違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨は、以前から「違法取引などを促進する可能性がある」として問題視する意見が数多く出ていましたが、仮想通貨やブロックチェーンの調査・分析を行っている「Elliptic」は、ビットコイン取引を実際に調査した上で「BTCを違法行為に使用しているケースは2%ほどだった」と報告しています。

こちらから読む:スマホハッキングで仮想通貨"数億円相当"が流出「仮想通貨」関連ニュース

違法行為は2%、合法取引は21%、未分類は77%

仮想通貨は以前から「資金洗浄や闇取引などといった様々な犯罪に悪用されている」と言われているため、仮想通貨に関する議論ではそのような事例が"重要な問題点"として取り上げられてきました。

しかし、仮想通貨やブロックチェーンの調査・分析を行っている「Elliptic」は、20万以上のビットコイン取引を調査した上で、違法行為にビットコインを使用しているケースは調査した取引全体の2%だったと報告しています。

同社の報告によると、調査が行われた取引の内訳は、
・違法行為での使用は「2%」
・合法的に使用されたのは「21%」
・未分類の取引は「77%」
だとされています。

この調査内容はその後「MIT-IBM Watson AI Lab」によって再確認されており、機械学習を用いて約60億ドル(約6,414億円)に相当する203,769BTCの取引が分析されていますが、人工知能(AI)を用いた研究の結果でも「Ellipticが提示したデータは正しいという結論に至った」と報告されています。

仮想通貨業界の監視強化も影響か

以前までは個人情報などを登録しなくても簡単に利用することができる取引所が数多く存在していたため「ビットコインを誰が購入したか」や「ウォレットの持ち主が誰であるか」などを特定することは困難でした。しかし最近では、仮想通貨取引所でも"本人確認書類の提出"が必須となっているところも増えてきているため、個人の仮想通貨保有状況も比較的わかりやすくなってきていると予想されます。

また、ハッキングなどの不正行為で入手した仮想通貨を複数のウォレットなどに分散させることによって犯人の特定を難しくするためなどに悪用されている「コインミキシングサービス」なども監視の目が強化されてきているため、多額の資金洗浄に使用する場合にはリスクの高いものとなってきています。

仮想通貨を狙った犯罪行為は現在も複数報告されていますが、業界に大手企業などが参入し、監視が強化されてきてることなどによって、仮想通貨を犯罪に使用するケースは減少してきているようです。

(参照:AMBCrypto

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

報酬も貰える仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」イオス(EOS)を追加

報酬も貰える仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」イオス(EOS)を追加

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

CARDANO創設者「30億人に新たな金融システムを」ADAは次世代の暗号資産に

CARDANO創設者「30億人に新たな金融システムを」ADAは次世代の暗号資産に

マイニングマシンの70%が停止する危険性もThe Antbleed Backdoor問題

マイニングマシンの70%が停止する危険性もThe Antbleed Backdoor問題

ビットコインボルト(BTCV)の価格上昇続く|約3ヶ月間で「14倍」に

ビットコインボルト(BTCV)の価格上昇続く|約3ヶ月間で「14倍」に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

ダボス会議2021「デジタル通貨のリセット」をテーマに議論:世界経済フォーラム

ダボス会議2021「デジタル通貨のリセット」をテーマに議論:世界経済フォーラム

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す