Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

by BITTIMES

Facebook(フェイスブック)が仮想通貨「Libra(リブラ)」のプロジェクトで当初予定されていた「通貨バスケットに連動したステーブルコイン」だけでなく、「法定通貨の価格と連動した一般的なステーブルコイン」を採用することにもオープンな姿勢をとっていることがロイターの報道で明らかになりました。

こちらから読む:合計21社が正式加盟「Libra」関連ニュース

ミッション達成に向け「通貨バスケット以外」も視野に

仮想通貨「Libra」は複数の法定通貨などによって構成された「通貨バスケット」に価値が連動するステーブルコインとして開発が進められていますが、ロイターの報道によると、Libraの専用ウォレット「Calibra(カリブラ)」のCEOであるDavid Marcus(デービッド・マーカス)氏は、2019年10月20日に開催された「バンキングセミナー」の中で法定通貨に連動した"複数のステーブルコイン"を発行することも可能だと語ったと報じられています。

私たちは別の方法を採用することもできます。合成ユニットを採用する代わりに、ドル・ユーロ・スターリングポンドなどに基づいた一連のステーブルコインを発行することも可能です。

トークン化されたデジタル形式で国の通貨に基づいたステーブルコインを発行することによって、確実にアプローチすることができます。これは考慮すべきオプションの一つです。

マーカス氏はロイターの取材に対して「同社が大切にしているのは目標であり、目標達成の方法としてはいくつかの手段がある」と考えていることを語っています。Libraの公式サイトには『Libraのミッションは数十億人のエンパワーメントにつながる、シンプルでグローバルな通貨と金融インフラを提供することです』と書かれています。

マーカス氏は、基本的には元々予定されていた「通貨バスケットに基づいたステーブルコイン」を発行する案の方が好ましいと考えているものの、現実的に様々な懸念の声や規制の問題が生じているため、状況に応じて臨機応変に対応していく必要があることを語っています。

同氏はこのほかにも「Facebookは2020年6月にLibraを公開することを目指して取り組みを進めているものの、規制上のハードルの問題によって、この時期が延期される可能性があることを認めている」と語っています。FacebookやLibra関係者は、これまでにも『すべての正当な懸念に対処し、規制当局の適切な承認を得ない限り、Libraは発行しない』と言い続けています。

>>「ロイター」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

暗号資産「コールドウォレット」で安全に取引|機関投資家向けサービスを開始:BitGo

暗号資産「コールドウォレット」で安全に取引|機関投資家向けサービスを開始:BitGo

NFTマーケットプレイス「Buynet」公開|フェラーリ利用会員権のオークション開始

NFTマーケットプレイス「Buynet」公開|フェラーリ利用会員権のオークション開始

BINANCE「USD建て仮想通貨取引所」の新設を示唆|ついにアメリカ進出か?

BINANCE「USD建て仮想通貨取引所」の新設を示唆|ついにアメリカ進出か?

ブロックチェーン活用した「電動車(EV)充電システム」を発表|Bosch(ボッシュ)

ブロックチェーン活用した「電動車(EV)充電システム」を発表|Bosch(ボッシュ)

ヴィタリック・ブテリン「天才イーサリアム開発者の歴史」

ヴィタリック・ブテリン「天才イーサリアム開発者の歴史」

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

GMOコイン「シンボル(XYM)の預入れで現金1万円が当たる!キャンペーン」開始

GMOコイン「シンボル(XYM)の預入れで現金1万円が当たる!キャンペーン」開始

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す