New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の創業者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2019年10月18日、世界的に有名なシューズメーカーである「New Balance(ニューバランス)」が、カルダノブロックチェーンを用いた真贋判定(*1)のためのシステム「NB Realchain」のテストを開始したことを発表しました。
(*1)真贋判定:本物と偽物を判定すること。

こちらから読む:EMURGO、5G技術活用を検討「Cardano/ADA」関連ニュース

真贋判定システム「New Balance Realchain」

New Balance(ニューバランス)がカルダノブロックチェーンを活用したプロジェクトを立ち上げることは先月末の時点で明らかにされていましたが、今回の発表では正式に「New Balance Realchain」と呼ばれる真贋判定用のシステムを用いたテストが開始されたことが明らかにされています。

New Balanceの発表はこちら。

「New Balance Realchain」は、カルダノプロジェクトで開発を担当している企業「IOHK」との協力によって開発されたものであり、カルダノブロックチェーンの分散型台帳が基盤技術として採用されています。このシステムは「New Balance」が先日18日に新発売したバスケシューズ「OMN1S」と共に公開されており、購入者は靴の所有権を記録できるようになっています。

アプリとカードで「靴の所有権」を証明

「OMN1S」の購入者にはIDとセキュリティチップが埋め込まれた「Realchain card」が配布されるため、購入者は「New Balance」のアプリでこのカードに記載されているコードを読み取り、必要な手順をこなすことによってブロックチェーン上に靴の所有権を登録することができます。なお、このサービスでは仮想通貨ADAが直接使用されることはありません。

ブロックチェーン上に記録した情報は、靴のシュータン(靴紐の下にある部分)に記載されているコードをアプリで認証することによって確認することができます。

カルダノブロックチェーンが活用されている「OMN1S」は、NBAのバスケットチーム「Los Angeles Clippers(ロサンゼルス・クリッパーズ)」に所属しているKawhi Leonard(カワイ・レナード)選手などが試合で使用しているモデルであり、人気のモデルでもあるため、"ブロックチェーンで所有権を証明できる新しいサービス"は購入者からも高い評価を得ています。

チャールズ・ホスキンソン氏は、今回発表された「OMN1S」はカルダノブロックチェーンで所有権を証明することができる"最初の製品"であると語っているため、今後のさらなる技術活用にも注目です。

2019年10月20日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、先日19日頃からやや回復してきており、2019年10月20日時点では「1ADA=4.26円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年10月6日〜2019年10月20日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年10月6日〜2019年10月20日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「外国人の人材情報管理」みずほ情報総研が実証実験を開始

ブロックチェーンで「外国人の人材情報管理」みずほ情報総研が実証実験を開始

Justin Sun:トロン(TRON)仮想マシンで「世界一のパブリックチェーン」へ

Justin Sun:トロン(TRON)仮想マシンで「世界一のパブリックチェーン」へ

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

ブロックチェーンで「信用組合ネットワーク」構築へ|IBMとCULedgerが提携

ブロックチェーンで「信用組合ネットワーク」構築へ|IBMとCULedgerが提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

暗号資産決済で予約できる「ホテル・宿泊施設」を大幅拡大:Travala×Expedia

暗号資産決済で予約できる「ホテル・宿泊施設」を大幅拡大:Travala×Expedia

ブロックチェーンNFCチップ搭載の「限定版Nikeカスタムスニーカー」販売へ

ブロックチェーンNFCチップ搭載の「限定版Nikeカスタムスニーカー」販売へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

ビットフライヤー×Brave「暗号資産ウォレット開発」などに向け業務提携【日本初】

ビットフライヤー×Brave「暗号資産ウォレット開発」などに向け業務提携【日本初】

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

DeCurret:BTC売買で「現物ビットコインがもらえる」還元キャンペーン開催へ

DeCurret:BTC売買で「現物ビットコインがもらえる」還元キャンペーン開催へ

コインベース:暗号資産「コンパウンド(Compound/COMP)」の取り扱い開始

コインベース:暗号資産「コンパウンド(Compound/COMP)」の取り扱い開始

なりすまし防止機能付きブロックチェーン投票サービス「bVote」を開発:bitFlyer Blockchain

なりすまし防止機能付きブロックチェーン投票サービス「bVote」を開発:bitFlyer Blockchain

BINANCE:カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)の「永久先物取引」提供へ

インド政府「暗号資産の全面禁止」再度検討か=現地メディア報道

インド政府「暗号資産の全面禁止」再度検討か=現地メディア報道

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月21日〜27日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す