PepsiCoの報酬サービス「Pepcoin」仮想通貨業界からの反応は?

by BITTIMES

ペプシコーラなどの商品で知られるアメリカ・ニューヨークの食品・飲料大手「PepsiCo(ペプシコ)」は、2019年9月12日に独自の報酬システムである「Pepcoin」のサービスを開始しましたが、"仮想通貨ユーザーからはあまり賞賛の声が得られていない"と伝えられています。

こちらから読む:Telegram、TON公開時期の"延期"を提案「仮想通貨」関連ニュース

ペプシコが提供する「Pepcoin」とは

PepsiCo(ペプシコ)が先月から導入している「Pepcoin」は、ペプシコーラ・チートス・マウンテンデュー・ドリトスなどといった60種類以上のドリンクやスナックを購入すると報酬を得ることができるサービスとなっており、米国地域限定でサービスが提供されています。

好きなブランドを食べたり飲んだりして報酬を獲得しましょう!PepsiCoのPepCoinは、お気に入りのPepsicoおよびFritolay製品を購入することによって報酬を得ることができる新しいプログラムです。

「Pepcoin」という名前を聞くと"仮想通貨"のような印象を受けますが、このコインにブロックチェーン技術は使用されていないため、Pepcoinは一般的な"ポイント報酬制度"のようなものとなっています。

このサービスはPayPal(ペイパル)が所有するモバイル決済サービスである「Venmo(ベンモ)」と「PayPal」を活用した報酬キャッシュバックプログラムであり、対象となる製品を購入したユーザーに10%のポイントキャッシュバックが提供されるものとなっています。

具体的には「ボトルキャップの裏面」や「スナック菓子の袋」に記載されているコードをスマートフォンでスキャンすることによって報酬を獲得することができるようになっており、金額が2.00ドル(約217円)に達すると「Venmo」もしくは「PayPal」のアカウントに直接出金することができるようになっています。

仮想通貨業界の期待には答えられず...

Pepcoinのサービス自体は魅力的なものとなっているものの、サービス開始から約1ヶ月が経過した現時点では「仮想通貨ユーザーからはあまり賞賛が得られていない」と報じられており、「仮想通貨ブームに便乗している」といった批判的な意見も見られています。

しかし、ペプシコ自体はブロックチェーン技術に否定的な立場をとっているわけではなく、今年5月にはシンガポールのブロックチェーン企業「Zilliqa(ジリカ)」のブロックチェーンプラットフォームを使用して広告表示の精度を最大28%向上させるテストに取り組んでいることも明らかにされています。

仮想通貨業界では「ペプシコが"独自仮想通貨"を発行すること」を期待する声が多数出ていたため、今回のサービスには"物足りなさ"を感じている人が多いのかもしれません。「Pepcoin」に関する詳しい情報は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「Pepcoin」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フィナンシェ:FNCTステーキング「2023年7月13日」から提供へ|キャンペーンも開催

フィナンシェ:FNCTステーキング「2023年7月13日」から提供へ|キャンペーンも開催

GMOコイン「DOT・ATOMのステーキングサービス」提供へ

GMOコイン「DOT・ATOMのステーキングサービス」提供へ

Coinbase:イタリアで「暗号資産サービスプロバイダー」の登録を完了

Coinbase:イタリアで「暗号資産サービスプロバイダー」の登録を完了

タイ政府:ブロックチェーン活用した「電子到着ビザ」開発へ

タイ政府:ブロックチェーン活用した「電子到着ビザ」開発へ

Klaytn:Libraのライバル「Celo Alliance for Prosperity」に参加

Klaytn:Libraのライバル「Celo Alliance for Prosperity」に参加

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

注目度の高い仮想通貨ニュース

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す