Ripple社CEO「Libraの今後」に悲観的|XRPが証券ではない理由も説明

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、世界最大の英文ビジネス誌「Fortune」のインタビューに答えた際にFacebook(フェイスブック)のLibra(リブラ)プロジェクトについて語り、『Libraは2022年末になってもまだ公開されていないだろう』と予想しました。

こちらから読む:PayPal、Libra協会への参加見送りを発表「Libra」関連ニュース

Libraの公開「2022年末でも厳しい」

Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、6月にLibraプロジェクトが発表された時には肯定的な意見を述べており、Libraチームを率いているDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏に「シャンパンを送りたい」とも語っていました。しかし今回のインタビューで同氏は「Libraの公開までには少なくとも3年以上の期間が必要になる」との考えを語っています。

『2022年末になってもLibraはローンチされていないだろう』と語るガーリングハウス氏は「FacebookはLibraが当初掲げていたビジョンを実現できると思うか?」という質問に対して単純に『No』と回答しており、『Facebookが直面している"規制"の逆風は相当なものだ』と説明しています。

Libraは2020年末までの公開を目指してプロジェクトを進めていますが、世界各国から懸念の声が数多く出ており、Libra協会が本拠地とするスイスの規制当局(FINMA)は『スイスの金融市場インフラ法に基づいた"決済システム"の認可が必要である』と説明しています。

リブラプロジェクト関連では以前から"個人情報流出"などで問題視されていたFacebookに対して特に厳しい目が向けられていますが、ガーリングハウス氏はこのことについて『Facebookが矢面に立っていなければLibraの好感度はもっと上がっていたいかもしれない』と語っています。

「Ripple社とXRP」=「エクソンと原油」

ガーリングハウス氏は今回のインタビューの中で「XRPは証券ではない」ということも改めて強調しており、特に重要なのはXRPがRipple社よりも早く存在していたことだと説明し、「Ripple社とXRP」は「エクソンと原油」のようなものだと語っています。

確かに私たちはXRP元帳の成功に利害関係を持っていますし、多くのXRPを保有しています。しかしそれは"エクソンが多くの石油を所有している"と言っているようなものです。もちろん石油は"商品"として分類されます。

Ripple社は以前から「XRPは証券に該当するか」ということについての議論を行なっていますが、最初から今まで一貫して『XRPは証券ではない』ということを説明しています。数ヶ月前からはXRP保有者から「XRPの価格下落はRipple社のXRP販売や寄付が原因だ」という批判も出ていますが、これに対しても『XRP販売や寄付はXRPエコシステムを成長させるための取り組みであり、Ripple社はXRPの成長を望んでいる』と説明しています。

>>「Fortune」の報道はこちら

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン報酬アプリ「Lolli」Alibabaの提携否定発表に反論

ビットコイン報酬アプリ「Lolli」Alibabaの提携否定発表に反論

BINANCE:オランダ撤退に伴い「現地の暗号資産取引所」をユーザーに紹介

BINANCE:オランダ撤退に伴い「現地の暗号資産取引所」をユーザーに紹介

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

オーストラリア初「安定仮想通貨」発行へ!2019年に公開予定

オーストラリア初「安定仮想通貨」発行へ!2019年に公開予定

米SEC:リップル裁判で「控訴する可能性」を示唆|Terra関連訴訟の中で言及

米SEC:リップル裁判で「控訴する可能性」を示唆|Terra関連訴訟の中で言及

真の価値は「時価総額以上」ブロックチェーン技術採用は急速に進む:Joseph Lubin

真の価値は「時価総額以上」ブロックチェーン技術採用は急速に進む:Joseph Lubin

注目度の高い仮想通貨ニュース

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す