警察庁:仮想通貨取引の解析ソフトウェア全国導入へ|サイバー犯罪を可視化・追跡

by BITTIMES

仮想通貨(Cryptocurrency)に関連する詐欺行為や巨額の資金が流出するハッキング事件が相次いでいることを受け、日本の警察庁は来年度から『仮想通貨の取引履歴を可視化して追跡することができる』新しいソフトウェアを日本全国の警察に導入して、今後の犯罪捜査を効率化していく方針を固めました。

こちらから読む:仮想通貨に関連する犯罪が増加?これまでのニュースから

仮想通貨の普及に伴う犯罪行為の増加

crime

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のような仮想通貨は、中央銀行や通貨の発行権を持っている一部の組織による不正行為をなくし、通貨を利用する全ての人々が平等にお金を管理し、世界中で簡単に利用することができる『新しいお金』として注目を集め、広く利用されるようになりました。

新しい決済手段として多くの国々で普及する一方で、ビットコインの基盤となる『ブロックチェーン技術』を用いた新しい仮想通貨も数多く誕生し、一部の組織が管理する『証券のような仮想通貨(セキュリティトークン)』なども非常に増えてきました。それと同時に詐欺行為を目的として発行されているような『まがいもの』の仮想通貨も多く存在しており、そのような仮想通貨を購入し、お金を騙し取られるようなケースも増えてきています。

これらの様々な仮想通貨取引の詳細を確認するためには、それだけ多くの仮想通貨の取引履歴を確認する必要があるため、それらの追跡作業はより手間のかかる作業となります。

このように急速に仮想通貨市場が拡大してきたことによって、適切に全ての仮想通貨を管理することは難しくなってきており、ハッキングによって巨額の仮想通貨が仮想通貨取引所から流出する事件やマネーロンダリング(資金洗浄)などに利用されるようなケースも増えてきています。

仮想通貨取引を可視化して追跡作業を効率化

Visualization

ブロックチェーン技術で管理されることによって、仮想通貨で行われた全ての取引記録はインターネット上で記録され、公開されているため誰でもその取引内容を確認することができるようになっています。しかし、取引の数が増加するにつれて『犯罪行為』に関連する特定の取引記録を探し出すことは徐々に難しさを増し、警察が捜査を行うのにも時間がかかるようになっていました。

このような現状を受けた日本の警察庁は、来年度から全国の警察に仮想通貨の取引履歴をより簡単に追跡することができる新しいソフトウェアを導入する方針を固めました。

このソフトウェアは"非公開の民間企業"が開発しており、公開されている取引記録の中から、捜査に必要な取引履歴だけを抽出して可視化することによって、仮想通貨の動きをより簡単に追跡することができるようになっていると伝えられています。

抽出され可視化されたデータの中には、仮想通貨の取引に利用された交換事業者の情報も表示されるようになっているとのことで、仮想通貨の動きをより詳細に監視できるようになっています。

警察庁はこのソフトウェアの導入に必要となる、約3,500万円の費用を来年度の概算要求に盛り込んでおり、実際にこの仕組みを採用する来年度からは、仮想通貨関連の犯罪捜査が効率化され、より迅速に捜査を進めれるようになることが期待されています。

仮想通貨に関連する警察の取り締まりは世界中で強化されてきており、実際に逮捕者なども度々報告されるようになってきました。以前までは仮想通貨の特徴の一つである『匿名性』などを悪用する人々も多く見られましたが、今後そのような犯罪行為は徐々に減少していくことになるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨事業に日本の大手企業が続々と|6月末に注目?

仮想通貨事業に日本の大手企業が続々と|6月末に注目?

セキュリティ対策|仮想通貨ハッキングの手口まとめ

セキュリティ対策|仮想通貨ハッキングの手口まとめ

ロンドン警察:仮想通貨関連の犯罪に対処するための訓練を開始

ロンドン警察:仮想通貨関連の犯罪に対処するための訓練を開始

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

オーストラリアがキャッシュレス化を促進|1万豪ドル以上の現金払いを禁止

オーストラリアがキャッシュレス化を促進|1万豪ドル以上の現金払いを禁止

仮想通貨取引のGMOコイン「千葉ロッテマリーンズ」のオフィシャルスポンサーに就任

仮想通貨取引のGMOコイン「千葉ロッテマリーンズ」のオフィシャルスポンサーに就任

注目度の高い仮想通貨ニュース

BTCやXRPなど5銘柄|イギリスの仮想通貨取引所が「永久先物取引」を開始

BTCやXRPなど5銘柄|イギリスの仮想通貨取引所が「永久先物取引」を開始

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

エストニア元首相:仮想通貨プロジェクト「Lympo」のアドバイザーに就任

エストニア元首相:仮想通貨プロジェクト「Lympo」のアドバイザーに就任

ブロックチェーンで暴動のない大統領選の実現へ|ケニア選挙管理委員会(IEBC)

ブロックチェーンで暴動のない大統領選の実現へ|ケニア選挙管理委員会(IEBC)

2020年には「1億円」ビットコインは一番送金に適している:ジョン・マカフィー

2020年には「1億円」ビットコインは一番送金に適している:ジョン・マカフィー

Winklevoss兄弟:安定仮想通貨「ジェミニドル(GUSD)」を発表

Winklevoss兄弟:安定仮想通貨「ジェミニドル(GUSD)」を発表

Volkswagen:IOTAと協力して車両データを効率的に管理「Digital CarPass」

Volkswagen:IOTAと協力して車両データを効率的に管理「Digital CarPass」

ビットコイン価格は2018年末までに「220万円」を超える|Thomas Lee氏の相場予想

ビットコイン価格は2018年末までに「220万円」を超える|Thomas Lee氏の相場予想

NY大学が「ブロックチェーン専攻科目」を提供|最先端テクノロジーの法律とビジネス

NY大学が「ブロックチェーン専攻科目」を提供|最先端テクノロジーの法律とビジネス

仮想通貨取引所BITTREX:ラテンアメリカとカリブ海諸国でサービス開始|200銘柄を提供

仮想通貨取引所BITTREX:ラテンアメリカとカリブ海諸国でサービス開始|200銘柄を提供

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

美容業界は「ブロックチェーン」を活用して安心安全な環境とサービスへ:Beautyまとめ

美容業界は「ブロックチェーン」を活用して安心安全な環境とサービスへ:Beautyまとめ

BMWがブロックチェーンで「未来のクルマ」を創る|今注目すべき最先端プロジェクト

BMWがブロックチェーンで「未来のクルマ」を創る|今注目すべき最先端プロジェクト

自動車業界×ブロックチェーン:安全管理や環境保護など広く利用される新技術まとめ

自動車業界×ブロックチェーン:安全管理や環境保護など広く利用される新技術まとめ

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

ブロックチェーン技術は建設業界にも|設計図などの機密データを管理

ブロックチェーン技術は建設業界にも|設計図などの機密データを管理

宇宙開発×ブロックチェーン:人類と社会・地球の未来を支える最先端技術

宇宙開発×ブロックチェーン:人類と社会・地球の未来を支える最先端技術

人気のタグから探す