ホタテ食品のトレーサビリティにブロックチェーン技術活用:Raw Seafoods

by BITTIMES

ホタテや冷凍ホタテ、魚などといったシーフード製品を扱っているアメリカ・マサチューセッツ州の工場「Raw Seafoods」は、2019年10月17日に「IBM Food Trust」をシーフード製品のトレーサビリティに活用していることを報告しました。

こちらから読む:SBIとNECがシステム開発の新会社設立「ブロックチェーン」関連ニュース

IBMのブロックチェーン製品「Food Trust」を活用

マサチューセッツ州フォールリバーにある「Raw Seafoods」工場は、食品のサプライチェーン管理で広く活用されているIBMのブロックチェーンソリューション「IBM Food Trust」をホタテ製品のトレーサビリティに活用していることを発表しました。

同社は「Food Trust」を用いて「重量、船の経度・緯度、貝を漁獲した時間」などを記録し、それらのデータを衛星経由でIBMのブロックチェーンに送信します。漁師の人々は漁獲したホタテ貝の情報にリンクしたバーコードをラベル付けするため、これらの情報は簡単に追跡することができるようになっています。

またこのプロジェクトでは「手作業で等級分けされたホタテの情報」や「船が港に着港した時間」「梱包されて最終目的地に出荷された時間」など記録され、サプライヤーや小売業者などとデータを共有できるようになっているとのことです。

Raw Seafoodsのマーケティング担当副社長であるDaniel McQuade(ダニエル・マッケード)氏は「Coindesk」に対して次のように語っています。

私たちは消費者の方々が食べている魚介類により多くの信頼を提供したいと考えており、レストランと市場の両方で魚に対する恐怖を解決したいと考えています。

魚介類の産地偽造は世界的に問題となっているため、ブロックチェーンで生産地情報を記録することによって、より正確で信頼できる情報を消費者や小売業者に伝えることができるようになると期待されます。

IBM Food Trustは2018年10月に公開されて以降、ブロックチェーンに170社を登録し、約1,700万件の取引を行ってきたと伝えられているため、今後も様々な食品でこの技術が活用されていくことになると予想されます。

Raw Seafoodsは、2019年11月から顧客がホタテの産地にアクセスできるモバイルアプリを立ち上げることを予定しています。

>>「Raw Seafoods」の公式発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

BINANCE:大手仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」買収を完了

BINANCE:大手仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」買収を完了

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

NASDAQ上場企業の株式を「トークン化」仮想通貨取引所DX.Exchange:2019年1月7日始動

NASDAQ上場企業の株式を「トークン化」仮想通貨取引所DX.Exchange:2019年1月7日始動

リップル(XRP)の時代到来か?中国の「マイニング禁止」で需要増加の可能性

リップル(XRP)の時代到来か?中国の「マイニング禁止」で需要増加の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

DeFi:5年後にはどうなっているのか

DeFi:5年後にはどうなっているのか

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す