ホタテ食品のトレーサビリティにブロックチェーン技術活用:Raw Seafoods

by BITTIMES

ホタテや冷凍ホタテ、魚などといったシーフード製品を扱っているアメリカ・マサチューセッツ州の工場「Raw Seafoods」は、2019年10月17日に「IBM Food Trust」をシーフード製品のトレーサビリティに活用していることを報告しました。

こちらから読む:SBIとNECがシステム開発の新会社設立「ブロックチェーン」関連ニュース

IBMのブロックチェーン製品「Food Trust」を活用

マサチューセッツ州フォールリバーにある「Raw Seafoods」工場は、食品のサプライチェーン管理で広く活用されているIBMのブロックチェーンソリューション「IBM Food Trust」をホタテ製品のトレーサビリティに活用していることを発表しました。

同社は「Food Trust」を用いて「重量、船の経度・緯度、貝を漁獲した時間」などを記録し、それらのデータを衛星経由でIBMのブロックチェーンに送信します。漁師の人々は漁獲したホタテ貝の情報にリンクしたバーコードをラベル付けするため、これらの情報は簡単に追跡することができるようになっています。

またこのプロジェクトでは「手作業で等級分けされたホタテの情報」や「船が港に着港した時間」「梱包されて最終目的地に出荷された時間」など記録され、サプライヤーや小売業者などとデータを共有できるようになっているとのことです。

Raw Seafoodsのマーケティング担当副社長であるDaniel McQuade(ダニエル・マッケード)氏は「Coindesk」に対して次のように語っています。

私たちは消費者の方々が食べている魚介類により多くの信頼を提供したいと考えており、レストランと市場の両方で魚に対する恐怖を解決したいと考えています。

魚介類の産地偽造は世界的に問題となっているため、ブロックチェーンで生産地情報を記録することによって、より正確で信頼できる情報を消費者や小売業者に伝えることができるようになると期待されます。

IBM Food Trustは2018年10月に公開されて以降、ブロックチェーンに170社を登録し、約1,700万件の取引を行ってきたと伝えられているため、今後も様々な食品でこの技術が活用されていくことになると予想されます。

Raw Seafoodsは、2019年11月から顧客がホタテの産地にアクセスできるモバイルアプリを立ち上げることを予定しています。

>>「Raw Seafoods」の公式発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ポップアートの巨匠「Andy Warhol」の作品をトークン化|STRAYMで分割販売へ

ポップアートの巨匠「Andy Warhol」の作品をトークン化|STRAYMで分割販売へ

BINANCE:仮想通貨の先物取引所「招待者向け」に限定公開

BINANCE:仮想通貨の先物取引所「招待者向け」に限定公開

仮想通貨ニュース週間まとめ|2018年12月30日〜2019年1月5日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2018年12月30日〜2019年1月5日

ブロックチェーンで「美容整形問題」解決へ|韓国で増加する悪質治療の被害

ブロックチェーンで「美容整形問題」解決へ|韓国で増加する悪質治療の被害

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す