Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

by BITTIMES

Telegram(テレグラム)のTONブロックチェーンに投資していた投資家の大多数が「TON立ち上げの延期」に同意していることがロシア版「Forbes」の報道で明らかになりました。テレグラムは投資家の人々に対して「集めた資金を返金するか」「メインネットの公開時期延期に合意するか」の意見を求めていました。

こちらから読む:投資家に"TON公開時期の延期"を提案「Telegram」関連ニュース

TONプラットフォーム公開は「2020年4月」まで延期に

Telegram(テレグラム)は、独自ブロックチェーンである「テレグラム・オープン・ネットワーク(Telegram Open Network/TON)」のメインネット公開を10月末に予定していましたが、米国証券取引委員会(SEC)がTON上で発行される仮想通貨Gram(グラム)を"未登録証券"だと判断し、テレグラムのトークンセールを"違法"だとする見解を示したことによって、公開時期は延期せざるを得ない状況になっていました。

これを受けたテレグラムは、トークンセールに参加した投資家に対して「集めた資金の約77%を返金する」もしくは「SECとの問題解決に向けてTONの公開時期を延期する」のどちらが良いか?について意見を求めていました。

ロシア版「Forbes」が2019年10月23日に報じた内容によると、"Telegramに近い2つの情報源"は「投資家の大多数は、プロジェクトに投資したお金の返還を要求することを拒否し、ブロックチェーンプラットフォームが2019年4月30日に発売されるまで待つことに同意した」と語ったと報じられています。

この情報が事実であれば、TelegramはTONブロックチェーンのプロジェクトを中断せずに引き続き開発を続け、SECとの訴訟問題に取り組んでいくことになります。

なお「公開時期の延期」が提案された時の説明文では「延期することが決定した場合は4月30日までにかかる運営・訴訟費用として調達資金からにさらに8,000万ドル(約86億円)を充当する予定だ」と説明されていました。

Telegramの「Gram」に関する裁判は当初「2019年10月24日」に予定されていましたが、先日SECの申し出によってこの裁判が「2020年2月18日〜19日」へと延期になったことが報告されています。しかし、この判断は決定的なものではなく「Telegram側も日程変更を求める権利を有している」とされていたため、今後の発表にも注目が集まります。

>>「Forbes」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

ブロックチェーンとAIで「癌発見率」向上へ|オーストリア政府が研究所設立を支援

ブロックチェーンとAIで「癌発見率」向上へ|オーストリア政府が研究所設立を支援

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

イーサリアム:100ETH以上保有するアドレス数「過去最高値」を更新

イーサリアム:100ETH以上保有するアドレス数「過去最高値」を更新

Telegram「電話番号・SIMカードなし」で利用可能に|匿名番号でサインアップ

Telegram「電話番号・SIMカードなし」で利用可能に|匿名番号でサインアップ

注目度の高い仮想通貨ニュース

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコインブロックチェーン初のICO「Bitcoin Dogs」プレセール締め切りを迎える

ビットコインブロックチェーン初のICO「Bitcoin Dogs」プレセール締め切りを迎える

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す