【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)を安全に保管することができるハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」の"偽サイト"が存在していることが明らかになりました。この詐欺サイトは、ありがちな「URLの入力ミス」で偽サイトにアクセスしてしまったユーザーをターゲットにしているため、Trezorを利用する際には"公式サイトをブックマークすること"が重要です。

こちらから読む:BTC要求する"脅迫メール"に注意「詐欺」関連ニュース

Trezor「偽サイト」の存在が発覚

Trezor(トレザー)は様々な仮想通貨を安全に保管することができるハードウェアウォレットであり、TwitterのCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏が愛用していることでも知られています。

トレザーで仮想通貨を管理する際にはUSBケーブルでデバイスをパソコンに繋いで専用のWEBサイト上で操作を行いますが、先日4日に「Trezor」の公式WEBサイトを偽造して、ユーザーのビットコインを盗み取ろうとする"偽サイト"が見つかったことが明らかになりました。

偽サイトの存在を報告した掲示板サイト「Reddit(レディット)」のユーザーは、そのサイトが偽サイトであることを確認するためのテストを行なった結果、本物のサイトとの間で"URL"に違いがあったと報告しています。

「URLの僅かな違い」に要注意

Trezor公式サイトのURLは「http://trezor.io」及び「https://trezor.io/start/」ですが、報告された偽サイトのURLは「tezor[dot]io」となっており、偽サイトへのアクセス後は「https://trezor[dot]run/start/」という新たな偽サイトにリダイレクトされると説明されています(*1)。
(*1)偽サイトへのアクセス防止のため「.」を[dot]に変更しています。

よりわかりやすく言えば、偽サイトでは「trezor」の「r」が抜けており、リダイレクト後の偽サイトでは「io」が「run」に変わっています。このサイトは偽サイトであり、もしもアクセスしてしまった場合には仮想通貨や情報を抜き取られてしまう可能性があるため注意が必要です。

Redditユーザーはこの偽サイトについて「ユーザーは"URLの入力ミス"によって詐欺サイトにリダイレクトされ、悪意のあるファームウェアをインストールさせられる可能性がある」と説明しています。詐欺の被害に遭わないようにするためには、URLを毎回入力するのではなく「公式サイトをブックマークしておくこと」が重要です。

Trezorは正しく利用すればより安全に仮想通貨を保管することができますが、アクセスするサイトを間違ってしまったり、デバイスをなくしてしまったりした場合には大切な資産を失ってしまう可能性があるため、取り扱いには十分に注意する必要があります。また、Trezor本体でも"偽造品"が多数出回っていることが報告されているため、これからTrezorを購入しようと考えている方も注意するようにしましょう。

TREZOR(トレザー)の購入は、英語が苦手でも安心して購入することができる"TREZOR日本正規販売店"「RISEST COLTD」からどうぞ

TREZORの画像 TREZORの日本正規販売店はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

コインチェック:松田翔太さんが出演する「新テレビCM」38都道府県で放送へ

コインチェック:松田翔太さんが出演する「新テレビCM」38都道府県で放送へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

ディーカレット:取引所2銘柄を対象とした「取引手数料0%キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所2銘柄を対象とした「取引手数料0%キャンペーン」開始

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月19日〜25日

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す