Ripple社CEO「Libraの今後」に悲観的|XRPが証券ではない理由も説明

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、世界最大の英文ビジネス誌「Fortune」のインタビューに答えた際にFacebook(フェイスブック)のLibra(リブラ)プロジェクトについて語り、『Libraは2022年末になってもまだ公開されていないだろう』と予想しました。

こちらから読む:PayPal、Libra協会への参加見送りを発表「Libra」関連ニュース

Libraの公開「2022年末でも厳しい」

Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、6月にLibraプロジェクトが発表された時には肯定的な意見を述べており、Libraチームを率いているDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏に「シャンパンを送りたい」とも語っていました。しかし今回のインタビューで同氏は「Libraの公開までには少なくとも3年以上の期間が必要になる」との考えを語っています。

『2022年末になってもLibraはローンチされていないだろう』と語るガーリングハウス氏は「FacebookはLibraが当初掲げていたビジョンを実現できると思うか?」という質問に対して単純に『No』と回答しており、『Facebookが直面している"規制"の逆風は相当なものだ』と説明しています。

Libraは2020年末までの公開を目指してプロジェクトを進めていますが、世界各国から懸念の声が数多く出ており、Libra協会が本拠地とするスイスの規制当局(FINMA)は『スイスの金融市場インフラ法に基づいた"決済システム"の認可が必要である』と説明しています。

リブラプロジェクト関連では以前から"個人情報流出"などで問題視されていたFacebookに対して特に厳しい目が向けられていますが、ガーリングハウス氏はこのことについて『Facebookが矢面に立っていなければLibraの好感度はもっと上がっていたいかもしれない』と語っています。

「Ripple社とXRP」=「エクソンと原油」

ガーリングハウス氏は今回のインタビューの中で「XRPは証券ではない」ということも改めて強調しており、特に重要なのはXRPがRipple社よりも早く存在していたことだと説明し、「Ripple社とXRP」は「エクソンと原油」のようなものだと語っています。

確かに私たちはXRP元帳の成功に利害関係を持っていますし、多くのXRPを保有しています。しかしそれは"エクソンが多くの石油を所有している"と言っているようなものです。もちろん石油は"商品"として分類されます。

Ripple社は以前から「XRPは証券に該当するか」ということについての議論を行なっていますが、最初から今まで一貫して『XRPは証券ではない』ということを説明しています。数ヶ月前からはXRP保有者から「XRPの価格下落はRipple社のXRP販売や寄付が原因だ」という批判も出ていますが、これに対しても『XRP販売や寄付はXRPエコシステムを成長させるための取り組みであり、Ripple社はXRPの成長を望んでいる』と説明しています。

>>「Fortune」の報道はこちら

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「税金の徴収プロセス」を合理化:チリ財務局

ブロックチェーンで「税金の徴収プロセス」を合理化:チリ財務局

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

ビットコイン価格予想「4,400万円」価値がなければ盗まれない:モルガン・クリークCEO

ビットコイン価格予想「4,400万円」価値がなければ盗まれない:モルガン・クリークCEO

Ripple社がVCファンド「Xpring」を発表|XRP関連企業を支援

Ripple社がVCファンド「Xpring」を発表|XRP関連企業を支援

John McAfee:ブロックチェーンスタートアップ企業「Luxcore」のCEOに就任

John McAfee:ブロックチェーンスタートアップ企業「Luxcore」のCEOに就任

暗号資産6銘柄で「10〜100倍の価格上昇」を予想:分析企業Blockfyre共同創設者

暗号資産6銘柄で「10〜100倍の価格上昇」を予想:分析企業Blockfyre共同創設者

注目度の高い仮想通貨ニュース

Atari:eスポーツ関連企業「Unikrn」と提携|独自暗号資産をエコシステムに追加

Atari:eスポーツ関連企業「Unikrn」と提携|独自暗号資産をエコシステムに追加

ビットバンク:ドメイン登録サービスへの「不正アクセス」について報告

ビットバンク:ドメイン登録サービスへの「不正アクセス」について報告

暗号資産ATM「違法行為目的」で使用されている可能性|資金洗浄などに悪用か

暗号資産ATM「違法行為目的」で使用されている可能性|資金洗浄などに悪用か

ブロックチェーンNFCチップ搭載の「限定版Nikeカスタムスニーカー」販売へ

ブロックチェーンNFCチップ搭載の「限定版Nikeカスタムスニーカー」販売へ

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

Facebook:未来予測アプリ「Forecast」のベータ版公開|Libraとの連携期待する声も

Facebook:未来予測アプリ「Forecast」のベータ版公開|Libraとの連携期待する声も

ビットコイン、注目のサポートラインは8,700ドル?維持できれば「強気継続」の可能性

ビットコイン、注目のサポートラインは8,700ドル?維持できれば「強気継続」の可能性

暗号資産OTC市場に特化した決済基盤「SETTLENET」の商用サービス開始:Crypto Garage

暗号資産OTC市場に特化した決済基盤「SETTLENET」の商用サービス開始:Crypto Garage

ヴィッツ×ジャスミー「地域密着型MaaS」へのブロックチェーン技術活用で提携

ヴィッツ×ジャスミー「地域密着型MaaS」へのブロックチェーン技術活用で提携

ブロックチェーンゲームSGEM:新システム「1V1チャレンジ戦」を追加

ブロックチェーンゲームSGEM:新システム「1V1チャレンジ戦」を追加

日本暗号資産市場社:ステーブルコイン「ICHIBAコイン(ICB)」発行へ

日本暗号資産市場社:ステーブルコイン「ICHIBAコイン(ICB)」発行へ

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

人気のタグから探す