ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

by BITTIMES

仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」で幹部を務めていた経歴を持ち、現在は「Bakkt(バックト)」でCOOを務めているAdam White(アダム・ホワイト)氏は、CCNに対して「Bakktが現在機関投資家向けに提供しているビットコインの現物決済先物取引が将来的には個人投資家向けにも提供される予定であること」を明らかにしました。

こちらから読む:Binance US、"5銘柄の入金受付"を開始「仮想通貨」関連ニュース

長期的な「利用者拡大」に向けた計画

Bakkt(バックト)が先日サービスを開始したビットコイン先物取引は機関投資家向けに提供されていますが、同社のCOOであるAdam White(アダム・ホワイト)氏は『Bakktのサービスは機関投資家に特化したものではあるものの、個人投資家が小売ブローカーを通じて取引できるようにすることも私たちの事業方針の中にある』と語っています。

ビットコイン投資は特に若い世代から高い支持を受けているため、新規顧客獲得の手段として小売ブローカーも視野に入れているとのことです。

アダム氏は、最大で2019年9月22日〜2020年9月20日までの1年間に渡って先物ポジションを持つことができるBakktの月間契約は2020年5月頃に予定されているビットコインの半減期などのリスクヘッジとして利用することができるため、「Bakktの先物は投機筋だけでなくマイニング業者などと行ったビットコイン価格に依存しているビジネスを行っている企業にも重要な存在になる」と説明しており、将来的に先物の利用者が増加するとの考えを示しています。

さらに同氏は、半減期が訪れた際にビットコインの需要が変わっていなかった場合には、ビットコイン価格は上昇することになるため「Bakktが提供する先物データ」はビットコインの価格を予測する上での重要な材料になるとも語っています。

長い間待ち望まれていたBakktのビットコイン先物取引は先日ついに開始されましたが、月間契約初日の出来高は71BTC(約7,400万円相当)、日間契約初日の出来高は2BTC(約209万円相当)となっており、期待されていたほどの結果には至りませんでした。

また、ビットコイン価格もサービス開始後は下落傾向が続いているため、これらの結果に対しては様々な意見が語られていますが、一部の専門家は「Bakktの先物は"現物受け渡し"であるため、機関投資家の参入は段階的なものになる可能性が高い」と語っています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Kraken:リップル(XRP)とビットコインキャッシュの「証拠金取引」を開始

Kraken:リップル(XRP)とビットコインキャッシュの「証拠金取引」を開始

GMOコイン:販売所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始

GMOコイン:販売所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始

フィンテック関連の規制推進に向けスイスと協力|イスラエルは次のクリプトバレーへ

フィンテック関連の規制推進に向けスイスと協力|イスラエルは次のクリプトバレーへ

Coincheck「IOST」正式に取扱い開始|貸仮想通貨・つみたてサービスにも対応

Coincheck「IOST」正式に取扱い開始|貸仮想通貨・つみたてサービスにも対応

Bitmainのマイニングマシン「Antminer S17/T17」で故障報告が増加

Bitmainのマイニングマシン「Antminer S17/T17」で故障報告が増加

リップル(XRP)世界184カ国で利用される金融アプリで「使用量No.1」を獲得:Uphold

リップル(XRP)世界184カ国で利用される金融アプリで「使用量No.1」を獲得:Uphold

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

【Sorare】強豪サッカークラブ「AC Milan」のNFT選手カード販売開始

【Sorare】強豪サッカークラブ「AC Milan」のNFT選手カード販売開始

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す