」を無料配布

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

OKCoinJapan:国内初「オーケービー(OKB)」取扱いへ|販売所サービスも追加

OKCoinJapan:国内初「オーケービー(OKB)」取扱いへ|販売所サービスも追加

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す