Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

by BITTIMES

Apple(アップル)社の最高経営責任者(CEO)であるTim Cook(ティム・クック)氏が、フランスのメディアである「Les Echo」に対して独自仮想通貨の発行に否定的な意見を語ったことが明らかになりました。同氏は『通貨は国が管理すべきものであり、民間企業はそのような方法で力を得ようとすべきでない』と語っています。

こちらから読む:Libra協会がロードマップを公開「仮想通貨」関連ニュース

「民間企業の仮想通貨発行」に反対:Tim Cook

Apple(アップル)社の最高経営責任者(CEO)であるTim Cook(ティム・クック)氏は、フランスのメディアである「Les Echo」に対して、独自仮想通貨の発行に否定的な姿勢を示しました。

クック氏は同メディアの「Facebook(フェイスブック)に追随する計画はあるか?」という質問に対して『通貨は国が管理すべきものだと考えている』と語ったと伝えられています。

Les Echo)
ー Facebookに追随する計画はありますか?

クックCEO)
いいえ。私は通貨は国が管理すべきものだと思います。「民間で競合する通貨を発行しよう」とするアイデアを良いものだとは思いません。民間企業はこのような方法で力を得ようとすべきではありません。

仮想通貨発行に反対する理由とは?

仮想通貨Libra(リブラ)が発表されたことなどによって、業界ではその他大手企業の動きにも注目が集まっており、これまでには「Amazon(アマゾン)」や「Apple」などの"独自通貨発行"を期待する意見も出ていました。

特に今年に入ってからは、Apple社から「ビットコインの新しいアイコンを追加すること」や「"CryptoKit"と呼ばれる開発者向けのフレームワークをリリースすること」なども発表されており、9月初めには「Apple Pay」の幹部が『仮想通貨は長期的には可能性があると考えている』と語ったことも報じられていたため、独自通貨に関する憶測はさらに大きくなっていました。

しかしクックCEOは「独自仮想通貨の発行」に対しては、はっきりと否定的な意見を述べており『政府の代表者は選挙で選ぶことができるが、企業は選挙で選ばれる訳ではないため、企業はそのような方向に進むべきではない』と説明しています。

通貨は"防衛"のように国家の手に委ねる必要があります。私たちは"政府の責任を担う代表者"を選挙で選ぶことができますが、企業は選挙で選ばれる訳ではないので、このような方向に進むべきではありません。

iPhoneやiPad向けの「App Store」では、すでに様々な仮想通貨関連のアプリケーションがリリースされていますが、今回の発言を踏まえて考えると、Apple社は仮想通貨に対してあまり前向きな考えを持っているわけではないのだと考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マイナンバーカードが暗号資産ウォレットに「マイナウォレット」イーサリアム財団の研究開発助成プログラムに採択

マイナンバーカードが暗号資産ウォレットに「マイナウォレット」イーサリアム財団の研究開発助成プログラムに採択

エンターテイメント業界で「ブロックチェーン推進団体」発足|技術の活用方法を指導

エンターテイメント業界で「ブロックチェーン推進団体」発足|技術の活用方法を指導

Solana Labs:Web3ゲーム開発を簡単に「GameShift」ベータ版リリース

Solana Labs:Web3ゲーム開発を簡単に「GameShift」ベータ版リリース

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Libra協会:スイスで「決済事業ライセンス」取得へ|金融規制当局がガイドライン公開

Libra協会:スイスで「決済事業ライセンス」取得へ|金融規制当局がガイドライン公開

HEXAメタバースに「レンタルNFT展示機能」搭載|美術館・協賛空間の設営が可能に

HEXAメタバースに「レンタルNFT展示機能」搭載|美術館・協賛空間の設営が可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す