New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の創業者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2019年10月18日、世界的に有名なシューズメーカーである「New Balance(ニューバランス)」が、カルダノブロックチェーンを用いた真贋判定(*1)のためのシステム「NB Realchain」のテストを開始したことを発表しました。
(*1)真贋判定:本物と偽物を判定すること。

こちらから読む:EMURGO、5G技術活用を検討「Cardano/ADA」関連ニュース

真贋判定システム「New Balance Realchain」

New Balance(ニューバランス)がカルダノブロックチェーンを活用したプロジェクトを立ち上げることは先月末の時点で明らかにされていましたが、今回の発表では正式に「New Balance Realchain」と呼ばれる真贋判定用のシステムを用いたテストが開始されたことが明らかにされています。

New Balanceの発表はこちら。

「New Balance Realchain」は、カルダノプロジェクトで開発を担当している企業「IOHK」との協力によって開発されたものであり、カルダノブロックチェーンの分散型台帳が基盤技術として採用されています。このシステムは「New Balance」が先日18日に新発売したバスケシューズ「OMN1S」と共に公開されており、購入者は靴の所有権を記録できるようになっています。

アプリとカードで「靴の所有権」を証明

「OMN1S」の購入者にはIDとセキュリティチップが埋め込まれた「Realchain card」が配布されるため、購入者は「New Balance」のアプリでこのカードに記載されているコードを読み取り、必要な手順をこなすことによってブロックチェーン上に靴の所有権を登録することができます。なお、このサービスでは仮想通貨ADAが直接使用されることはありません。

ブロックチェーン上に記録した情報は、靴のシュータン(靴紐の下にある部分)に記載されているコードをアプリで認証することによって確認することができます。

カルダノブロックチェーンが活用されている「OMN1S」は、NBAのバスケットチーム「Los Angeles Clippers(ロサンゼルス・クリッパーズ)」に所属しているKawhi Leonard(カワイ・レナード)選手などが試合で使用しているモデルであり、人気のモデルでもあるため、"ブロックチェーンで所有権を証明できる新しいサービス"は購入者からも高い評価を得ています。

チャールズ・ホスキンソン氏は、今回発表された「OMN1S」はカルダノブロックチェーンで所有権を証明することができる"最初の製品"であると語っているため、今後のさらなる技術活用にも注目です。

2019年10月20日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、先日19日頃からやや回復してきており、2019年10月20日時点では「1ADA=4.26円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年10月6日〜2019年10月20日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年10月6日〜2019年10月20日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

Tron CEO「違法資金調達・ポルノビジネス関与」など、中国メディアの報道に反論

Tron CEO「違法資金調達・ポルノビジネス関与」など、中国メディアの報道に反論

Porsche(ポルシェ)「車両の限定デザインNFT」をオークション販売

Porsche(ポルシェ)「車両の限定デザインNFT」をオークション販売

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ブロックチェーンスマホ「Exodus 1」がDecentralandと協力|仮想不動産も管理可能に

ブロックチェーンスマホ「Exodus 1」がDecentralandと協力|仮想不動産も管理可能に

【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

ベネズエラ最大の国際空港「仮想通貨決済への対応」を準備|ビットコインなど複数銘柄

ベネズエラ最大の国際空港「仮想通貨決済への対応」を準備|ビットコインなど複数銘柄

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

ビットバンク:1万円が当たる「逆指値注文機能提供開始記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「逆指値注文機能提供開始記念キャンペーン」開始

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す