Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

by BITTIMES

Telegram(テレグラム)のTONブロックチェーンに投資していた投資家の大多数が「TON立ち上げの延期」に同意していることがロシア版「Forbes」の報道で明らかになりました。テレグラムは投資家の人々に対して「集めた資金を返金するか」「メインネットの公開時期延期に合意するか」の意見を求めていました。

こちらから読む:投資家に"TON公開時期の延期"を提案「Telegram」関連ニュース

TONプラットフォーム公開は「2020年4月」まで延期に

Telegram(テレグラム)は、独自ブロックチェーンである「テレグラム・オープン・ネットワーク(Telegram Open Network/TON)」のメインネット公開を10月末に予定していましたが、米国証券取引委員会(SEC)がTON上で発行される仮想通貨Gram(グラム)を"未登録証券"だと判断し、テレグラムのトークンセールを"違法"だとする見解を示したことによって、公開時期は延期せざるを得ない状況になっていました。

これを受けたテレグラムは、トークンセールに参加した投資家に対して「集めた資金の約77%を返金する」もしくは「SECとの問題解決に向けてTONの公開時期を延期する」のどちらが良いか?について意見を求めていました。

ロシア版「Forbes」が2019年10月23日に報じた内容によると、"Telegramに近い2つの情報源"は「投資家の大多数は、プロジェクトに投資したお金の返還を要求することを拒否し、ブロックチェーンプラットフォームが2019年4月30日に発売されるまで待つことに同意した」と語ったと報じられています。

この情報が事実であれば、TelegramはTONブロックチェーンのプロジェクトを中断せずに引き続き開発を続け、SECとの訴訟問題に取り組んでいくことになります。

なお「公開時期の延期」が提案された時の説明文では「延期することが決定した場合は4月30日までにかかる運営・訴訟費用として調達資金からにさらに8,000万ドル(約86億円)を充当する予定だ」と説明されていました。

Telegramの「Gram」に関する裁判は当初「2019年10月24日」に予定されていましたが、先日SECの申し出によってこの裁判が「2020年2月18日〜19日」へと延期になったことが報告されています。しかし、この判断は決定的なものではなく「Telegram側も日程変更を求める権利を有している」とされていたため、今後の発表にも注目が集まります。

>>「Forbes」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

データセキュリティ向上を目指す「ブロックチェーンプログラム」に参加|GM Financial

データセキュリティ向上を目指す「ブロックチェーンプログラム」に参加|GM Financial

トルコの仮想通貨取引所「Coinzo」オープン!リップル(XRP)など6銘柄取り扱い開始

トルコの仮想通貨取引所「Coinzo」オープン!リップル(XRP)など6銘柄取り扱い開始

アフガニスタン政府:ファントムのブロックチェーンで「偽造医薬品」に対処

アフガニスタン政府:ファントムのブロックチェーンで「偽造医薬品」に対処

暗号資産取引所「Huobi Japan(フォビジャパン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Huobi Japan(フォビジャパン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

アメリカ最古のワインショップ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETH・DOGEなど7銘柄

アメリカ最古のワインショップ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETH・DOGEなど7銘柄

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

ビットコイン価格「30分で100万円近く急落」主要アルトコインも大幅下落

ビットコイン価格「30分で100万円近く急落」主要アルトコインも大幅下落

ビットポイント・TAOTAO「第一種金融商品取引業」の登録を完了

ビットポイント・TAOTAO「第一種金融商品取引業」の登録を完了

米大手レストラン企業Landry's:ほぼ全てのブランドで「仮想通貨決済」対応へ

米大手レストラン企業Landry's:ほぼ全てのブランドで「仮想通貨決済」対応へ

トルコ:13万円以上の暗号資産取引に「報告義務」財務大臣が今後の規制方針語る

トルコ:13万円以上の暗号資産取引に「報告義務」財務大臣が今後の規制方針語る

ウズベキスタン政府「仮想通貨取引の合法化」に関する規制修正案を公開

ウズベキスタン政府「仮想通貨取引の合法化」に関する規制修正案を公開

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

ADA・XLMの投資商品(ETP)「スイス証券取引所」に上場へ:21Shares

ADA・XLMの投資商品(ETP)「スイス証券取引所」に上場へ:21Shares

バイナンス:独自のNFTマーケットプレイス「Binance NFT」公開へ

バイナンス:独自のNFTマーケットプレイス「Binance NFT」公開へ

ディーカレット:暗号資産現物取引「取引所サービス」提供開始|マイナス手数料も採用

ディーカレット:暗号資産現物取引「取引所サービス」提供開始|マイナス手数料も採用

Chiliz(チリーズ)仮想通貨CHZ「約1億円相当」のバーン(焼却処分)を実施

Chiliz(チリーズ)仮想通貨CHZ「約1億円相当」のバーン(焼却処分)を実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す