【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)を安全に保管することができるハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」の"偽サイト"が存在していることが明らかになりました。この詐欺サイトは、ありがちな「URLの入力ミス」で偽サイトにアクセスしてしまったユーザーをターゲットにしているため、Trezorを利用する際には"公式サイトをブックマークすること"が重要です。

こちらから読む:BTC要求する"脅迫メール"に注意「詐欺」関連ニュース

Trezor「偽サイト」の存在が発覚

Trezor(トレザー)は様々な仮想通貨を安全に保管することができるハードウェアウォレットであり、TwitterのCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏が愛用していることでも知られています。

トレザーで仮想通貨を管理する際にはUSBケーブルでデバイスをパソコンに繋いで専用のWEBサイト上で操作を行いますが、先日4日に「Trezor」の公式WEBサイトを偽造して、ユーザーのビットコインを盗み取ろうとする"偽サイト"が見つかったことが明らかになりました。

偽サイトの存在を報告した掲示板サイト「Reddit(レディット)」のユーザーは、そのサイトが偽サイトであることを確認するためのテストを行なった結果、本物のサイトとの間で"URL"に違いがあったと報告しています。

「URLの僅かな違い」に要注意

Trezor公式サイトのURLは「http://trezor.io」及び「https://trezor.io/start/」ですが、報告された偽サイトのURLは「tezor[dot]io」となっており、偽サイトへのアクセス後は「https://trezor[dot]run/start/」という新たな偽サイトにリダイレクトされると説明されています(*1)。
(*1)偽サイトへのアクセス防止のため「.」を[dot]に変更しています。

よりわかりやすく言えば、偽サイトでは「trezor」の「r」が抜けており、リダイレクト後の偽サイトでは「io」が「run」に変わっています。このサイトは偽サイトであり、もしもアクセスしてしまった場合には仮想通貨や情報を抜き取られてしまう可能性があるため注意が必要です。

Redditユーザーはこの偽サイトについて「ユーザーは"URLの入力ミス"によって詐欺サイトにリダイレクトされ、悪意のあるファームウェアをインストールさせられる可能性がある」と説明しています。詐欺の被害に遭わないようにするためには、URLを毎回入力するのではなく「公式サイトをブックマークしておくこと」が重要です。

Trezorは正しく利用すればより安全に仮想通貨を保管することができますが、アクセスするサイトを間違ってしまったり、デバイスをなくしてしまったりした場合には大切な資産を失ってしまう可能性があるため、取り扱いには十分に注意する必要があります。また、Trezor本体でも"偽造品"が多数出回っていることが報告されているため、これからTrezorを購入しようと考えている方も注意するようにしましょう。

TREZOR(トレザー)の購入は、英語が苦手でも安心して購入することができる"TREZOR日本正規販売店"「RISEST COLTD」からどうぞ

TREZORの画像 TREZORの日本正規販売店はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ベラルーシ大手銀行「Belarusbank」暗号資産取引サービス提供開始=報道

ベラルーシ大手銀行「Belarusbank」暗号資産取引サービス提供開始=報道

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Socios:eスポーツチーム「OG」初のファン投票受付開始

Socios:eスポーツチーム「OG」初のファン投票受付開始

コインチェック:スマホアプリのダウンロード数で「国内1位」獲得

コインチェック:スマホアプリのダウンロード数で「国内1位」獲得

Cardano(ADA)強気のサイン?カルダノ関連の「偽アカウント・詐欺師」が増加

Cardano(ADA)強気のサイン?カルダノ関連の「偽アカウント・詐欺師」が増加

仮想通貨取引所BitMEXは「無許可営業」イギリス金融規制当局が警告

仮想通貨取引所BitMEXは「無許可営業」イギリス金融規制当局が警告

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月11日〜17日

コワーキングスペース「ウィーワーク」仮想通貨決済に対応|資産としての保有も予定

コワーキングスペース「ウィーワーク」仮想通貨決済に対応|資産としての保有も予定

オーストラリア証券取引所「複数の仮想通貨ETF」を審査|2021年内ローンチの可能性も

オーストラリア証券取引所「複数の仮想通貨ETF」を審査|2021年内ローンチの可能性も

暗号資産取引所Phemex「ENJ・BAT・CHZ」など8銘柄取扱い開始|XRP取引も再開

暗号資産取引所Phemex「ENJ・BAT・CHZ」など8銘柄取扱い開始|XRP取引も再開

ディエム協会:Diem USD発行で「シルバーゲート銀行」と提携|主要事業も米国に移転

ディエム協会:Diem USD発行で「シルバーゲート銀行」と提携|主要事業も米国に移転

Galaxy Digital:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収で合意

Galaxy Digital:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収で合意

Chiliz&Socios:世界初「サッカーアルゼンチン代表」のファントークン($ARG)発行へ

Chiliz&Socios:世界初「サッカーアルゼンチン代表」のファントークン($ARG)発行へ

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Coinbase「PayPal(ペイパル)を用いた仮想通貨購入機能」を追加

Coinbase「PayPal(ペイパル)を用いた仮想通貨購入機能」を追加

デジタル・ドル・プロジェクト「米国初のCBDCテスト」2021年内に開始

デジタル・ドル・プロジェクト「米国初のCBDCテスト」2021年内に開始

デジタル通貨・CBDCをテーマにした「無料オンライン特別講座」開催へ:コインチェック

デジタル通貨・CBDCをテーマにした「無料オンライン特別講座」開催へ:コインチェック

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す