Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

by BITTIMES

仮想通貨Libra(リブラ)の逆風となるニュースが相次いで報告されています。今月4日には決済大手PayPal(ペイパル)が「Libra協会」への参加を見送ったことが明らかにされていましたが、先日11日には「VISA」や「Mastercard」など5社が新たに脱退を発表しており、Libraのウォレットである「Calibra(カリブラ)」に関しては"商標権侵害"の申し立てが行われています。

こちらから読む:Facebook主導ではない"リブラ"が登場「Libra」関連ニュース

VISA・Mastercard・eBayなど「5社」が脱退

Libra協会には様々な業界から多数の大手企業が参加する予定であることが報告されていましたが、世界各国の規制当局や政府関係者などから批判的な意見が相次いでいることなどの影響もあり、ここ最近では"参加の見送り・脱退"の発表が相次いでいます。

今月4日は決済サービス大手である「PayPal(ペイパル)」が協会への参加を見送ることを発表していましたが、先日11日には新たに5社が脱退を発表したと報告されています。現時点で明らかにされている「Libra協会からの脱退した企業」は以下の6社となっています。
PayPal(ペイパル)
VISA(ビザ)
Mastercard(マスターカード)
・eBay(イーベイ)
・Stripe(ストライプ)
・Mercado Pago(マーカドパゴ)

なお、これらの企業名は「Libra協会の公式サイト」からも削除されています。

Calibraロゴに対し「商標権侵害」の訴訟

Libra協会からの脱退ニュースが注目を集めている一方では、仮想通貨Libraを保管するための専用ウォレット「Calibra(カリブラ)」のロゴに関する重要な問題も発生しています。

Calibraのロゴについては、以前から「他社のロゴマークと酷似している」と指摘する意見が出ていましたが、先日10にはアメリカ・デラウェア州の金融サービス企業である「Finco Services(フィンコ・サービス)」がニューヨークの地方裁判所に申し立てを行なったことが明らかにされています。

「Finco Services」は、Calibraのロゴマークは同社が提供しているオンラインバンキングサービス「Current(カレント)」のロゴに酷似していると主張しており、商標権侵害や不正競争などの問題を訴えています。

これはクレヨンが1つしか残っていない場合に起こります。

これまでの報道では、「Current」と「Calibra」のロゴは両方ともサンフランシスコのデザイン会社「Character SF, LLC(キャラクター)」が担当して作成したものであることも報告されており、同社がデザインを流用したのではないか?とも言われています。

Uber・Lyftなど「22社」は正式加盟へ

「Libra協会からの脱退」や「商標権侵害の訴訟」など、Libra関連のネガティブなニュースは増えてきているものの、
・Uber(ウーバー)
・Lyft(リフト)
・Anchorage(アンカレッジ)
などといったその他の企業は、Libra協会に参画し続ける方針を示していると伝えられています。

これらの企業が意見を変えていないことは「BBC」や「CNBC」など複数の大手メディアによって報告されており、Libra協会の公式サイトにも企業名が記載されています。

Libraプロジェクトに参加する企業は当初の予定よりはやや少なくなっているものの、残った合計22社のメンバーは2019年10月14日行われるLibra運営会議で「Libra協会」に正式加盟することになると伝えられているため、今後の発表にも注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

香港の仮想通貨取引所「CoinCola」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

香港の仮想通貨取引所「CoinCola」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

ユーザー数15億人!メッセージアプリ「WhatsApp」で暗号資産が送金可能に

ユーザー数15億人!メッセージアプリ「WhatsApp」で暗号資産が送金可能に

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

注目度の高い仮想通貨ニュース

「金・銀・ビットコインを購入すべき」ロバート・キヨサキ氏、FRB・中央銀行を批判

「金・銀・ビットコインを購入すべき」ロバート・キヨサキ氏、FRB・中央銀行を批判

コインチェック:貸仮想通貨サービスに「180日間(年率4.0%)」プランを追加

コインチェック:貸仮想通貨サービスに「180日間(年率4.0%)」プランを追加

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

ビットポイント:仮想通貨XRPの「即時送金サービス」提供開始

ビットポイント:仮想通貨XRPの「即時送金サービス」提供開始

Socios公式ファントークン「SOCIOSユナイテッド(SSU)」公開

Socios公式ファントークン「SOCIOSユナイテッド(SSU)」公開

フランス銀行:中央銀行デジタル通貨の利用実験に向け「アプリケーション」募集開始

フランス銀行:中央銀行デジタル通貨の利用実験に向け「アプリケーション」募集開始

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

ブロックチェーン基盤の「中古車個人間取引プラットフォーム」展開へ:オートバックス

ブロックチェーン基盤の「中古車個人間取引プラットフォーム」展開へ:オートバックス

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す